logo.jpg
   川の流れのように、ゆったり、のんびり、ほっとするような内容を綴っていこう。

2016年04月22日

満月の夕


熊本地震により被害に遭われた皆様に心よりお見舞いを申し上げます。

皮肉だが、大きな震災が起こる度に思い出す歌がある。

20160422_1.jpg

満月の夕 (ゆうべ)

阪神・淡路大震災当日の夜、空に上がっていた満月に寄せて作られたソウル・フラワー・ユニオンの曲。
また、自ら被災地に出向いて出前ライブ(三線とチンドン太鼓のリズム)を行い、徐々に楽曲を完成させていった。
この歌と演奏には涙、元気、そして笑顔を与えてくれる不思議なパワーがある。



他にも、現役の内科医でシンガーソングライターのアン・サリーのしっとりとした柔らかい歌声は心の奥まで響く素晴らしい満月の夕だ。(→こちらから)

今夜は偶然、満月が山肌を明るく照らしている。

20160422_2.jpg

======================================
星が降る 満月が笑う
焼けあとを包むようにおどす風

解き放て いのちで笑え
満月の夕(ゆうべ)
======================================


 Pleaseクリック
posted by nori at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記

2016年04月13日

Tシャツと短パン

本日カヌー日和。
4月も過ぎ今年も出遅れた感があるが、カヤックで今年の初漕ぎをしてきた。

20160409_2.jpg

深江から糸島のいつものビーチを目指しての〜んびり海上散歩を。
風もなく日差しも強く暖かい。

20160409_3.jpg

海鳥ものんびり・・・。

20160409_1.jpg

ビーチものんびり。

20160409_5.jpg

ワインものんびり・・・。

赤ワインには丁度イイ水温だ。

今回はスペアパドル(左奥)も持ってきた。

20160409_4.jpg

というのはウソで、パドルの形をしたバックパッカーというギターなのだ。

昼時、UFO焼きそばを作っていると箸を忘れた事に気付いた・・・。
しかし心配はご無用。
木の枝はそこら辺に無数に落ちているから。
イイ感じの枝を拾ってナイフで削ればマイ箸の出来上がり。

20160409_6.jpg

少々曲がった箸だが、人生もたまには曲がった事が必要だ・・・。

20160409_7.jpg

ギターで遊んでいると、海を掃除(?)をしている2人が通過・・。

20160409_8.jpg

失礼。
SUPでした。
しかし、立ったまま良くここ迄漕いで来たなぁ、と感心感心。

20160409_9.jpg

得体の知れないクモみたいな虫がギターに何度も寄り添ってきた。
君は何者?

20160409_10.jpg

今回一番気に入った流木のテーブル。
自然のアートは実に素晴らしい!

20160409_11.jpg

それにしても、
Tシャツと短パンで
焚き火。

20160409_12.jpg

いやぁ、この開放感が

タマラナイ・・・。


 Pleaseクリック
posted by nori at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | カヌー

2016年04月07日

大根の花

先週、義理父の一周忌法要の為、家族で小田原に帰省した。

20160329_1.jpg

相模湾が見渡せる眺めの良い広大なみかん畑。

20160329_2.jpg

義理父が亡くなり、このみかん箱も役目を終えた・・。

20160329_3.jpg

みかん箱で一杯だったこのみかん貯蔵庫もガランとし、

20160329_4.jpg

仕事道具たちも・・。

しかし、今はみかんに変わり、

20160329_5.jpg

フキや、菜の花、

20160329_6.jpg

大根やブロッコリー、オリーブなど、
まだまだ好奇心旺盛な義理母さんが、いろんな野菜などを育てていたのには感心した。

20160329_7.jpg

春に咲く、大根の花・・。

そして今日、ご近所さんから地元糸島の食材を頂いた。
まずは、

20160406_1.jpg

牡蠣。
もう牡蠣のシーズンは終わりを告げるが頃だが、まだまだいける!

20160406_2.jpg

そして今が旬の採りたてタケノコ。

いやぁ、こんな頂き物は実に嬉しいねぇ。
特に酒の肴になる食べ物は・・。

さぁ、春の恵みに元気をもらって明日からもガンバロー・・・。(グビッ)


 Pleaseクリック
posted by nori at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記

2016年04月02日

ほのぼの

土曜日なのに今日は仕事・・。
仕事開始まで少し時間があったので大濠公園で途中下車してちょっと寄り道を。

20160402_1.jpg

舞鶴公園。
そして、

20160402_2.jpg

福岡城。

20160402_4.jpg

暑さと凄まじい花見客と酔っ払い(羨)でクラクラする・・。
せっかく来たので天守台に登ってみる。

20160402_3.jpg

上から見ると桜の木の下はブルーシートが一面に張りめぐされていた・・・。

そんな中、ホッとする光景が。

20160402_5.jpg

老夫婦がちょこんと座って手弁当を食べながら花見をしている姿。

いやあ、ほのぼのしてイイなぁ。

と思ってしまう自分もイイ年なのか。
とちょっと複雑な心境で、
エネルギーを貰って、
ちょっとフクザツな仕事に向った・・。


 Pleaseクリック
posted by nori at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記

2016年03月24日

ヤマガラのリクエスト

春麗な今日この頃。

20160321_1.jpg

天気もよく、あまりの気持良さに裏山に出かけてきた。
今回は二丈岳でも未だ歩いていない未開のルートを歩く。
木の香キャンプ場から雷山浮嶽線林道を雷山方面へ15分程歩くと左側に登山口らしきテープマーカーを発見。(標識はない)

20160321_2.jpg

ここから登山道に入りマーカーを頼りに荒れた道を登ること約30分。

20160321_8.jpg

見なれた場所に到着。
先日草刈りしてすっきりした山頂だ。

すると、「ビービー、ビービー」
と鳥の鳴き声が響いた。

20160321_3.jpg

ヤマガラだ。

しかし、「ビービー」が、
「ビール、ビール」に聞えたのは気のせいか・・?

20160321_4.jpg

今日は眺望もイイ。

20160321_5.jpg

椅子(Helinox)を取り出し、のんびり空を仰いでウトウトしていると・・。

ヤマガラがまた「ビール、ビール」と鳴く。

なんだよ、
この陽気だし、ますますビールが飲みたくなるではないか・・。

20160321_6.jpg

帰りに、ゆらりんこ橋に立ち寄って、菜の花と桜を観賞。

20160321_7.jpg

今週末から来週にかけては、菜の花と満開の桜のコラボが見事だろうなぁ。

でも、それよりまた山頂にヤマガラの鳴き声を聞きに行きたい。
もちろん今度はリクエスト(?)に応えてアレを持って・・。

(ヤマガラ) 「ビール、ビール!」
(私) 「グビッ、グビッ!」


 Pleaseクリック
posted by nori at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) |

2016年03月19日

さくら

娘の小学校では2日前に6年生が卒業したので、今では娘が最上級生だ。
とはいえ、まだまだお子ちゃまだが。
まぁイイか・・。

20160319_1.jpg

さて、今日はようやく春の匂いが感じられる暖かな陽気だったので、午後から裏山周辺を散策してきた。
神社の境内の桜の木を見ると・・、

20160319_2.jpg

おっ、咲いとる、咲いとる。
いやぁ、まだほとんどが蕾だが、咲いている桜の花はとても存在感があった。

20160319_3.jpg

個人的にも春は大好きなので、桜の花を見るとついウズウズしてしまう・・・。

家に帰り早速ウズウズ解消に三線を。

20160319_4.jpg

曲は「さくら」

さて、長い冬眠から覚めたので、これからはアクティブに行動するゾ。

糸島の海さん、
山さん、
今年もお世話になりますヨ。

おっと、サンシロー(三線)もヨロシク・・・。


 Pleaseクリック
posted by nori at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 三線 etc

2016年03月13日

神々の山嶺

なぜ山に登るのか?

「ここに俺がいるからだ」

20160312_2.jpg

獏さんの代表作「神々の山嶺(いただき)」の名セリフ。

この神々の山嶺がようやく映画化された。
ずっと待ち望んでいたので、公開初日の一回目に観に行ってきた。
何せ世界一のエヴェレストだから今回は一にこだわったのだ・・。

20160312_1.jpg

映画の公式HPはこちらで。

実際にエベレストの標高5200mで撮影した映像はとてもリアルで迫力があった。
特筆すべきは配役の良さ。
特に孤高のクライマー羽生丈二(はぶじょうじ)役を演じた阿部寛。
羽生役は阿部ちゃん以外に考えられないと思わせる程にハマっていた。

一番の見応えはラストシーン。
原作でもラストの展開はハラハラドキドキして一気読みしたが、映画の羽生と深町の演技はお見事だった。
阿部ちゃんはリアル感をだす為に、顔に霧吹きをかけ顔を凍らせて撮影したという徹底ぶりには頭が下がる。
武骨で鬼気迫る風貌で自分勝手な男と思われている羽生だが、心の奥底には優しい光が灯っている実に男気のある男なのだ。

いやぁ、映画を観て更に羽生丈二が好きになってしまった・・・。


 Pleaseクリック
posted by nori at 14:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画

2016年02月20日

PCTを歩く旅 〜 Wild

シェリル・ストレイドという女性が26歳の時、パシフィック・クレスト・トレイルをひとりで1600km歩いた時の実体験を描いた映画『Wild』
(邦題「わたしに会うまでの1600キロ」)
昨年の劇場公開を見逃してしまったが、ようやく今月からレンタル開始した。

20160216_1.jpg

最愛の母を亡くし、自暴自棄になり生きる道を見失ったシェリル(リース・ウィザースプーン)は、ドラッグや不倫に溺れ、ついには離婚に・・。

どん底のシェリルだったが、常に亡くなった母の存在を感じていた。
このままではいけない・・。

そしてシェリルは、病院の待合室でふと目に見についたパシフィック・クレスト・トレイルの本を思い出し、1600キロに及ぶ長距離自然歩道を歩くことで、自分を見つめ直す旅に出る。

20160216_2.jpg

パシフィック・クレスト・トレイル(PCT)は、メキシコからカナダまで続く、南北を横断するアメリカ3大長距離自然歩道で、あのジョン・ミューア・トレイル(JMT)をコースの一部に含んでおり、全て歩くと6000kmにも達する。

20160216_3.jpg

火が使えなかったり、砂漠で水が底をついたり、靴を崖に落としたり、様々なハプニングが襲う。
それでもトレイル上で出会った人たちと交流するうちに、徐々に自分らしさを取り戻していく。

20160216_5.jpg

体力、内面的にも徐々に強くなっていくシェリル。
そしてゴールのオレゴンに着くと母の愛からも解放されていた。

シェリルにとって、母からの愛、母への愛は重過ぎる愛だったのだ。

映画のタイトルは「Wild」だが、どちらかというと「Release」の方が適切のような・・・。

20160216_4.jpg

この映画で使用したシェリルのバックパック(グレゴリーのエヴォリューション)の中身がココで見れる。
このサイトは中々凝っていて面白い。
スワイプするとバックパックの中身を自由に出し入れできるのだ。

そして、下の写真はシェリル本人がこの映画の題材であるPCTを歩いた時のポートレイト。

20160216_6.jpg

野性的な目が印象的だ。
いやぁ、この写真をみれば「Wild」で納得だナ。

実は、シェリル本人もこの映画にスポットで登場しているらしいのだ。

さぁ、シェリルを探そう・・・


 Pleaseクリック
posted by nori at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2016年01月27日

かまくら作り

月曜日は大雪で電車が走らなかったため、仕方なく(?)仕事を休んだ。
いい機会なので撮りためていたビデオを観ていると娘から雪遊びのお誘いを受けたので、これまた仕方なく受けた。

20160126_1.jpg

最初は、雪合戦から。
途中から娘の友達も参戦し、

20160126_2.jpg

昼はみんなでタコ焼き合戦・・。

その後、雪だるまを作ろうかと考えたが、雪だるまはそこら辺にたくさん作られていたので計画変更。

20160126_3.jpg

かまくら作りに変更。

但し積雪が15cm程度なので、まずは雪山を作る作業から開始。
子供用のかまくらとはいえ、それなりの雪をかきあつめる必要があるので結構ハードワークだ。
しかし子供たちは考えた。
雪をコロコロころがして大きな雪玉を次々に運んできた。(good job !)

そして、作業開始から約2時間・・。

20160126_4.jpg

ようやく子供2人が入れるかまくらが完成。

20160126_6.jpg

かまくら内の一番奥にローソクの火を灯し、

20160126_5.jpg

娘もご満悦。

20160126_8.jpg

私もご満悦・・。

そして初めてのかまくら作りをやり終えた子供たちは、

20160126_7.jpg

雪に大文字焼き・・。

お疲れ!

いやぁ、楽しかった。
仕事休んでヨカッタ・・・。


 Pleaseクリック
posted by nori at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 娘(11歳〜)

2016年01月24日

雪見三線ライブ

今日の福岡は朝から久しぶりの雪。

このドカ雪の中、今日は某老人ケア施設での三線ライブを行う予定だが、はたして辿り着けるだろうか・・。

20160124_1.jpg

なんとか車に便乗させてもらい現地に辿り着いた。

20160124_2.jpg

リハもそこそこでの本番だったが、施設の1階と2階の2セットを何とか終えることができた。

1-st set(1階)
1.島唄
2.てぃんさぐぬ花
3.芭蕉布
4.童神
5.十九の春
6.涙そうそう
7.上を向いて歩こう

2-nd set(2階)
1.オジィ自慢のオリオンビール
2.安里屋ユンタ
3.十九の春
4.涙そうそう
5.芭蕉布
6.てぃんさぐぬ花
7.上を向いて歩こう

誰もが知っている「上を向いて歩こう」(アンコール)は大合唱(?)して、エンデイングは外の雪のように滑って終わった・・。
でも、ご老人の笑顔が何よりもの救いだった。

それと窓越しから雪を見ながら三線を演奏するというのも初めてだったが、これはこれで乙なもんでした。
まぁ、施設内は暖房がガンガン効いていたから。
しかし一歩施設を出ると・・。

20160124_3.jpg

着いた時より吹雪いてた・・・。(サブ)

20160124_4.jpg

家路に着いたら、折角だからと、
迷わず、
雪見酒を。(グビッ)

三線と雪と酒の組み合わせも
意外と
乙なもんですなぁ・・。


 Pleaseクリック
posted by nori at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 三線 etc