logo.jpg
   川の流れのように、ゆったり、のんびり、ほっとするような内容を綴っていこう。

2011年09月28日

胸騒ぎの運動会

日曜日は秋空の下。

20110926_1.jpg

娘の小学校の大運動会へ。

小学校の運動会といえば自分の運動会以来だから、約36年ぶりだ。
いやぁ、力が入る(ゼ)。

20110926_2.jpg

子供たちが全速力で頑張って走る姿を見ると、自然と力が漲ってくる。
そして、やはり低学年はカワイイなぁ。(親ばか・・)

36年ぶりの小学校の運動会で、ちょっとびっくりしたのが、子供たちが待機するスペース。
なんと、テントに椅子付・・・。

20110926_3.jpg

自分たちの時代は、子供はどんなに炎天下でも帽子をしっかり被って、地べたに体操座りが当たり前だった。
たまに倒れる子もいたが、そうやって身体は鍛えられるのだ。
本来、子供は外の子なのだから、と思っていてもこれも時代の流れなのか・・・。

さて話題を変えよう。
今日は陽射しも強く暑かったので、小高い丘の上(子供たちは「みやま」と呼んでいる)の木陰で観戦を。

20110926_4.jpg

お待ちかねの昼の弁当タイムもここは涼しくて快適だった。

20110926_5.jpg

4時起きで頑張ったカミさんの手弁当を腹いっぱい食べたら、急に眠くなってきた。
そして、あれ、娘はどこいった?と探していたら・・・。

6年生の男子グループの中に娘ひとりが囲まれて、何だナンダ、怪しいゾ。

20110926_6.jpg

と、さり気なく観察していたら何やらお菓子の物々交換をしていたようだ。(ホッ)

しかし、こんな事くらいで胸騒ぎしてたら先が思いやられるなぁ・・・。
まぁイイのだ。


 Pleaseクリック

posted by nori at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 娘(6歳)

2011年09月15日

3分間のソロ・コンサート

久しぶりのコンサート。

日曜日は赤坂の「あいれふホール」へ家族とNさんとでピアノ・ソロ・コンサートを聴きに行ってきた。
開演前のステージ上には、敬愛するキース・ジャレットも愛用している約1千万円のスタインウェイのフル・コンサート・グランドが。(凄)

さぁ、今回のアーティストは・・。

20110913_1.jpg

娘・・・。(+44名)

実は娘が通うピアノ教室の発表会なのだ。

20110913_2.jpg

初めての発表会にも関わらず、開演前に余裕のポーズ。
家ではあまり練習していなかったので少々心配だが・・・。

9番目にいよいよ登場。
ドキドキしながら(私)、最初の1音を。
おー、イイ感じじゃないか。

ん!?

20110913_3.jpg

軽く頭でリズムをとりつつ、なーんか余裕じゃないか!?
しかも・・

20110913_4.jpg

なんと、今度は弾きながら客席の方を向いて愛嬌を。(ニコッ)
なんかキースみたいだナ・・。

20110913_7.jpg

約3分間の演奏を終えると、客席から拍手喝采が。

実は演奏後、客席の前に立ち1礼して拍手をもらうのがお決まりなのだが、娘の場合、最後の1音の後に、あの愛嬌によりブラボー的(多分)拍手が沸いたので、嬉しさのあまり1礼を忘れてニコニコしながら舞台を降りてしまったのだ・・・。(嗚呼)
でもそれはそれで普通じゃなくてカッコよかった。(ゾ)

20110913_5.jpg

発表会の後はそのままNさん宅で打ち上げ。
プシュッとマッコリで楽しいひとときを。

20110913_6.jpg

いやぁ、それにしても憧れのスタインウェイのピアノを余裕で弾いてみせた娘。
ブラボー!(羨)

ゲージュツの秋に、
乾杯(グビッ×n)

いやぁ、今夜はスタインウェイのピアノに心酔してしまった。
それとあの娘の愛嬌に・・・。


 Pleaseクリック

posted by nori at 00:06| Comment(3) | TrackBack(0) | 娘(6歳)

2011年07月03日

海開き

今日(7月3日)の早朝4時、家族とNさんと共に地元深江の海へ。

20110703_1.jpg

これから深江海岸の海開きの儀式が行われるのだ。

20110703_3.jpg

早朝から、地元の子供(小学生)や親たちが、未だ夜明け前の暗い海岸に集まり、スコップ片手に砂浜に神殿を作り始める。

20110703_4.jpg

前日に切ってきた竹を四隅に立て、砂で固めた神殿。(まるで土俵のようだ)

20110703_5.jpg

5時30分から儀式が始まった。

20110703_6.jpg

お払いを受ける子供たち。
深江地区ではこの行事で一年間の無事を川の神、竜王に願い、祭りが終わるまでは、海で泳がないという約束ごとがある。
子供たちはこうした風習を今も守りとおしているのだ。

20110703_7.jpg

普段海では味わえない、ちょっと厳かな雰囲気だった。

しかし、セレモニーが終わると、
あっという間に、竹は倒され、神殿も跡形もなくなった。

20110703_8.jpg

竹は子供たちが手に持って海の中に入り、清めた。
そして娘を含め子供たちは一斉に・・・。

20110703_9.jpg

待ってました、とばかりに海へ入り、はしゃぎ始めた。

いやぁ、今回初めて海開きの儀式を観たが、夏の気持ちの高揚がひしひしと湧いてきて中々イイものだった。

この後一旦家に帰り仮眠して、午後からまた海へ行きたくなり娘と二人で再度深江海岸へ。

20110703_10.jpg

雲空で強風にも関わらず、元気に遊ぶ子供たちの姿があった。
それと、波打ち際には小魚たちがとても多かった。

20110703_11.jpg

稚鯛、アジ、ヒイラギ、エソの子供たち。
ちょっと迷惑なところでは大量のくらげやエイの子供たちも・・。

まぁ、いい。
今日は人も魚も海開きなのだ。(me too)


 Pleaseクリック

posted by nori at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 娘(6歳)

2011年05月29日

嵐の音楽会

今日は台風2号が接近し、裏山の二丈岳は全身をガスで覆われていた。

20110529_1.jpg

そんな中、娘が通うピアノ教室の発表会が、先生のお宅で嵐にも負けず開催された。

20110529_2.jpg

子供たちの歌や演奏だけかと思いきや、大人たちも嵐を吹き飛ばす素晴らしいコーラスや演奏を披露してくれた。(本当に嵐は去ったのだ・・)
観客も30人位入っており椅子が足りず、立ち見あり、座り見ありでごったがえしていたが、お茶菓子などを出してくれて、とてもアットホームな雰囲気が良かった。

20110529_3.jpg

昔バッハにハマっていた頃に良く聴いた「G線上のアリア」。
チェロによるこの演奏が始まると、急に娘が身をのり出して話かけてきた。
「これ知っとーよ。きゅうしょくのときにかかるとヨ」
と。いやぁ、本当イイ小学校だなぁ・・
そして後半は、なんと三線による沖縄の唄も。

20110529_5.jpg

いやぁ、台風の事をしばし忘れ、青い海に思いを馳せる至福のひと時を過ごさせてもらった。

20110529_6.jpg

いいねぇ、三線の音は・・。
さて、肝心の娘はというと、先生とデュオでピアノ演奏を。

20110529_4.jpg

曲は「きらきら星」

今夜は曇っているが、私には夜空に輝くきらきら星が見えたゾ。(グビッ・・・)


 Pleaseクリック

posted by nori at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 娘(6歳)

2011年04月13日

空色の一年生

青空に映える桜が眩しい。
今日、4月12日は娘の旅立ちの日だ。

20110413_1.jpg

大袈裟(親ばか)だが、今日は娘の入学式なのだ。
また一歩、階段を上っていくんだなぁ・・・。

20110413_2.jpg

入学式では空色の服を着て、6年生のじんや君にエスコートされて席に着いた。

20110413_3.jpg

無事、式が終わり自分の教室に移動すると、真新しい教科書等が配布され、子供たちは目をキラキラと輝かせていた。
娘のクラスは全部で18人で、担任は女の先生だ。
そして、どうしても1組に入りたいと願っていた娘は、見事希望の1組に入れた事をとても喜んでいた。(実は2クラスしかないのだが)

全てが終わり、校庭に出てみると・・・。

20110413_4.jpg

体育館の横には大きな木がたくさん。

20110413_5.jpg

右側には、楠の巨木が立つ古い神社がある。
それに正面の奥はすぐ海だ。
青い空色がとても似合う小学校だ。

いやぁ、私も行きたくなってしまったなぁ。

冗談で娘に「パパも一緒に小学校に通ってイイか?」と聞くと
「だーめ。パパはランドセル持っとらんやろー」
と一蹴された。

親離れの階段も一歩上ってしまったようだ・・・。(嗚呼)

仕方ない、ならば階段ではなく、私は山へ登ろうかな。
(続く)


 Pleaseクリック

posted by nori at 22:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 娘(6歳)

2011年03月21日

卒園 〜 上を向いて歩こう

3月19日(土)、天気は曇り。

20110320_1.jpg

今日は娘の卒園式。
早いなぁ、いや早すぎる・・・。
卒園児が演壇に並び、別れの唄を歌いだすと・・・

20110320_2.jpg

卒園児が次々と涙。
親も次々と涙。
私も・・・。

20110320_3.jpg

最後は先生とハグの儀式。
この時も卒園児たちは泣きじゃくっていた。
しかし外に出ると・・。

20110320_4.jpg

子供たちは走りだし、いつのまにか泣き止んだ。
そして、上を向いて叫び、手を突き上げた。

この子供たちの光景と、今の東北関東大震災の状況がオーバーラップしてこの曲が思い浮かんだ。

上を向いて歩こう - 坂本九


今、日本は大変な時だが、こんな時こそ上を向いて歩こう。
涙がこぼれないように・・・。


 Pleaseクリック

posted by nori at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 娘(6歳)

2011年02月21日

最後の発表会

今日(2/19)は娘にとって、幼稚園最後の発表会だった。

20110220_2.jpg

発表会では6回位の出番があったが、どれも元気良くしゃべり、踊り、演奏し、それはもう感激の連続で楽しいひと時を過ごさせてもらった。
もう園児としてこのような発表会を見れなくなるのは、さびしい気もするがこれも仕方ないナ。

発表会終了後、近所のあぜ道を散歩していると・・・

20110220_1.jpg

土筆だ。

糸島にもいよいよ春到である。
そういえば、今日は二十四節気の「雨水(うすい)」だ。
(立春後の十五日目にあたり、雪が雨に変わり、積もった雪が溶けて土が潤い始める頃)

さて、時間はまだ正午過ぎだし、ちょっと雨水を感じに山へ行こうかな・・・。

(続く)


 Pleaseクリック

posted by nori at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 娘(6歳)

2011年02月14日

感謝ハート

今日、娘から貰ったバレンタインチョコ。

20110214_1.jpg

「感謝ハート」

いやぁ、こんないいネーミングのチョコを貰うと、酒が旨いではないか・・・。(ぐびっ)
肝心のチョコ本体は娘に大半を略奪されてしまったが、娘への逆感謝ということで良しとしよう。

さて、今宵はもうしばらく「感謝ハート」を肴に呑むのだ!。

娘に感謝。
世界一のチョコをアリガトー・・・(ぐびっ×2)


 Pleaseクリック

posted by nori at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 娘(6歳)

2011年02月08日

山食〜塩むすび

週末は、娘と二人で糸島半島の火山(ひやま)を山歩(さんぽ)してきた。

20110208_1.jpg

今日は娘の「山スカ」(?)デビュー・・・なのだ。

20110208_2.jpg

山頂付近の眺望は、ここ連日続く大気汚染の影響でモヤーッとしているが、ポカポカ陽気で風がとても気持ちイイ。
なので、プシュッといきたいところだが・・・。
今回はグッと我慢してプシュッではなく、娘一押しのセブンイレブンのおむすび「塩むすび」をパクッといくことにした。

20110208_3.jpg

いやぁ、これマジで旨い。(ゾ)
具は何も入っていないが、ごはんのもちもち感と、甘い米と控えめな塩加減のバランスが絶妙なのだ。
そう、昔食べたあの「お・む・す・び」の味だ。
これで、山食のレパトーリーがまたひとつ増えたことになる。
いやぁ、まことに頼もしい。

20110208_4.jpg

娘も塩むすびをひとつパクッと食べてテンションが上がってきた。

下山後は、福吉の牡蠣小屋(ますだ)へ。

20110208_5.jpg

焼き台が去年までは炭だったのがガスに変わっていたのは残念だったが、牡蠣は旨かった。
でも、やはり火力が弱いのか、殻が開く時の「パーン」と響く音が少なかったのは何かモノ足りなかったなぁ・・。

20110208_6.jpg

ちなみに、上の丸いのは娘の餅だ。
少し焦がしてしまった・・・(スマン×2)

20110208_7.jpg

餅を食べたらまたテンションが上がり、牡蠣小屋内を散策始めた。
そして、牡蠣小屋を出ても潮風を浴びながらその辺を散策した。

20110208_8.jpg

「ハーイ!」

娘は、今日一日テンション上がりっぱなしだった。

やはり、山がイイんだろうなぁ。
うん。
よし、また行こう。(ゼ)

塩むすびを持って・・・。
(パクッ)


 Pleaseクリック

タグ:牡蠣 火山
posted by nori at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 娘(6歳)

2010年12月14日

クレイマー・クレイマーな日々

先週から約1週間、娘と二人だけのクレイマー・クレイマー的な生活を送っている。(映画のストーリーとは全く異なるが)
最初は「たまにはイイか」と高をくくっていたが、いざ二人きりになると・・・

20101214_1.jpg

食事やら、
風呂入れやら、
寝かしつけやら、
洗濯やら、
アイロンやら、
幼稚園の送り迎えやら、

20101214_2.jpg

結構慣れない事が多く最初はタイヘンだったが、娘も慣れない私をちょっと気遣ってくれたのか、洗濯や食事の後片付けなどを率先して手伝ってくれた。(ナデナデ)
そんな娘の協力もあり、少し慣れてくるとこの生活が新鮮に思えるようになってきた。

20101214_3.jpg

いろいろ大変な面もあるが、娘とこうやって二人きりで数日間向き合う時間もたまには必要だなぁ、としみじみ思った。
いやぁ、たまには主夫業もイイものである。
カミさんへの感謝も倍増する事間違いなしだ。

それから、映画「クレイマー・クレイマー」を改めて観たくなってしまった。
そして、ダスティン・ホフマンの演技に酔うのだ・・・。(グビッ)


 Pleaseクリック

posted by nori at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 娘(6歳)

2010年10月24日

6本のローソク

またこの日がきてしまった。
毎度の感想だが早すぎる・・・。

20101021_1.jpg

娘6歳の誕生日だ。
オメデトー!
上のバースデイ・ケーキの写真は、娘自ら撮影したものだ。
いやぁウマイなぁ、参った。
実は私も撮ったのだが、娘の写真の方が雰囲気が出ててマジで良かったのだ。

今年も姉夫婦やNさん夫妻から、心のこもったお祝いをして頂いた。(感謝感謝)

20101021_2.jpg

6歳になった娘は口も達者になり、何でも興味を示し、何でも吸収したがるので我が家の中では体力、知力共に一番娘が忙しいハズだ。
だが6歳の娘は今しかない。
忙しいだろうが、これからも た・っ・ぷ・り 遊んでもらうつもりだ。(ゾ)

しかし最近では「遊んでもらえるうちが華」という言葉がやけに耳に入るようになったのも事実である・・。(嗚呼)


 Pleaseクリック

タグ:誕生日
posted by nori at 22:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 娘(6歳)