logo.jpg
   川の流れのように、ゆったり、のんびり、ほっとするような内容を綴っていこう。

2018年04月26日

困った時計〜二代目PROTREK

早いもので、またこの日を迎えた。

この時期になると、気温も海水温もぐんぐん上がり、それに伴って気持ちもぐんぐん上昇する。

20180426_1.jpg

最後のシーカヤック。

20180426_2.jpg

最後のウクレレ海練・・。

20180426_3.jpg

53歳最後の・・。
そう、今日は私の54回目の誕生日。

それにしても、いくつになっても、
何回来ても、
やはり海はイイなぁ。

さて、54歳の記念になるものが何かないか色々と考えてみた。
そういえば今使っている腕時計の液晶文字が欠けて判別しづらくなってきた。
もう10年も毎日使っているプロトレックもそろそろ引退か・・。

20180426_4.jpg

という事で今年の誕生日は次世代プロトレック(右)をプレゼントしてもらった。
初代プロトレック(左)の記事はコチラ

私が時計を選ぶ際の条件は以下の機能を備えている事。
・コンパス
・高度計、気圧
・ソーラー電池
・電波時計
・タイドグラフ(潮汐、月齢)
タイドグラフを除く機能を備えた時計はたくさんあるが、タイドグラフも備えた時計は数少ない。
海でカヤックをやる以上、やはりタイドグラフ機能は外せないのだ。
数少ない候補から選んだのは、やはりタフで壊れないこれまでの実績があり使い慣れたプロトレック。

20180426_5.jpg

今回、二代目を初めて海で使ってみたが、液晶の見やすさ、特に色分けされたタイドグラフはとても見やすかった。
やはり、必要な情報が体の一部から得られるというのは非常に心強いものだ。

さぁ、今度は山での使い勝手を試そうと思う。

いやぁ、いろんなフィールドに出掛けたくなってきたゾ。
んー、二代目も困った時計だ・・。


 Pleaseクリック
posted by nori at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドアギア

2015年12月15日

ハイブリッドな器

火の温もりが恋しくなる季節。
暖かいコーヒーを飲みに裏山(二丈岳)へ。

20151206_4.jpg

山頂カフェは貸切り。
もちろんココには水道もガスもないので、シンプルな道具で火を沸かす。
ちょっと寒くなってきたので、ウイスキーを少し入れて、アイリッシュコーヒーを。(グビッ)

20151206_1.jpg

薄っすらと残った紅葉が湖面に映る。
紅葉の二重奏・・。

少し冷えてきたので、久しぶりにB6くんで暖をとった。

20151206_3.jpg

焚き火はもちろん体が暖まるが、炎は見ているだけで心が温まる・・。

そんな炎にまつわる逸品をご紹介。

先日、博多の焼き鳥屋で見つけた不思議な置物?、鍋?、いや器。

20151206_5.jpg

キャンドル・フード・ウォーマー
というらしい。
この上に焼き鳥をのせておけば、ずっと温かい状態を保つことができるのだ。

構造はいたってシンプル、蓋を開けてみると、

20151206_6.jpg

3つのキャンドルが入っている。
これが熱源で、火力はこのキャンドルの数で調整する。

空気の送風口も、

20151206_7.jpg

視覚的にも実に美しい。

シンプルで心も、目も、そして腹も温まる。
まさにハイブリッドな器だ。

コレがひとつあれば、寒い季節でも相当温まりそうだなぁ。(欲しい!)

この器の上に、あたりめ、オイルサーディン、ピザ等々をのせて。(グビッ)
〆にはエイヒレを・・。


 Pleaseクリック
posted by nori at 19:45| Comment(2) | TrackBack(0) | アウトドアギア

2015年09月19日

困ったチェア〜Helinox

もうすっかり秋めいてきた。
風が気持ちイイので今回は自転車で山へ向かった。
どこまでも真っ直ぐにのびる道。

20150913_1.jpg

「On The Road」(ジャック・ケルアック著)
と言えばカッコイイが、どちらかというと
「On The 農道」・・。
でもどちら共好きな響きだ。

田んぼのあぜ道脇には、もう彼岸花が真赤に燃えていた。

20150913_2.jpg

自宅から立石山の登山口まで自転車でのんびり1時間。
時速20km程度のスピードで全身に浴びる秋風が実に心地良かった。
これは車では味わえない。

20150913_3.jpg

どうです、この真赤な我がフェラーリの勇姿・・。

早速山に入ると、

20150913_4.jpg

蝉の鳴き声と陽射しの強さに驚く。
ここはまだのんびりし過ぎていて、時間が1ヶ月程遅れた真夏の世界だ。

芥屋のビーチもこのとおり夏真っ盛り。

20150913_5.jpg

白いカヤックが一挺浮いていた。

20150913_6.jpg

天気も良し、
景色も良し、
座り心地も良し!?

20150913_7.jpg

実は今回、新たな山椅子「Helinox(ヘリノックス)グラウンドチェア」が山デビューなのだ。
山椅子といえば、ずっとCrazy Creek(クレイジークリーク)ヘクサライトを愛用していたが、中のフレームが曲がったりして幾度もメンテしてきたがもう限界に・・。

これ迄のクレクリの重量が419g。
ヘリノックスは615g。

20150913_8.jpg

約200gのアップしたとはいえ、ソファーに座っているようなこの快適さ、安定感は凄い。
サイドはメッシュなので通気性も抜群。
なんといっても海と空の色に溶け込むブルーのフレームが気にいった。

20150913_9.jpg

構造的にもフレームはしっかり太めだが収納はコンパクトに仕舞える。

20150913_11.jpg

しかしこんな景色を前に座ってしまったら気持良すぎて立ち上がれなくなるので注意が必要だ。

いやぁ、これも困った椅子だ。
しかも、非常に・・・。


 Pleaseクリック
posted by nori at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドアギア

2013年11月14日

海色のザック

今年の夏から新たに加わったギアの紹介を。

20131110_1.jpg

THE NORTH FACE / TELLUS 32

テルス君だ。
頭に「ス」を付けると戦闘機みたいで速そうだナ・・・。

これまで山歩きで一番使用頻度が高かったザックはGREGORYのDayPack(デイパック)。

20131110_0.jpg

シンプルなデザインが好きで、作りも結構しっかりしているのだが、22Lの容量だとちょっと足りない感があった・・。
この上だと40Lのザックがあるが、これだと大袈裟でデカ過ぎるのだ。
そこで中間の30Lクラスを求めて、今回チョイスしたのがこのテルス32L。

20131110_2.jpg

いやぁ、最近のザックは機能的にも良く出来ていて感心した。
まぁ、それだけこれまで使っていたデイパックがシンプル過ぎたということだ・・・。

20131110_3.jpg

雨蓋の後ろ側に収納用のファスナーが付いているので、背負ったままでも頭の後ろに手を伸ばせば開閉してちょっとした小物が容易に出し入れ出来る。
また雨蓋の上、四隅にはループが付いているので、そこにテンションコードを通せばマット等軽いものが装着できる。

20131110_4.jpg

雨蓋の裏にもメッシュの収納。
気がきいてるなぁ。

20131110_5.jpg

サイドポケットは両方あって、こちら側のポケット奥には仕切りがあり、中にはザックカバーが標準装備されている。
ウエストベルトにも両方ポケットが付いていて、右側は密閉タイプ。

20131110_6.jpg

左側はメッシュタイプなので入れる物によって使い分けができる。

20131110_7.jpg

特筆すべきは、フロントからこのように2重扉(ファスナー)で内部にアクセスできること。
大型ザックなら出来て当たり前だが、このクラスでこの機能がついているのには驚いた。
まぁ、あまり使う事はないと思うが、あると便利な機能だ。

さて、使いこなせるかは別にして、
もうひとつ特筆すべきは・・・。

20131110_8.jpg

ダークブルーの色。
普段登る山が海のそばという事もあり、やはり空と海に溶け込むカラーを選びたかったのだ。

それにしても、この写真はわずか1ヶ月前に撮ったものだが、もうこの格好では寒くて山に登れない。

でも大丈夫。
このザックならいろんな遊び道具を満載できるから・・・。


 Pleaseクリック
posted by nori at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドアギア

2012年09月07日

4本目の足

9月に入り、ちょっと涼しくなってきたので久しぶりに山を歩いてきた。

今回は新たな山道具、ストック(トレッキングポール)の実践テストも兼ねて。

20120905_0.jpg

二丈岳の玄関、ゆらりんこ橋を渡り山へ入ると、

20120905_1.jpg

山は緑で溢れ、草ぼうぼうだった・・・。
しばらく行かない間にこんなになるとは。

20120905_2.jpg

それに、涼しいどころか暑い、アツイ。

20120905_3.jpg

清涼感のある沢の音を聞きながら歩けるのがせめてもの救いだ。

20120905_4.jpg

それにしても、水の音は落ち着くなぁ。

新しいストックもイイ感じで馴染み、テンポよく歩き70分で山頂へ到着した。

20120905_5.jpg

空はどんより雲が覆っているが、山頂は涼しくて心地よい風が吹きとても気持ちヨカッた。

20120905_6.jpg

しかし、山頂も草ぼうぼうでルートがわかりずらかった。
今度来るときは鎌持参で草刈りしよう・・・。

さて、新しいストックはと言うと、

20120905_7.jpg
ブラックダイヤモンド ディスタンスFL/105-125CM

とにかく軽い(223g/1本)のでストックの操作が楽(らく)。

20120905_8.jpg

収納が嵩張らないし、使う時はちゃちゃちゃっと簡単に組み立てられるので楽(ラク)。
畳むと全長が約37cmとコンパクトになり、ザックの中にすっぽり収まる。

20120905_9.jpg

長さの調整も楽(らく)。
ぐるぐる回してゆるめたり固定するタイプに比べて迅速、簡単、確実に調整が可能。
カムレバーを開いて長さをスライド調整し、カムレバーをカチッと戻すだけ。(フリックロック式)

これまで使用していた3本目の足、LEKIのストックもとても気に入っていたが、酷使したせいかポールの繋ぎ目部分がひび割れてしまった。
なのでこのブラックダイヤモンドのストックが4本目の足となるわけだ。

強度の面ではまだ未知数だが、私が使う範囲では問題なさそうだ。
何よりもこのストックのおかげで歩くのがとてもラク(足への負担軽減)になるので、今回はペースを上げて歩いたにも関わらず筋肉痛は全く無かった。

いやぁ、この4本目の足はきっと頼りになる。

20120905_10.jpg

今度はア・ソ・コの山でテストしよう・・・。

と思いつつ、実は糸島の海を見ていると今度はカヤックであそこら辺のビーチを探ってみるかナ。
などと考えてしまう。
そういえば最近は、海に行くと山を見て、山恋しくなり、
山へ行くと海を見て海が恋しくなる。

海と山に益々恋焦がれてしまったようだ。
アウトドアとは切ないものだ・・・。


 Pleaseクリック
posted by nori at 18:59| Comment(7) | TrackBack(0) | アウトドアギア