logo.jpg
   川の流れのように、ゆったり、のんびり、ほっとするような内容を綴っていこう。

2006年10月20日

朝の3歩

娘との朝の散歩にまたまた変化が現れてきた。

娘があまり歩こうとしなくなったのだ。
これ迄は、娘の「だっこ作戦」と 私の「追越し作戦」(勝率5分5分)で半分は娘も歩いていたが、「だっこ作戦」に磨きがかかってきた。
どういう磨きかというと、だっこ後に思いきりしがみついて、だっこ状態を少しでも長く持続しようという戦法をあみ出したのだった。
この「しがみつき作戦」はなかなか手ごわく、下に降ろそうとするその瞬間に手足を絡ませて、しがみつき、降ろせない様に抵抗するのである。
手は首の周りを、足は腰の周りをがっちり力を入れてしがみついてくるので、振り落とさない限りはずっーと永遠にだっこ状態を持続せざるおえないのである。

そんな娘を私は
「敵ながらアッパレ」 とか
「良し良し、知恵がついたな」 とか
「力が強くなったな」 などと
感心しつつ親バカ的な苦笑いをすると、今度は娘が
「どんなものヨ」 と
勝ち誇ったような笑みを浮かべる。
その笑みを見て私がまた
「やりよったな」 と
苦笑いする。(そしてしばらくの間二人はニヤニヤしている・・・)

20061020_1.jpg画像クリックで拡大表示

しかし、このままではいけない。
「朝の散歩」が「朝の歩」になってしまう。
新たな 作戦 を考えねば。


 Pleaseクリック

posted by nori at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 娘(1歳)

2006年10月06日

朝のジョギング

最近、娘(1歳11ヶ月)との朝の散歩に変化が現れてきた。
今までは娘と横に並んで娘のペースでゆっくり歩いていた。
歩き出して20歩も進むと私の前をふさぎ両手を上げて私を見上げる。
「だっこして」
と訴えているのである。
私も自分がいい運動になると思い20歩ほどだっこしては娘を下ろして歩かせる。
20歩が30〜40歩に変わる事もあるが、ほとんど毎日この繰り返しであった。

ある日、娘が立ち止まり、私が少し追い越して振り返ると、娘が「イェイ、イェイ・・」と叫びながら走り出した。
本格的に走る姿を見たのは初めてだったのでびっくりしてしばらく見とれてしまった。
それは小刻みだが力強い走り、風を切るような走りだった。

20061006_1.jpg画像クリックで拡大表示

その後も娘の ”だっこ作戦” はまだ健在だが、
私も ”追い越し作戦” で娘を走らせるのに成功している。
現在は勝率5分5分といったところだろうか。
このように娘と駆け引き(?)しながらの散歩は楽しい。

そして最近、朝の散歩から、朝のジョギングに変わりつつある。


 Pleaseクリック

posted by nori at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 娘(1歳)

2006年09月29日

ひ・が・ん・ば・な

糸島に引越してきてから、生活のリズムが変わった。
一番変わったのが夜型から朝型に変わった事だ。
中学生の頃から夜型だったから、かれこれ30年越しでの変化である。
何故変わったかを考えてみると、やはり今住んでいる所に自然がたくさん残っているからではないかという結論に達する。
自然が多いと何故?と言われると、やはり自然が好きだからということになる。
虫や鳥が鳴き始めると、自分もじっとしていられなくなりムズムズと起き上がる。

さて、朝型に変わった事によって、娘との散歩 が日課になった。

娘は外が好きで、私が朝起きて外に出ると飛び起きてきて「パパっ、パパっ」と窓越しから叫ぶ(これがまた可愛い)。
娘の服を着替えさせて二人で玄関ではなくベランダから出発する。
約15分くらいの散歩だが季節感や、植物、生き物などが毎日変わっていくのを感じる。
娘もまだ1歳11ヶ月だが朝の散歩によっていろいろな事を学習したようだ。
田んぼを見ると「ちっち、ちっち・・」(すずめ)と叫んでいたのが最近田んぼを見ると不思議な表情をする。
稲狩りが終わったからすずめが来なくなったのだ。
今度は田んぼに彼岸花が咲きみだれていると「あっあっ・・」(あれなぁに?)と指をさす。
ひ・が・ん・ば・な 」と教えてやるとふぅーんといった表情をする。

些細な事だが散歩によって娘はいろんな発見、興味を持ってくれていると思う。
それを思うだけで散歩は百倍楽しくなる。

こんなに楽しませてくれる娘に感謝している。

20060929_1.jpg画像クリックで拡大表示


 Pleaseクリック

posted by nori at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 娘(1歳)