logo.jpg
   川の流れのように、ゆったり、のんびり、ほっとするような内容を綴っていこう。

2018年09月30日

今年の夏

今年の夏は、暇さえあれば海へ足を運んだ。

20180907_3.jpg

カヤックで海へ。

20180907_11.jpg

車やチャリ、または歩いて海へ。

20180907_4.jpg

仲間と一緒にカヤックで海へ。

20180907_10.jpg

プライベートビーチまでカヤックを漕いでキャンプ。

20180907_2.jpg

海上で出合った方とビーチで。

20180907_5.jpg

お気に入りの自称「オリオン・ビーチ」までカヤックを漕いで、

20180907_6.jpg

ビール片手に、美ら海に浸かって三線の練習を。

20180907_7.jpg

海賊(三線)俱楽部のJさんとは何度も海で遭遇・・。

20180907_8.jpg

一緒に飲みながら海練し、海に潜って遊んだ。

20180907_9.jpg

ここ最近、気温が下がって一気に秋めいてきたが、

20180907_12.jpg

まだまだ、海で遊ぶけん・・・。


 Pleaseクリック
posted by nori at 14:58| Comment(1) | TrackBack(0) | カヌー

2018年06月11日

姫島へ〜A鎮山登頂作戦

シーカヤックでの姫島上陸作戦は天候にも恵まれ無事成功した。
上陸時の時間は、まだ11時前。(早)

20180606_0.jpg

次なる姫島ミッションを遂行するには十分時間があるので、島内を散策することに。

20180606_3.jpg

海辺で自由に遊ぶ猫。
この島は魚影が濃いので猫たちにとっては楽園なのだ。

20180606_2.jpg

島で唯一の店。
実は9年前に家族で遊びに来た時もこの店に立ち寄ったのだが、そのまんま変わっていなかった・・・。

9年前の姫島記事はコチラ

ここでグレープフルーツサワーのようなジュース(?)を購入。(プシュッ)

20180606_4.jpg

先程、海上から見た姫島小中学校。
ココも9年前と全然変わってないなぁ・・。
そう、島時間はゆっくり廻るのだ。
いやぁ、このゆっくり感が実にイイ。

20180606_5.jpg

島内の集落には車が通れるような広い道はないので、荷物の搬送移動は「リヤカー」が主となる。
各家の前には様々なブランド(?)のリヤカーが駐輪している。

20180606_6.jpg

姫島のメインストリート。
右手は姫島神社へ通じる参道。

20180606_7.jpg

そして山道へ。

20180606_8.jpg

はて、頂上まであと何メートルなのか?
数字が書かれていない、不思議な案内板。

20180606_9.jpg

途中、我が家のある二丈の山々の景色が飛び込んできた。
いやぁ、イイ眺めだ・・。

そして、登山口から約20分。

20180606_10.jpg

開けた空間へ抜けた。

20180606_1.jpg

山頂だ。
これで今回の姫島ミッション完遂!

20180606_13.jpg

標高186.7mの鎮山(ちんやま)。
別名、男山と呼ぶ・・?

20180606_11.jpg

今回のカヤックと徒歩のGPS軌道。
トータル約20kmの工程だったことになる。

20180606_12.jpg

久しぶりに充実した1日に大々満足。

また遊びに来よう。
漕いで、
登って、
体内時計を止めに。

身近になった姫島へ・・。


 Pleaseクリック
posted by nori at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | カヌー

2018年06月03日

姫島へ〜@カヤック上陸作戦

先月の悔しさは忘れていなかった。
私も百さんも・・・。

いざ、リベンジの航海へ。

2018062_2.jpg

今回は前回の反省を兼ねて、朝早く8時半から出発することにした。
ちなみに、百さんは4時に目覚めたそうだ・・。(笑)

2018062_3.jpg

それにしても前回とは全く違って、風も波も穏やかで絶好の姫島日和。

2018062_1.jpg

んー、イイ風だ。
無風だが・・。

2018062_5.jpg

岬を過ぎ、姫島が視界に入ってきた。
前回は霞んでいて姫島が遥か遠くに感じていたが、今回は視界も良好でとても近くに見える。

2018062_4.jpg

しかし、この位の見え方になってからは、漕いでも漕いでもなかなか近づかなかったが、ようやく姫島に到着した。
岐志漁港脇のビーチから約1時間30分かかった。

まだ10時を過ぎたばかりで時間も早いので、島一周する事にした。

2018062_6.jpg

港や集落のある反対側は、断崖絶壁の岩場が多く男らしい雰囲気だ。

2018062_7.jpg

約半周したあたりから透明度が増し、我々のテンションも増してきた。
大量の小魚の群れも見える。
が、タコ眼鏡を忘れてきた・・・。

2018062_8.jpg

こんな綺麗な海域があるとは。
またリベンジだな・・。

2018062_9.jpg

集落が近づいてきた。
これは、姫島小中学校だ。

そして港を横切ると、

2018062_10.jpg

カヤックで唯一上陸可能なビーチに到着。
島一周した際にカヤックで上陸できそうな場所を探してみたが、やはりココしかなさそうだった。

極めてゆっくりペースで島一周に要した時間は50分位。
とりあえず上陸作戦は完遂だ。
さぁ、腹ごしらえして、次なる姫島ミッションへ・・・。
続く


 Pleaseクリック
posted by nori at 23:50| Comment(2) | TrackBack(0) | カヌー

2018年05月07日

風まかせのGW〜A姫島への風

GW前半は好天気の予報だったので、シーカヤックで姫島へ渡るには絶好のチャンス。
と考えていた矢先の前夜、偶然百さんから姫島行きの誘いがあった。
類は類を呼ぶのだナ・・。

20180430_1.jpg

当日は岐志漁港脇のビーチからスタート。
今日は南西の風なので、行きは向かい風を受けながらのパドリングとなる。

20180430_2.jpg

出発時点で風が少し気になっていたが、沖に出るにつれ風も波も強さを増してきた。

そんな中、後方から
「おーーー」
という百さんの叫び声が聞こえたので、百さんが指さす方を見るとトビウオが追い風にのって海面上をビューンと飛翔していた。

いやぁ、カヤックからトビウオを見るのは初めてで驚いたが、裏を返せばそれほど風が強いという事だ・・。
先月のイルカとの遭遇に続いて今年は初モノが多いナ。何か期待できそう・・。

しかし、期待とは裏腹に、

20180430_3.jpg

風、波とも更に強くなり沖は大荒れに・・。
これから進むべき航路の先も白波が立っており、沖に出るにつれ風も強くなってきた。
しかも霞んでるせいか今日は姫島がとても遠くに感じる。

そんな状況だったのでこのまま進むのは無謀(=勇気ある撤退)と判断し、残念だが今回の姫島行きは断念し引き返す事にした。

しかしこのまま帰るのでは納得いかないので、車で別の場所へ移動してみる事に。

20180430_4.jpg

なんだ、ココは・・。

というのも、車で10分足らず移動しただけなのに海は穏やかで、松林では蝉がミンミン鳴いていて、まるで梅雨明け後の夏の海の様相。
いやぁ、下がりかけていたテンションがまた上がってきた・・。
早速出艇、いつもの場所へ漕ぎだし、

20180430_5.jpg

ビーチで2時間程のんびりと。
今回改めて実感したが、シーカヤックは風まかせの乗り物だ。
強風で漕ぐのが困難な場合は、諦めずに風裏のポイントを地図で探して移動すれば十分に遊ぶ事ができる。
そういう意味では糸島は風裏の宝庫なので恵まれている環境だと思う。
糸島でのシーカヤック遊びの可能性が少し広がったような気がする。

それにしても、ここからも正面に霞んだ姫島が見える。
んー、必ずやリベンジを!

次回は風を読んで航路を決めるのだ。
風まかせに・・・。


 Pleaseクリック
posted by nori at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | カヌー

2018年04月04日

花見ツーリング

今年の桜は先週満開になり、桜の名所は連日賑わっていた。
一般的に花見は公園やお城などの陸地で楽しむものだと思っている。

しかし、違った視線で海上から見る桜も実に乙なものなのだ。
という事が今回立証されたので、花見ツーリングをリポートしようと思う。

20180401_1.jpg

今回は寺山海岸から出航し、加布里湾を岸沿いにぐるっと周回するコース。
出発して早速、

20180401_2.jpg

ご対面。
まずは儀式。
ノンアルで花見開始。(プシュッ)

20180401_4.jpg

加布里公園の丘は一面桜色に染まって、実にブラボー。

20180401_5.jpg

いたる所にモコモコと桜が・・。

20180401_6.jpg

ここにこんなに桜の木があったんだなぁ。
この時期でないと絶対に桜の存在はわからない。

20180401_3.jpg

船越の別荘地にも桜、桜・・。(プシュッ)

20180401_7.jpg

いやぁ、満開の時期は過ぎていたが、海上からだと普段の景色と違って見えたので結構見応えがあった。
来年は満開に照準を合わせて、コースを拡大してのんびりツーリングしようと思う。(&プシュッ)


 Pleaseクリック
posted by nori at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | カヌー