logo.jpg
   川の流れのように、ゆったり、のんびり、ほっとするような内容を綴っていこう。

2012年07月19日

カナコの夏

広大な青いキャンバスに雲が絵を描く。

20120720_1.jpg

刻々と雲の絵は変化するので、見ていて飽きない。
これも一種の夏の風物詩。

20120720_2.jpg

もうひとつ、夏の音の風物詩。

蝉(せみ)だ。
早朝から午後にかけては、ミーンミーンミーンと突き刺すような音で鳴くミンミンゼミ。
そして午後からは・・・

大好きなひぐらしが裏山でカナカナカナ・・・と奏(かな)でる。
いやぁ、癒されるなぁ。
こんな感じです↓↓↓↓↓



そんな夏の朝、ミンミンゼミに起こされつつ、まだ寝ていたかったのに、追い打ちをかけるように何モノかが私の手をこちょこちょとくすぐった。

むくっと、起き上がるとそこには・・・。

20120720_3.jpg

愛嬌満点のヒライソガニ。
その日は泊りのお客さんがいたので、外へ退場願ったが、なんとも憎めない表情に癒され、しばらく一緒に外で遊んだ(!?)。

名前は迷わず、「カナコ」と命名した。

カナコは今も庭のどこかで、ひぐらしの鳴き声を聴きながらかくれんぼをして遊んでいる・・。


 Pleaseクリック

posted by nori at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記

2012年07月11日

祝 Syanaオープン


糸島にイタリアがやってきた。

20120711_1.jpg

ついに本日(7/11)オープンした「syana(シャナ)」。

Nさん夫妻のイタリア料理の店。
パンや料理教室の先生でもあるシェフ(奥方様)が、糸島の生産者から直接仕入れた食材を使った料理は、見た目も味も絶品だ。
もちろんパンはその日の朝の焼き立て。

20120711_2.jpg

そしてオーナーこだわりのインテリア、ガーデン、器、お酒、音楽、会話はどれもハイセンスだ。

しかし・・・、

20120711_3.jpg

実は手作り感(DIY等)がいたる所にあって、こういうところが実に面白いというか、落ち着く空間になっているのだ。

店内だけでなく、天気がいい日は外のガーデンに出て、さざ波を聞きながらのランチやディナーもお勧めだ。
(ハンモックも設置予定)

20120711_4.jpg

優しいランプの灯(ともしび)。

20120711_5.jpg

奥のカウンターがまたイイのだ。(来てのお楽しみ・・)

20120711_6.jpg

場所は国道202号線沿いの深江の海の家の隣だ。
202号線を前原から唐津方面に向かっている場合は、JR深江駅、マルキョウ(スーパー)と過ぎたらすぐ右手に看板が見えてくる。

店の詳細は以下のとおり。

----------------------------------------------------------
糸島バールsyana(シャナ)
住所:糸島市二丈深江2129-12
Tel:092-325-2655
HP:www.syana.jp
営業時間:
 ・ランチタイム 11:30〜15:00(OS 14:00)
 ・ティータイム 14:00〜18:00
 ・ディナータイム 18:00〜22:00(OS 21:00)
定休日:毎週水、木曜日
駐車場:10台
----------------------------------------------------------

実は私が店の広報担当として近々、syanaのホームページを公開する予定だ。

さて、早速広報担当としての第一報を。

20120711_7.jpg

エビス クリーミートップ スタウト
市販されていないので、特定の店でしか飲めないビール。

「この黒ビールは旨過ぎる!」

もちろんシャナに来ればいつでも飲めます。
ワンコインで味わえる、つかの間の贅沢をいかがですか・・・。
たまには、ホッとしようヨ。


 Pleaseクリック

posted by nori at 12:37| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記・雑記

2012年07月03日

海開き

山旅レポの前に、ちょっと海開きの話題を。

娘が通う小学生を対象にした海開きの儀式が、今年も深江海岸で7月1日朝4時過ぎから始まった。(昨年の様子はココで)

20120703_1.jpg

まだ夜が明けぬ薄暗い中、子供たちはもう既に元気一杯で海に入りたそうだったが、波風が強くて水際で躊躇していた・・・。

20120703_2.jpg

大人たちが支えていないと倒れる位の強風が吹き荒れる中

20120703_3.jpg

必至に支え、なんとか儀式を終えた。

しかし、隣に立てた防風林前の竹は、

20120703_4.jpg

静か・・・。
いやぁ、防風林の効果はテキメンだなぁ。

さて改めて、今年も海の事故がないように・・・。(合掌)

正午前には地引網をやっていたのでちょっと見学を。

20120703_5.jpg

どれどれ・・・。

20120703_6.jpg

アジ、サバ、サワラ、エソ、エイ、サメなど大漁だ。
特に小アジは多かったなぁ。
今度カヤックでサビキ釣りしてみようかナ。

さて、今日はせっかくの海開きだったが、この強風の為、海は荒れて泳ぐ人の姿はない。

20120703_7.jpg

と思いきや、何か丸いものが浮いているが、ブイかな?
良く見ると微かに動いている。
しばらく観察していると、

失礼しました。
本当にB”Iのような男性でした・・・。


 Pleaseクリック

posted by nori at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記

2012年06月17日

バケツの田んぼ

今朝、庭のキイチゴの葉っぱの上で雨水浴をしていたカエルの「エジル」。
(サッカードイツ代表のエジルに目が似ているのだ)

20120618_1.jpg

雨も上がり、今日は絶好の田植え日和に。

20120618_2.jpg

実は、「福ふくの里」の田植え(もち米)体験イベントに申し込んでいたのだ。

20120618_3.jpg

昔、小学生の時に田んぼの中に入り、よくおたまじゃくしを捕まえた。
たまに、ヒルに噛まれた事もあったが・・・。
今回久しぶりに田んぼに入ると、あの時のヌルッ、ズボッ、ベチャ・・の感覚が蘇えり、ちょっと童心に帰った。

20120618_4.jpg

娘も次第に慣れてきて、手植えをこなしていった。

20120618_5.jpg

やはり泥が気になるようだが、服で拭くから、服は泥だらけに・・・。(まぁ良々)
ちなみに右が娘の足だ。

20120618_6.jpg

約2時間で田植え完了。
途中で昼を過ぎたので、子供たちは「おなかすいたー」とあちこちで叫んでいたが、よく最後まで頑張っていた。(ゾ)

20120618_7.jpg

「あー、つかれたぁ」
と娘の後姿が物語っている・・・。

さて、この続きは11月に稲刈り、12月に餅つきと続く。

余った苗をカミさんが農家の方に返そうとすると
「持って帰っていいよ」と言われた。
「持って帰っても、うちに田んぼがないから・・」と言うと。
「そこに落ちてるバケツで育てればいいけん」と。

という事で遠慮なくバケツと、田んぼの泥土まで頂き、家に持ち帰った。

20120618_8.jpg

バケツの中の小さな田んぼ。
小さくても田んぼは田んぼ。
ふと害虫の駆除をどうすべきか心配をしたが、すぐに名案がうかんだ。

エジルよ、頼んだゾ・・・。


 Pleaseクリック

posted by nori at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記

2012年06月11日

again ホタル族

とうとう福岡も梅雨入りしてしまった・・。

土曜日の午前、深江の海には誰もいない。

20120611_2.jpg

聞こえるのは波の音だけ。

20120611_1.jpg

我が家の庭では雨音だけ。

雨が上がったのを機に、ちょっと散歩へ出かけた。

20120611_3.jpg

いつものホタル鑑賞ポイント。
今年は残念ながらホタルの数が少なかったなぁ・・・。

20120611_4.jpg

クモ(蜘蛛)の巣の向こうに、クモ(雲)を纏(まと)った二丈岳。

20120611_5.jpg

そして近所のホタル愛好家いち押しのホタルの乱舞ポイントに到着。
今夜はここでみんなとホタルを鑑賞する予定なのだが、明るいうちに下見に来たのだ。(気合充分)
カモが数羽寝ていたので、静かに退散した。

午後からは西区のプールで娘とひと泳ぎし、晩飯と入浴をささっと済ませ、夜8時前。
先発隊として私が一人でチャリで現場へ向かった。

しかし、先発隊のはずが、なんと娘の親友Kちゃん家族は先に到着していた。
しばらく後、娘とカミさん、そしてNさん夫婦も到着し今回のホタル族のメンバーが揃った。

ここは、窪んだ池を上から見下ろす格好となる為、間近にホタルを観る事が出来ないかと思っていたが、なんのなんの。
時間がたつにつれホタルの数がどんどん増えてきて近くまで飛んできた。
更に下の方に降りられる事がわかったので、みんなで池のほとり近くまで移動した。

するとそこにはスゴイ世界が・・・。

正面を見ると、ホタルの舞い。
下を見ると、ホタルの絨毯。(これがスゴイ)
上を見ると、星とホタルのコラボ。(これもスゴイ)
更に、目の前の木がクリスマスツリーに変身。(これはものスゴイ)

場所が場所なのでカエルとカモの合唱もスゴかったが・・。(これはご愛嬌で)
でも、これぞ光と音の饗宴。(ブラボー)

20120611_6.jpg

スーっと、手を上に伸ばすとホタルが手の中に止まる。

大人たちはこの景色に見惚れていたが、子供たちはしゃがんでホタルを手に取り遊んでいた。
この行動の違いが何んとも面白い。

しかし、こんな幻想的な風景は初めて観たし、本当に素晴らしかった。
たくさんの人(特に子供)にも観てもらいたいが、もう梅雨入りしたので今シーズンは終わりだろう。
でも、来年の楽しみに。

いやぁ、気が付けば私も立派なホタル族に・・・。



 Pleaseクリック

posted by nori at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記

2012年06月05日

ホタル族

6月に突入し、もう梅雨間近・・。
という事はあの幻想的な虫に出会える時がきたという事だ。

20120603_1.jpg

夜が待ちきれず、まずは屋上へ。

20120603_2.jpg

娘が急に肉が食べたい、と言いだしたので仕方なく(嬉)夕方から緊急BBQ会を軽く開催。
(グビッ×2)

20120603_3.jpg

娘とバトミントンでちょっと体を動かし、風呂に入って・・・、

夜8時半、デジイチと三脚を肩にひっ掛け、家を出発。
Mさんも一緒に4人で歩いて近所の小川を目指した。
川に近づくと暗闇の中を小さな薄緑色の光が目に飛び込んできた。
すると「ひかっとー、ひかっとー」と小さな歓声が闇夜に響いた。
更に期待を膨らませ、静かに静かに、いつものポイントへ近づいていると、後ろから眩しいヘッドライトを照らしながらこちらに車が向かってきた。
真っ暗なはずの道を車のライトに照らされながら歩いていると、ようやくホタルのポイントに到着した。
すると、その車もザザッと音をたてて止まった。
そして、車から男の子が飛び出してくるなり、ホタルの方に向かって走り「そりゃあー!、そりゃあー!」と叫びながら虫採り網を振り回し始めた。

嗚呼、終わったナ・・。
一番恐れていた、ホタル族の来襲だ。

仕方ない、先ほどすれ違った女性に教えてもらった、もう少し先のポイントまで行ってみる事にした。
その手前で一応間近でホタルを見る事は出来たが、いい写真も撮れず何か不完全燃焼に終わった。

そして今夜も・・・。
実は夜8時過ぎ、仕事帰りに自転車に乗って昨日の小川に様子を見に行ってきた。
しかし、気温がまだ少し低いせいかホタルが少ない・・・。
仕方ない、明日以降もしばらくは仕事帰りに様子を見に行こうと思う。

気が付けば、私も立派なホタル族に!?・・・。


 Pleaseクリック

posted by nori at 22:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記・雑記

2012年05月11日

スターフィッシュ

週末の午後、ふらっとひとりで深江の海を散策していると「XXさーん」と私の名前を呼ぶ声が聞こえた。
女性の声だったので、すぐに振り向くと・・・

20120508_1.jpg

海をこよなく愛するNさんファミリーだ。
子供たちはもうファイトー、イッパーツ的に元気に海につかり遊んでいた。

20120508_2.jpg

パドルボードに子供2人を乗せて波を越えていくNさん。
こういう親子の光景はイイねェ。

20120508_3.jpg

小学1年生になったばかりのKくんの見事な波乗りの勇姿。

20120508_4.jpg

と思いきや、海にダイブ!(笑)
ダイブも見事だ(ゾ)

今日は大潮で、今の時間帯は引き潮のピーク。
引いた砂浜にはエビやカニなど、さまざまな生き物たちと出逢う事ができる。

20120508_5.jpg

まずは、アサリ。

20120508_7.jpg

星の形をした所を掘り起こすと・・・。

20120508_8.jpg

スターフィッシュ(ヒトデ)を「くすぐったーい」と手にとるMちゃん。

20120508_6.jpg

そして気がつくと、スターフィッシュ・ハンターと化していたKくん・・・。(頼もしいゾ)

20120508_9.jpg

夢中になってヒトデを探す子供たち。(me too)

小学3年のMちゃんが私の娘も呼んで、というので、カミさんと娘を呼んだ。
しばらく、2家族で自由きままにのんびりと幸せな時を過ごした。
砂浜にスタートとゴールの線を引き、各自の持ちヒトデを競争させる。
このヒトデ30p走にはかなり力が入り興奮した。
どっちの方向に進むか予想できないのがまた面白いのだ。

シンプルでモノクロのような時間。
やはりこんな飾らない付き合いと時間はイイなぁ。

ありがとう。


 Pleaseクリック

posted by nori at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記

2012年05月08日

GW後半〜焚き火キャンプ

GW後半は家族で宮崎へ。

20120505_1.jpg

実家に2泊した後、帰る途中に一泊だけキャンプをしてきた。
場所は「阿蘇いこいの村」。
ここは、昨年もキャンプしたが、予約不要(入れない事はない程広い)で、木々の手入れもゆき届き、安価(大人1人千円)で快適に過ごせるのがイイ。

20120505_2.jpg

渋滞で午後4時に到着したが、子供の日の前日という事もあり子供の声が多く、まるで小学校のようだった。
いやぁ、今日は車もテントも混み混みだ。
とは言えココの場合、お隣さんとの距離は充分にある。

20120505_3.jpg

混んではいるが、天気は快晴。
この時期は、新緑が眩いばかりに萌えて実に爽快で気持ちイイ。

20120505_4.jpg

今回は車のルーフキャリアに一切積載なしの軽装備で、住居はタープと山用の小さなテント2張りのみ。
山で使用するソロテントに慣れると、デカイ5人用のテントは空間が広過ぎて逆に落ち着かないのだ。
これについては娘もカミさんも同意見だった。

実は最終的にこの日の夜は、2人用テント(青い方)に3人で寝てしまったのだ・・・。
以外と3人でも窮屈感はなかったし、夜は冷えたが3人の体温で支えあって温かく眠れた。

さて、子供の日は阿蘇でアソぶ!

20120505_5.jpg

娘は早速、草スキーで斜面を滑走。
面白そうだったので私も滑走!。
のハズが、やはり子供基準に斜面の角度が計算されてるのか、すぐに失速・・・。

20120505_6.jpg

日中は陽射しも強く、グングン気温が上昇し木陰がとても快適だった。

陽が沈み夕刻、いよいよ本番開始・・・。(プシュッ!!)

20120505_10.jpg

ビール、白ワインと順調に事は進み・・。

暗くなり8時を過ぎると冷えてきたので、焚き火の前で焼酎の湯割にチェンジ。(グビッ)

20120505_11.jpg

9時を過ぎると更に冷えてきたので、焚き火の温もりが身にしみて有難い。
普段は火を怖がる娘も、焚き火の炎は別モノに感じているのか、真っ赤に燃える薪を炭バサミで触り始めた。
オーイ、あまり触ると消えるゾ・・。
と心の中で思いながらも好きにさわらせといた。

家に帰り、娘に何が一番楽しかったか訊くと、「たきびー」と答えた。(nice !!)
更に、「また今度、土曜日がお休みの時に阿蘇に連れてってー」とお願いされた。(of course !!)

さて、火が消えぬうちに次なる計画を。(フフ)

今年のキャンプは煙が目にしみるなぁ・・・。


 Pleaseクリック

posted by nori at 21:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記・雑記

2012年05月06日

GW前半〜長崎の旅

GW前半は同じマンションに住むIさん家族と一緒に、長崎の佐世保を中心にハウステンボスへ出かけてきた。

20120428_1.jpg

宿泊先はIさんの会社が所有するハウステンボス内のワッセナー。
なんと今回は1家族、1棟ずつだ。(感謝)

20120428_2.jpg

なんとも優雅過ぎる暮らし。
裏口のドアを開けると・・・。

20120428_3.jpg

絵ハガキのような光景。
なんか出来すぎて落ち着かんなぁ・・・。
という事で外へ出て園内を散策する事に。
アトラクションとかはあまり興味がないので、娘に先導されながらハウステンボス内を一通り歩いた。

20120428_4.jpg

一番印象に残ったスコットランドの伝統楽器「バグパイプ」の演奏。
アメイジング・グレイスの演奏はじ〜んと響いたなぁ。

ハウステンボス内も綺麗でイイのだが、こういう作られた建造物はすぐに飽きてしまう。
ちょうどタイミング良く、娘が通う英会話のN先生家族が隣のキャンプテンボスでキャンプをしているというので、のぞきに行ってみた。

20120428_5.jpg

これは東電マンの電線工事ではない。
シューティングスターという立派な遊びだ。
中々面白そうだけど、高い所が苦手なのでパス・・・。

20120428_6.jpg

Nさんを発見するやいなや「まぁまぁ」と何(?)を勧めるので「まぁ!!」と遠慮なくいただいた。(プシュッ×2)
更にBBQまで頂き、キャンプ気分を充分味わう事ができた。(感謝)

20120428_7.jpg

夜はハウステンボスで偶然にも花火大会があったので一同で観に行った。

20120428_8.jpg

光と闇の王国。

20120428_9.jpg

光の海。
んー、綺麗だがこれまた出来すぎていて落ち着かない。

とそこへ、

20120428_10.jpg

闇夜に浮かぶカヌー出現!
ウズウズ・・・。

翌日は、九十九島周辺の西海パールシーリゾートへ。

20120428_11.jpg

まずは、ボリューム満点の佐世保バーガーをかぶりつく。

そしてなんと・・

20120428_12.jpg

ここには、レンタルカヌーがあったので娘とタンデム走漕した。(ウズウズ解消!)

20120428_13.jpg

続いては石岳展望台へ。

20120428_14.jpg

あいにくの雲空だが、ここからは九十九島が全望できる。
あの島、この島、あそこの島にもカヌーで渡りたいなぁ、と瞑想が膨らむのだ・・。(再ウズウズ)

次は、九十九島動植物園「森きらら」へ。

20120428_15.jpg

「よく来たメェ〜〜」とお出迎え。

20120428_16.jpg

国の天然記念物「ツシマヤマネコ」は見た目はとてもスリムで可愛らしいが、鋭い牙を持つ肉食獣だ。

最後に見たペンギンには癒された。

20120428_17.jpg

このペンギンのようにGW後半も飛び立ちたいなぁ。

という事でGW後半は南へ・・・。


 Pleaseクリック

posted by nori at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記

2012年04月30日

困ったワインオープナー

先週末は地元、深江で開催された「アースデイいとしま」へ行ってきた。
近所にこれだけの人が集まったのを初めて見たような・・・?

20120426_1.jpg


海の家をベースにした会場には所狭しとぎっしり衣食住さまざまな店が出店されていた。
既成の商品ではなく手作り感満載の店がほとんどなのがヨカッタ。
そしてこの開放的な海辺でのロケーションが、迎える者来る者全てをニヤーとさせてしまう自然効果があるようで、皆さんの笑顔が素敵だった。

20120426_2.jpg

娘は、滑走するカイトボードには目もくれず、同級生のSちゃんと砂遊びに集中していた。
さて、アースデイとくれば、次ばバースデイ!?

20120426_3.jpg

そう、とうとう私も8歳(?)になってしまった。
「もう年(とし)に十の位は要らんヨ」と娘に言うと、近所のKちゃんと手作りケーキを作ってくれて、いちごのローソク8本を立ててくれたのだ。(嬉)
更に、誕生日の夜はNさん夫妻も我が家へきてくれて、ワイン(×4)とワインオープナーをプレゼントに頂いた。(感謝)

20120426_4.jpg

このワインオープナーはスゴイよ。
レバーを「1、2、3」という感じで、下(コルクを刺す)、上(ボトルからコルクを抜く)、上(コルクを排出)と3回の上下運動だけでコルクの排出までしてくれる優れモノなのだ。(good job!)
今までの苦労は何だったのか、実に気持ち良く開けることが出来る。
これでコルクを開ける手間が皆無となり、もっと気軽にワインと接することが出来るハズだ。

と言うか、もうこれで3回開けているが、あまりにも簡単且つ見事に開くので、開けたくてしょうがなくなり、癖になりハマりそうだ。

困ったワインオープナーだ・・・。


 Pleaseクリック

posted by nori at 00:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記・雑記

2012年02月28日

土筆と雪

週末は地元の清掃ボランティアへ家族で参加してきた。
どんより曇り空の下、さぁ気合を入れて深江の街をキレイにするゾ。

ん、でも街というよりは・・・

20120226_1.jpg

広大な田んぼ。良くいえば田園。
まぁ、個人的には街よりこういう所の方が断然好きだからイイのだ。

20120226_2.jpg

参加者は年配の方がほとんどで、私のような若いモン(?)が少なかったのはちょっと残念だなぁ。

20120226_3.jpg

娘もゴミ袋片手に走りだした。

(私)ん!?・・。おいおい、走らないでゴミ拾うんだゾ。
(娘)キャッキャッキャッ。

(私)・・・。(まぁいいか)

20120226_4.jpg

田んぼの周りにはあまりゴミはなかったが、川沿いにさしかかると、

20120226_5.jpg

大量のゴミ、ゴミ、ゴミ・・・。
喝だ!

約1時間の清掃を終え、出発地点に拾ったゴミを置きに行くと、係りの人が清掃した人全員にサインをしてもらい茶封筒を渡していた。
なんと、今回の清掃活動は日当付きだったのだ。
そんなつもりは毛頭なかったのだが、断るのも失礼なので素直に頂いた。
帰り道は春を摘みながら帰った。

20120226_6.jpg<土筆>

いよいよ、春間近だなぁ。
自然界はウソをつかないからイイねぇ。(ウズウズ)

しかし、今外を見てビ・ッ・ク・リ。
またしても雪、雪、雪・・・。(嗚呼)
しかも追い討ちをかけるように停電になってしまった。
仕方ない、今宵はランタンの灯りで白いマッコリの雪見酒だナ。(グビッ)

20120226_7.jpg

これも自然の成りゆきなのだ・・・。


 Pleaseクリック

posted by nori at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記

2012年01月31日

忘郷の靴

先週の金曜日、仕事を終えスーツ姿のまま姪浜駅へ。
姪浜駅でカミさんと娘が乗る車に乗り込み、そのまま高速を走って、一路宮崎へ。

20120131_1.jpg
< 車窓から見える霧島連山 >

今回の帰省は入院中の親父のお見舞いが目的だ。
途中、北熊本でカミさんと運転を変わろうと靴を履きかえようとしたら・・・。

ん!?
もしかしてスポーツシューズ忘れた?
嗚呼、仕方ない。
このまま革靴で運転だ。

20120131_2.jpg
< 青島パームビーチホテルから >

おかげで宮崎では、たまたま車に積んでいたサンダルをずっと履いて過ごした。
冬だというのに、病院に行く時も、
青島の温泉に行く時も、

20120131_3.jpg
< 実家で収穫した柑橘類 >

庭のミカン等の収穫も、
ずっとサンダルを履いていた。

今回収穫した柑橘類は右からレモン、日向夏、デコポン、はっさく。
いやぁ、今年も豊作だ。(これらは山のエネル源になる)

そして日曜日、福岡に戻ってきて、またしても忘れモノに気付いた。

20120131_4.jpg
< 地鶏炭火焼店「あさひ」で暖をとる >

なんと今度は履いてきた革靴を実家に忘れてきた。

いやぁ、行きも帰りも靴を忘れてくるとは・・・。
(アホ×2です)


 Pleaseクリック

posted by nori at 22:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記・雑記

2012年01月04日

新年、箱根駅伝に酔う

新年あけましておめでとうございます。

今年は2年ぶりにカミさんの実家、小田原で新年を迎えた。

20120104_1.jpg
<湘南海岸(酒匂川河口)>

実家へ着いたらいつものように、番犬のリーが元気に吠えて迎えてくれると思いきや・・・、
リーは静かに寝ていた。
リーはもう生後18年だから人間に換算すると約90歳だ。
でも、散歩に連れて行くとしっぽを振って喜びを表現していた。

20120104_2.jpg

もう寝てばかりで足も弱り、目もほとんど見えていないが、知らない人が家の敷地内に入ってくると、ちゃんと吠えて番犬としての役割をきちんと果たしている。

リーの散歩の途中、駐車場前で娘が急に立ち止まり私に聞いた。

20120104_3.jpg

「パパ、どこに空(そら)があるとー?」
・・・。
娘は小学校で漢字を学び始めたばかりだが、ある意味これは何ともシュールな解釈だなぁ。

さて、1月2日は楽しみにしていた箱根駅伝だ。

今回は、風祭駅からすぐの「かまぼこ鈴廣」前で娘と2人で観戦した。
到着してすぐ、鈴廣前で樽酒が割られ振る舞い酒が・・・。
それにかまぼこまでも。

20120104_4.jpg

いやぁ、新年早々幸先が酔いなぁ・・・。(グビッ×4)

気持ち良く飲んでいると、上空で撮影しているヘリコプターがこちらへ近づいてきたので急いでコースの沿道へ移動した。
その時、優しい老夫婦の方が娘を間に入れてくれた。(感謝)

20120104_5.jpg

しばらく後、トップを走る東洋大の柏原が風のように通過した・・・。

20120104_6.jpg

早い・・・。
あんな細い体で、全力で走る姿は実に美しかったなぁ。

20120104_7.jpg

さて、今日から私は仕事始め。
今年は仕事と私事のメリハリをつけて、
娘とたくさん遊び、
山や海でたくさんのんびりしたいと思う。

今年は辰年。
そう、私は年男なのだ。

今年は更に酔い年(?)にしたいと思う・・・。


 Pleaseクリック

posted by nori at 18:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記・雑記

2011年11月21日

牡蠣小屋の後は・・

今年も糸島にあのイイ香りが漂ってきた。
それを確認すべく今日、午後4時前に福吉漁港へ。

20111120_1.jpg

んー、イイ香りだ。

20111120_2.jpg

夕方にも関わらず小屋の中はまだ客が多く、

20111120_5.jpg

牡蠣がパンパン弾ける音が聞こえていた。

20111120_3.jpg

早速我が家もちょっと早い夕飯を焼き焼きした。

20111120_4.jpg

いやぁ、海のミルクも麦のミルクもまことに旨かった。(グビッ)

そういえば今日は、牡蠣小屋のスタッフは皆地元ソフトバンクホークスのユニホームを着ていた。
今日は日本シリーズ最終戦なのだ。
牡蠣小屋から帰り我が家でもホークスの応援を。
次第に熱が入り、気が付いたらいつのまにかコレを着ていた・・・。

20111120_6.jpg

お蔭で(?)見事8年ぶりの日本一を決めた。
しかし、今年の日本シリーズは本当に毎試合熱い戦いだった。
優勝を決めて胴上げ前、選手を称える秋山監督の男泣きはとても美しかったなぁ。

20111120_7.jpg

そして歓喜のビールかけも・・・。

さて、今日はみんな酔いましょう。
麦のミルクで・・。(グビッ)


 Pleaseクリック

posted by nori at 00:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記・雑記

2011年10月30日

トレーラーハウス

ここはアメリカのハイウェイ。

20111030_1.jpg

何やら面白いものを牽引している。

20111030_2.jpg

・・・。

20111030_3.jpg

いやはや、さすがアメリカだ。

この写真は、先月まで一緒に仕事をしていたYさんから届いたアメリカからのメールだ。
さて、私も小さなハウスを担いで、小さな旅に行こうかな・・・。


 Pleaseクリック

posted by nori at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記

2011年10月16日

満足な日々を

今日は娘とヤフードームへ。
野球では残念ながらロッテに負けたが・・・。

20111015_1.jpg

これで満足。

さて、明日は天気も良さそうだし、外でおもいきり満足するのダ。


 Pleaseクリック

posted by nori at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記

2011年09月23日

切ない秋風

ここ一週間で一気に夏から秋へと変貌した。
台風が去り、急に秋風が吹きはじめて木々の葉も枯れ、クールビススタイルでは寒さが身に染みる。
夕方6時頃、仕事を終えたいところだが・・・、ひと休みしに百道浜を散歩するのが最近の日課だ。(ここ3ヶ月)
先週までは、ギンギンに突き射していた太陽の陽射しは力なく和らぎ、もう6時を過ぎると「お疲れサン!」と言いたいくらいに沈んでしまっている。
この時ばかりは太陽が羨ましく思えてしまう。

20110922_1.jpg

いやぁ、このままずっと百道浜で黄昏れたいのだが、いかんせん寒っ。
近くのコンビニにまで走って熱燗をグビッといきたいところだが、まだこれから仕事なのだ。

今年の秋風は妙に切ないなぁ・・。


 Pleaseクリック

posted by nori at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記

2011年09月07日

台風キャンプ in 長崎

もう、かれこれ10年来の付き合いとなるColemanの初代スクリーンタープ。
いつでもどこでも、どんな状態でも、快適な居住空間を創ってくれるとても頼りになる我が家の移動式コテージだ。

しかし、いくら頼りになるとはいえ今回は台風12号の最中、どうなることやら・・・。

201109051_0.jpg

前々からカミさんとKさんが計画していた今回のキャンプ。
雨にも負けず風にも負けず強行し、Kさんファミリーと共に、大人4人、子供4人の総勢8人で長崎のハウステンボス近くにある大崎キャンプ場へ。

201109051_2.jpg

現地には午後1時前に到着。
気にならない程度の霧雨が降り続いているが、風は流石に強い。
こんな悪天候だから今日は他にキャンプする人はいないだろうと思っていたが、外人さんファミリー2組が一緒だった。

201109051_3.jpg

風が強いので、今回は張り網を特に強固に。
コテージと、高床式の寝床が建つと、

201109051_4.jpg

子供たちは安心したのか、周辺の探検に出かけた。

201109051_5.jpg

すぐ裏手にある静かな湾。
台風が接近している海とは思えない静けさ。
誰が言うでもなく、一同水切り石投げを開始した。
早速私が娘に見本の第一投を。

201109051_6.jpg

ズボっ・・・。

「今のは悪い例ネ」
と弁解し、薄くて丸い石を真剣に選定しなおし、いざリベンジ第2投。

スー、スー、ス、ッ、ッ、ッ、ッ、(成功)

201109051_14.jpg

今回が初キャンプとなる、6歳のジョー君となぎさ君、そして1歳の山ガールさきちゃんは、こんな天気にも関わらず雨に濡れながらも目いっぱい外で遊んでいた。
んー、イイ光景だね。

夕方になると子供たちが、自らの夕食カレーを作り始めた。

201109051_7.jpg

慣れない手つきでニンジンを切っていた なぎさ君が、少し手を切ってしまうハプニングがあったが、体を張って作ったカレーは見事に旨かった。(ゾ)

201109051_8.jpg

カレーを作り終えると、子供たちは静かに会議を!?
と思ったら携帯ゲームに夢中だった・・・。

201109051_9.jpg

炭が元気に熾きるとBBQだ。
Kさんが仕入てきた豚も牛肉も絶品だったなぁ。(グビッ)

201109051_10.jpg

子供たちはテラス(?)の上でカードゲームUNOで盛り上がっていた。
んー、これもイイ光景だね。
そして真暗になると・・・。

201109051_11.jpg

待ちに待った花火だ。
こんなに涼しくて快適な夜の花火は久しぶりだった。
んー、これは益々イイ光景だね。

そして夜8時を過ぎると子供たちはテントに入り、静かに眠りについた。(ZZzz・・)

201109051_12.jpg

さーて、待ちに待った大人たちの時間だ。
今夜はマッコリでまったりと。(グビッ)
マッコリは韓国のにごり酒だが、ほんのり甘くて軽く(アルコール6%)非常に飲みやすい酒だ。
まさに大人のカルピスだ。

201109051_13.jpg

ベビーカーのさきちゃんの寝顔を見ながら。(グビッ)
山の話や、棒ラーメンの話(?)など楽しい夜のひと時は過ぎてゆく。

201109051_1.jpg

そして、大人たちも皆テントに入った後、しばらく一人でまったりしていたのだが、いつのまにか椅子に座ったまま気持ち良く眠ってしまった。
いやぁ、それだけこのコテージは居心地がイイのだ。(特に夜は)

さぁ、今度は秋に鍋キャンプだな。
もちろん、この頼りになるコテージで。

マッコリでまったりと・・・。


 Pleaseクリック

posted by nori at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記・雑記

2011年08月30日

七山の夏

娘の夏休み最後の週末は、家族で七山へ遊びにいってきた。

20110828_1.jpg

まずは七山の山間を流れる玉島川へ。

途中、地元の物産店を見つけたのでちょっと寄り道を。
駐車場へ車を乗り入れると、車を誘導しているおじさんが何も聞いていないのにいきなり
「川遊びはあっちですよ。ここを出てすぐ右折して・・・」
と。
私「あのー、買い物に来たんだけど・・・」
と言うと、裏へ誘導してくれたので車を移動すると、他の誘導員さんが寄ってきて、
「川遊びはあっちですよ。ここを出てすぐ右折して・・・」
とまた・・。
そんなに遊び人に見えるんかいな?

20110828_2.jpg

物産店で食材を買い、おじさんの言うとおりに川遊び現場の鳴神公園へ。
ここは天然河川プールという感じで、深場もなく小さい子供たちが安心して遊べるところだ。
流れもあるので、浮き輪があれば結構楽しめる。

20110828_3.jpg

今日は暑かったが、川の水が冷たくとても気持ちヨカッタ。

20110828_4.jpg

七山の川ガキは健在だ。

20110828_5.jpg

川ギャルは川オヤジに引っぱられ・・・。

20110828_6.jpg

川遊びの後は次なる水場、温泉へ。(ななのゆ)
いやぁ、背振山系の山々を見ながら入る露天風呂はサイコーであった。

20110828_7.jpg

温泉の後は次なる水場へ。
観音の滝へ向かう山道は夏真っ盛りという感じで蝉が「ミ”−ン”、ミ”−ン”」と鳴き叫んでいた。

20110828_8.jpg

カマキリが獲物を狙っている・・。(わかるかな?)

20110828_9.jpg

いやぁ、七山の夏はまだまだ暑かった。

暑い時には・・・

そう、のまなくっ茶。(ぐびっ)


 Pleaseクリック

posted by nori at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記

2011年07月28日

山へ、川へ、海へ

久しぶりに山を歩きたくなった。

20110725_2.jpg

土曜日の午前中、カミさんと娘に見送られ、ゆらりんこ橋をスタート。

20110725_3.jpg

暑いが、久しぶりに木漏れ日の中を歩くのはとても気持ちよくウレシかったなぁ。

それに、今回はコレのおかげで・・・

20110725_4.jpg

マジCOOLだった。
(モーター音が気になるが・・)

青い紫陽花と、

20110725_0.jpg

青い空と、青い海。

20110725_1.jpg

二丈岳にはやはり青が似合う。

下山後、なんとなくプールに行きたくなった。
(実は娘と約束していたのだ)
夕刻から家族で総合西市民プールへ行き久しぶりにプールで泳いだ。
ここは水深3.3mの本格的なコースがあり、とても優雅に泳ぐことができる。
とはいえ久しぶりに泳いだせいか全身の筋肉がすぐにパンパンに張って5往復しか泳げなかったが・・・。

翌日も天気が良かったので、涼を求めて川へ行きたくなった。

20110725_6.jpg

ということで、近所の加茂川へ。

20110725_7.jpg

早速、娘と獲物を探す。
娘のアンパンマンの虫取り用の網でガサガサをやると・・・。

20110725_8.jpg

めだかゲット。

20匹くらい採ったところで、次なるスポットへ。
車で3分程走った深江海岸。

20110725_9.jpg

時は16時を過ぎ、帰宅組も多かったが、まだなだ子供たちの歓声もあがり海は元気いっぱいだった。

20110725_10.jpg

娘は浮輪でプカプカ。

20110725_11.jpg

私はカヌーでプカプカ。

いやぁ、この2日間で近くの山、プール、川、海へくり出した。
それぞれ短い時間だったが、近場でこういうトライアスロン的な遊び方は面白かった。

また新たなスポットを開拓して、トライアスロン(?)をやろうと思う。
そして最後はプカプカで〆るのだ。
(&プシュッ)


 Pleaseクリック

posted by nori at 00:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記・雑記