logo.jpg
   川の流れのように、ゆったり、のんびり、ほっとするような内容を綴っていこう。

2013年09月18日

のんびりの秋

週末は秋晴れの下、久しぶりに家族でのんびり阿蘇で過ごしてきた。

20130918_1.jpg

阿蘇山の斜面では放牧牛たちがのんびり。

20130918_2.jpg

阿蘇山もススキを揺らしながら、青空の下でのんびり。

20130918_3.jpg

いつもは固いアスファルトの上でしか過ごしていない赤プリ子も、木々に囲まれた広い草地の上でのんびり気持良さそうだ。

20130918_4.jpg

娘も木陰でハンモックに揺られのんびり。

20130918_5.jpg

カミさんと娘が買い出しに行った隙に、私もの〜んびり揺られた。
そのまま至福の昼寝Timeへ。Zzz…

20130918_6.jpg

夜はやはり少し冷えてきたので、焚き火と酒で暖をとりながらのんびり。

20130918_7.jpg

今回は焚き火にとても合うワイン「ヨセミテ・ロード」をチョイス。
セブンイレブンで598円也、リーズナブルで高コスパ。
軽い酸味と爽やかでフルーティな香りが飲みやす過ぎるシャルドネ(白)。
ヨセミテに想いを馳せながらグビグビッと一気に飲んでしまった・・・。(旨)

20130918_8.jpg

翌朝も私と娘は、ハンモックでのんびり。

いやぁ、今回の秋キャンプは天気も良し、虫も人も少なくて良し、気温も快適で良し、風も心地良くて良し、とコンディションは◎だった。
こういうのんびり秋キャンプは是非続けていきたいと思う。

という事で、今年から秋の言葉(冠)を勝手に追加しよう。

・食欲の秋
・スポーツの秋
・芸術の秋
・読書の秋

そして、

20130918_9.jpg

・のんびりの秋

たまには身も心もスイッチをオフにしましょう。

ちょうど明日(9/19)は中秋の名月。
秋の夜長、満月を肴に、の・ん・び・りと月見酒なんぞ乙じゃないですか?(グビッ)


 Pleaseクリック
posted by nori at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記

2013年08月30日

スズムシ

週末は単身宮崎へ帰省した。

まずは気になっていた仕事を・・。

20130829_1.jpg

実家の庭の草が伸び放題になっている箇所があったので、まずは草刈りを。
なぜか最近、草刈りが面白くなってきた。
草刈り機欲しいなぁ・・。

日中は、母とご近所のノムラさんと3人で親父の墓参りへ。
その後、百姓市場やスーパーやドラッグストアで大量の買い物をし、昼はいつもの竜宮ラーメンへ。

20130829_2.jpg

いやぁ、ノムラさん、実は90歳なのだがラーメンを見事完食された。
ラーメン屋に来たのも久しぶりだったようだが、何よりもここのラーメンがたいそう気に入られた様子だったのでこちらも嬉しくなった。

夕方からは3人で青島の温泉へ。

20130829_3.jpg

温泉も久しぶりだったようで、湯船から青島の海を眺めながらゆっくりと入浴されたようだった。

20130829_4.jpg

なかなかお二人さんが出てこないので、3Fの待合ロビーでしばらく海を眺めていた。

20130829_5.jpg

おっ、やってるなぁ、海の掃除を・・。
もとい、SUP(スタンドアップ・パドル・ボード)だ。

ようやく15分後に出てきたお二人は、笑顔も肌艶も良く二十歳は若返っていた。

そして今日、電話をすると、
「これからノムラさんと温泉に行くとよ」
と、まるで小学生が遠足に行くかのように、声高らかに話していた。
やはり温泉で若返ってきたようだ・・・。

20130829_6.jpg

先週の宮崎はとても暑かったが、5日後の今日はだいぶん暑さも和らいだ。

夜、部屋の窓を開けると夏の虫に交じって「リーン、リーン」と涼しげなスズムシの鳴き声が聞こえてきた。
いやぁ、イイなぁ。(グビッ)

それにしても、やけに風が吹きこんでくるなぁ、と思っていたら、
台風15号接近中のようだ・・・。


 Pleaseクリック

posted by nori at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記

2013年08月24日

野遊び

週末は久しぶりに家族3人で山に登った。
日中はまだ体が溶けそうな暑さだったので、気楽に登れて涼しい気分も味わえる夢のような山、立石山を目指した。
しかし、今日の芥屋は海水浴客でごった返していたので、いつもの海抜ゼロのビーチからではなく裏側の中腹まで車で登って、電波塔から歩き始めた。

20130820_3.jpg

歩き始めて約20分で山頂到着・・・(早っ)。

20130820_4.jpg

いやぁ、景色は最高だし爽快だなぁ。
と言いたいところだが、日射しが強過ぎて下界の海が羨ましいの何の・・・。

20130820_5.jpg

暑くて早く下りたい、とみんなが急かすが、せっかく登ったから久しぶりに娘とツーショットを。

はい、相変わらず私は親バカです・・・。

さて、話は前後するが今年の盆休みは小田原の実家へ帰省した。

20130820_0.jpg

小田原では4日間の滞在だったが、「食う寝る遊ぶ、そして呑む」のダラダラと甘えた生活をさせてもらっていたので、何かお手伝いをと、懇願すると・・。

20130820_1.jpg

広大なミカン山の草刈りに決定。

20130820_2.jpg

草刈り機を使った久しぶりの農作業はこれまた炎天下の中だった為、滝のような汗をかいたが休憩の時、みかんの木の下でおばあちゃんと弟と3人で食べたあの甘〜い梨の味は忘れられない。

もうひとつ忘れられないのが、小田原に住んでいた当時(15年程前)、良く釣りやキャンプ等をして遊んだH君と再会したことだ。
久しぶりの再会だったが面影は驚く程に変わらず昔のまんまだったので、会った途端に二人とも気持ちだけは10数年前に戻った。
まずは小田原駅前の焼鳥屋に飛び込み、再会を祝した。
久しぶりに食べたコチラの大振りな焼鳥は実に旨かった。
高校時代を山岳部で過ごしたH君の山の話しも旨かった。
焼き鳥も話しも旨いものだから、ボトルもすぐに一本目が空き、二本目に突入。

20130820_6.jpg

「野遊び こがし芋」
この焼酎のネーミングが気にいって注文したのだが、いやはや名前のとおりで、香ばしい香りがなんとも言えぬ旨さだった。
この焼酎は絶対焚き火に合うと思うナ。

そんな事を想像しながら、来年は屋久島での再会を約束をしたのだった。
H君とは、またイイ思い出作りができそうな気がするなぁ。

もちろん野遊びの・・・


 Pleaseクリック

posted by nori at 01:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記・雑記

2013年07月22日

海のひまわり

ひまわりはいつも太陽を見ている。

20130720_1.jpg

地上の太陽、向日葵(ひまわり)は、私たちに元気とパワーを与えてくれる存在だ。
私もひまわりのように陽光を思いっきり浴びたくなり、週末の午後から近所の海へ出かけてきた。

20130720_2.jpg

途中、糸島のトーテムポール(?)を発見。
これ、実は遊具なのだが、とてもアートで青空とマッチしていた。

20130720_9.jpg

チャリで深江海岸まで移動、荷はザックひとつ。
(だけど中身は遊び道具満載)

20130720_3.jpg

今日は海辺でシンプルに過ごす。

20130720_4.jpg

暑過ぎて目が廻った(?)巻貝くん・・。

20130720_6.jpg

海に入ると生温かったが、少し沖まで泳ぐと冷っとして気持がヨカッタなぁ。
濡れモノはココに干せば、あっという間に乾く。

20130720_7.jpg

夕方近くになると近所の子供たちが大勢で海に入り元気にはしゃいでいた。
いい光景だね。

20130720_8.jpg

喉が渇いたので、シャナまで行って生ビールを飲んだ。(グビッ×2)
いやぁ、やはり生は旨いっ・・・。

20130720_5.jpg

しかし今日はマジで凄まじいド快晴で暑かった。
砂浜に裸足では5秒も立っていられない程だった。

20130720_10.jpg

ひとりで来られた中年の男性がひと泳ぎした後、波打ち際に座り、のんびり広い海と西陽を眺めながら涼んでいた。

まるで海のひまわりのように・・・。

いい光景だなぁ。


 Pleaseクリック
posted by nori at 21:50| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記・雑記

2013年07月16日

ヒグラシ

3連休は家族で宮崎へ帰省した。

20130716_1.jpg

霧島連山が見えてきたら、あと1時間で実家に着く。

20130716_2.jpg

初夏の美しい緑の牧場。

今回の目的は、今年1月に亡くなった親父の新盆と納骨だ。

20130716_3.jpg

盆前夜はキャンドルで迎え火を焚いた。

20130716_4.jpg

門から玄関まで、ローソクの炎で導く。

14日が新盆。
前夜と当夜は、焼酎が好きだった親父の意志を継いで、夜更けまで松の露で杯を重ねた。
そして15日に納骨。

何とか無事に全ての祭儀(新盆、納骨)を終えることが出来た・・。

20130716_5.jpg

やり終えた安堵感と気分転換を兼ねて、ちょっとだけ近くの海(木花)を見に行ってきた。
ここはサーファーのメッカ。
パッと数えただけでも30人位は海に入っている。

20130716_6.jpg

いやぁ、気持良さそうだなぁ。

そして昨日の夕方、糸島に帰ってきた。

20130716_7.jpg

可也山の麓も稲穂の緑が輝いていて実に綺麗だった。
家に着くと裏の雑木林から、あの鳴き声が響いていた・・・。

20130716_8.jpg

ヒグラシ。

「カナカナ、カナカナカナカナ・・」
と日暮れを惜しむように、静かで綺麗な音を奏でていた。
数匹のヒグラシが、まるで何かの曲を即興で演奏しているかのように、強弱をつけて音を重ね、絶妙な間をおいて次の音が被さる。

以前、キース・ジャレット・トリオのマイルス・トリビュートライブ(Live At Open Theater East 1993)を聴きにいった時に、「I Fall In Love Too Easily」の美しいエンディング・ソロの途中でどこからともかくヒグラシの鳴き声が聞こえてきた。
その「カナカナ、カナ・・」の音がマイルスのミュートトランペットの音に聴こえた、という不思議な体験を思い出した。

しばらくヒグラシの物悲しく切ない、親父へのトリビュートのような合唱に聞き入った。
(合掌・・)


 Pleaseクリック
posted by nori at 23:31| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記・雑記

2013年07月12日

おつかれさん

夕方、涼を求めて自転車でちょこっと海に寄り道を。

20130712_1.jpg

梅雨が明けたら連日この澄みきった空。
この空にはやはり・・・

20130712_9.jpg

これでしょう、このプシュッ。
最近、天気がイイ時はいつもこの「澄みきり」を飲んでいる。
気持と合致するこのネーミングが何とも嬉しい。

時間は19時。
とは思えないこの太陽のパワー。

20130712_2.jpg

この時期、泳ぐにしても一番気持ちのイイ優雅な時間帯に水上スキーが黄金色の照明を浴びながら海を滑走していった。

20130712_3.jpg

ビーチも徐々にオレンジ色に染まってきた。

20130712_4.jpg

波打ち際を散歩するご夫婦。
いいなぁと思って見ていたが、黙々と奥さんが先導して前を歩いている。
力関係か・・・ナ?

そんなドラマチック(?)な光景を見ながらも、陽は少しずつ沈んでいく。

20130712_6.jpg

姫島の周りを一面オレンジ色に染めると、

20130712_7.jpg

19時半、とうとう陽は沈んでいった・・・。(good job)
おつかれさん。

そして1時間後、

20130712_8.jpg

今度は西の水平線上に、極細の二日月がオレンジ色に染まりながら沈んでいった。
久しぶりに見た美しい二日月。
おつかれさん。

と思っていたら逆にグイグイ昇っていった・・・。
がんばれ、お月さん。

明日から3連休。
みんな、おつかれさん。

充電なんかしないで、放電しましょう・・・。


 Pleaseクリック
posted by nori at 22:56| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記・雑記

2013年07月02日

3つの夕日

スイカが似合う季節がやってきました・・・。

20130702_1.jpg

週末は娘が通う英会話教室のN先生ファミリーと糸島の野北海岸でのんびりしてきた。

20130702_2.jpg

梅雨の時期、海に遊びに来るのは、ほとんどがサーファーなので人も少なく静かで良かった。

タープを設営し、プシュッと乾杯したら早速Kくんに遊びに誘われた。

20130702_3.jpg

小2のKくんとタンデムでカヤックを漕ぎだすと、すぐに「それ貸して」と言うので、波のない沖まで私が漕いでやってから、Kくんにパドルを渡した。

おー、中々うまくなったなぁ。

しかし着岸時に波に煽られ激沈・・・。
いいよ、いいよ。この水温なら沈しても気持ちイイ。

カヤックで遊んだ後は、今回とても楽しみにしていたパドルボードを。

20130702_.jpg

このパドルボード、立った状態でパドリングするので、初めて見た時は海を掃除(ホウキで掃き掃き)しているように見えた。
そんなシュールさに惹かれて、今回Nさんのボードを借りて私も初挑戦した。

20130702_5.jpg

いやぁ、陸上と違って海上で立って掃除するのはなかなか難しかった・・。
膝をたてて中腰で立つも、波が少しでもくると海にダイブーー。
何度もダイブした甲斐あって、ダイブはだいぶ上達したゾ。(照)

ダイブばかりでは飽きるので、まずはボードに慣れようと仰向けに寝転がった。
これが実に爽快で気持良かった。
カヤックだと水の上で横に寝れないので、とても新鮮な感じがして、新たな遊び(Sleep Boad?)を発明したのだった・・。

20130702_6.jpg

海を見ながら会話中の娘とMちゃん。
イイ光景だなぁ。

20130702_8.jpg

さて、せっかく目の前に小さな島(コブ島)があるので、ちょこっと行ってみよう。(片道約1.5km)

20130702_9.jpg

約20分でコブ島到着。

島の周辺はエメラルドグリーン。
これで晴れてたらスゴク綺麗だろうなぁと、海の中にカメラを入れてカシャッ。

20130702_18.jpg

素晴らしい海だ。
今度はタコめがね、シュノーケル、釣り竿、プシュッ持参で来よう・・・。

せっかくなので島に上陸したかったが、正面は岩だらけで上陸できそうなポイントが見つからない。
もう5時半だし、また今度・・・。

20130702_10.jpg

ベースキャンプに戻ると、子供たちはまだまだ元気に海で遊んでいた。(良々)
Kくんの見事なサーフィン。
すぐにこの写真をチェックしに来て「うん」と納得した君は立派なナルシスト!?、
いや、サーファーになるゾ・・。

20130702_7.jpg

もう6時を過ぎると海も貸し切り。

20130702_17.jpg

再度炭を熾して豚バラを焼いた。
遊ぶと腹が減るのだ。(旨)

20130702_11.jpg

曇っていたが水平線の上だけ不思議と隙間が開いていて、一文字の夕日に染まってきた。
これからの静かな時間がイイのだ。

20130702_12.jpg

Nさんの見事な掃除・・、
もとい、夕日を浴びながらのパドルボード姿はとても優雅だ。

20130702_13.jpg

広い砂浜を走り回る子供たちの姿もとても優雅でイイ。
見ているだけでとても落ち着く。

20130702_14.jpg

波打ち際で、水平線が帯状に赤く染まった夕日を見ながら、ひとり黄昏れる娘。
絵になるなぁ・・・。(親バカ)

そして午後7時半、クライマックスが・・・。

20130702_15.jpg

なんと、水平線の隙間から真っ赤な夕日が顔を出した。
しかも、夕日が1つ、2つ、3つも!

この3つの夕日をみんなで静かに鑑賞した。

静かな夕日(×3)と、
元気な子供たち(×3)に感謝。


 Pleaseクリック
posted by nori at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記

2013年06月09日

蛍酒

夜の隅田川。

20130609_1.jpg

次々に流れてくる遊覧船を羨ましく思いながらひとり、勝どき橋を歩いてホテルへ帰る東京砂漠の日々も終わった。
せっかく築地に来たので、

20130609_2.jpg

テイクアウト専門の寿司屋で大トロ寿司をゲット。
時間が遅かったせいもあり、なんと3割引(693円)でこの豪華さ、
さすが江戸前寿司、旨過ぎて本当にトロけた・・。

そして昨日、福岡に帰ってきたら、無性に焼き鳥が食べたくなったので、

20130609_3.jpg

マルキョウで若鳥もも肉を買い、串に刺して、B-6君で焼いた。

20130609_4.jpg

いやぁ我ながら、
旨いなぁ・・。

夕暮れ時、山を見ながらもの思う。

20130609_5.jpg

そろそろ蛍が乱舞いする時期だナ。(昨年の蛍はココで)

という事で、様子を見に近所の蛍ポイントへ出かけてきた。

川沿いを歩いていると、小さな光がゆっくりフワフワ舞っていた。
続いて某短大まで足を運んでみると、
おー、光っとる、光っとる。
まだ蛍の個体数は少なかったが、これからが本番だろう。
また来週、アレを持って蛍酒を楽しもうと思う。

さて、ここまで歩いてきて喉も渇いてきたことだし、ちょっとシャナに寄り道を。

寄り道のつもりが、黒ビールに始まり、ピッツァを食べ、ボウモアを飲んで、締めは・・・

20130609_6.jpg

ラフロイグ。
この独特で強烈なピートの香りがやみつきになるのだ。

いやぁ、結果的にはイイ蛍酒になってしまった・・。


 Pleaseクリック
タグ:B-6君
posted by nori at 14:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記・雑記

2013年06月04日

砂漠へ

久しぶりに仕事で出張へ。

20130604_1.jpg

蒼い空と白い雲の砂漠を見ながら、
いざ、現場へ。

20130604_2.jpg

厳粛な雰囲気・・・。

20130604_3.jpg

パイプオルガンの音が響き、この場に入ると凄く安らぐなぁ。

でも、残念ながら仕事場はこの横にあるフツウの部屋。(嗚呼)

仕事を終え、1週間の缶詰宿へ。

20130604_4.jpg

カーテンを開けると・・。

20130604_5.jpg

眩しい夜景の砂漠・・。

ここはどこ?
的な感じでまだフワッとしている自分。(大丈夫かいな)

焼酎でも飲まんとやってけないナ。(グビッ)

という事でとりあえず一升買ってきたが、足りるかなぁ・・・?



 Pleaseクリック
posted by nori at 23:53| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記・雑記

2013年04月22日

月見かっぽ酒

週末は寒かったなぁ。
しかも雨。
こんなグレーな日は焚き火に限る。

20130421_1.jpg

という事で、ふむふむさん邸で男衆3人で火を囲んだ。

20130421_4.jpg

おっと失礼、可愛いレディが1犬。
ミスティ嬢がいた・・。

某大な竹を刈ったばかりの裏庭には、当たり前のように某大な竹が横たわっていた。
使い道を模索するまでもなく、今日の寒さにはかっぽ酒しかあるまい。

20130421_2.jpg

焚き火にかっぽ酒を投入し、沸騰するのを待つ時間がまたイイのだ。

20130421_3.jpg

竹ジョッキに並々とかっぽ酒をつぐ。
「しかし、この竹ジョッキ、えらいデカクねぇ?」
との意見もあったが、我々にはちょうどいいサイズだな、というのが最終見解だった・・。(グビビッ)

夜8時を過ぎたあたりで雨が上がったので、ガレージ内から外へズルズル移動を。

20130421_5.jpg

空を見上げると木々の間から見事な月が。
良し、これは月見かっぽ酒だな。

20130421_6.jpg

焚き火も豪快に。
かっぽ酒も豪快に。
日本酒3リットル消費!?
まぁいいっか・・・。

そして翌日は打って変わって快晴。

20130421_7.jpg

諸用を済ませ夕方から娘と散歩を。
深江の海の家では昨日、アースデイ糸島が開催されたが見事にゴミひとつなく片づけられていた。(good job!)

20130421_8.jpg

静かに沈む夕日。

反対側は・・。

20130421_9.jpg

これから出番の月。

いやぁ、昨夜のかっぽ酒を思い出すなぁ・・・(ゴクッ)


 Pleaseクリック
posted by nori at 01:03| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記・雑記

2013年04月02日

サプライズに酔う

土曜日の午後2時過ぎ、ちょっと時間ができたので久しぶりに裏山(二丈岳)に登る事に。

20130331_10.jpg

家を出て10分程歩くと登山口手前でモクモクと煙が上がっているのが見えた。
どうやらBBQを楽しんでいる方々のようだ。
通りすがりに一言挨拶をすると・・・。

20130331_0.jpg

「ちょっと寄(酔)っていかんね。採れたての山菜があるけん」
と。

久しぶりに山へも登りたかったが、良く見ると皆さん楽しそうで、幸せそうな顔、顔、顔・・。

20130331_2.jpg

これも何かの縁(宴)
と思い
「じゃぁ、すんません。ちょっとだけ・・・」
という感じで参加させてもらった。(プシュッ!)

実はこのお誘いはとても嬉しかったのだ。
なんせ採りたての山菜だ(ゼ)。
するとメンバーの中に先日シャナでお会いしたSBさんの姿が。
「いやぁ、どうもどうも」
と、これを機に心がオープンした。

20130331_3.jpg

タラ、タケノコ、つくし等々、採りたての山菜天ぷらが次々と並んだ。
どれもコレも実に旨いっ。
ビールの次は焼酎も頂き・・、(グビッ!)

20130331_4.jpg

〆は猪鍋うどん。
なんと前回はココで猪の丸焼きを堪能したそうだ。(羨)

20130331_5.jpg

少年たちはじっとしておらず良く動いていた。
タケノコ掘りの後は火の世話を。(good job!)

20130331_6.jpg

このかまどには大量のタケノコが。

20130331_7.jpg

薪で湯がいたこれらのタケノコは皆さんのお土産品。
なんと私も頂いた。(感謝)

今回はサプライズなお誘いにも関わらず沢山食べて、飲んで、楽しませてもらったので、次回はお礼を兼ねて色々手伝いをして汗を流そうと思う。
話しを聞くと皆さん、色々面白そうな地域の活動をされており、とても興味をそそられた。
是非また一緒にやらせてもらいたいと思う。

20130331_8.jpg

陽が傾いてきたら、焚き火。

20130331_11.jpg

焚き火も豪快に。
いやぁ、イイ人たちだ・・・。

20130331_1.jpg

気がつくと、もう日が暮れかけていた。
サプライズなひと時に酔い、久しぶりにイイ人たちと気持ちの酔い時間を過ごさせてもらった。(感謝)

今度は是非、イイ汗をかきたいと思う。
その後は・・・。
(プシュッ!)


 Pleaseクリック
posted by nori at 22:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記・雑記

2013年03月24日

春がきた

父が旅立ってもうすぐ2ヶ月が過ぎようとしている。

20130324_0.jpg

楽しい事が好きだった父。
先日、部屋で釣り竿の整理をしていると、嬉しそうに親父が私の様子を見ていた。
(実はこれは夢の中のワンシーン)

親は、子供が楽しんでいる姿を見るのが一番安心する。
この夢をみて更にそう思えるようになった。
「仕事が忙しく帰りが遅い」とか言うと、親は逆に体を気遣い心配してしまうものだ。
私も娘を持ち、益々そう思えるようになった。

そもそも「忙しい」という言葉が私は大嫌いだ。
逆に「暇よ」と笑顔でサラッいう人がいたらすぐに好きになる。
それは、勇気があり、自信があり、心のゆとりがないと言えない言葉だからだ。

そんなこんなで楽しんでいる姿を見てもらう為にも、前を向き、自分らしさを取り戻すためにそろそろブログを再開しようと思います。

さて、まだ山への足は遠のいているが、裏山周辺でフキノトウやツワブキ等の山菜をのんびり採りながら散策し、体力、気力、遊力を取り戻そうとしているところだ。
そう、こんなイイ季節に家でじっとしていれる訳がない。

20130324_1.jpg

やはり桜はイイねぇ。

20130324_2.jpg

1ヶ月程前に採って食べた土筆だが、隣の公園にはまだこのとおり盛々元気な土筆たちが・・。

20130324_3.jpg

今は娘たちと遊ぶのが一番の気分転換になっている。
そういえば最近、外で遊ぶ子供たちの声が良く聞こえてくるようになった。(良しよし)

20130324_4.jpg

近所を散歩してると高台にある桜もほぼ満開で、花見客も1組。(羨)

20130324_5.jpg

某キャンパス内は苔道もあり、鳥のさえずりを聞きながらとても安らいだ。
動物たちも活発に動きだし、

20130324_6.jpg

アヒルや、

20130324_7.jpg

ニワトリも。
しかも道端で放し飼い!?
自由に飛び回り、おいしい卵を産んでくれそうだなぁ。(ゴクッ)
更に朝でもないのに
「こけこっこー!!」
て、もうすぐ夕方だゾ。

春の散歩はとてもシュールだ・・・。


 Pleaseクリック
posted by nori at 23:58| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記・雑記

2013年02月06日

父への想い

自分が子供の頃、父親とあまり遊んだ記憶がない。
その当時の父親の仕事が土日休めない仕事だったことが原因だが、要所、要所で少ない時間をとって私にとって重要な遊びを教えてくれた。

釣り

キャンプ

映画

そして酒

その親父が1月31日未明、家族全員にみとられ、静かに永遠の眠りについた。

病床中、酸素マスクを着け、息苦しい危篤状態にも関わらず、私たちを思い、気遣って
「帰って飲め」 (=「帰って焼酎飲め」)
と言葉を振り絞って言ってくれた。

昨日帰福して今日から仕事復帰したが、身心ともにまだ仕事が受け入れられず、今日は早退した。

20130206.jpg

17時前に駅に着いたが、ちょっと気分転換に深江の海に寄り道した。

まだまだ親父と飲んで、話をして、釣りをしたかった・・・。

喪に服す意味で、しばらくの間このブログを休止しようと思います。

でも、家に帰ったら親父の意志を継ぎ
「帰って飲む」
のだ。

最後に、ビル・エバンス(p)とスタン・ゲッツ(ts)の優しくて、強く、温かい演奏を。
Grandfather's Waltz」(←ココをクリック)

(感謝)


 Pleaseクリック
posted by nori at 23:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記・雑記

2013年01月05日

脱皮の年

正月は宮崎で過ごし、今日帰ってきた。

2013年
あけましておめでとうございます。

20130105_1.jpg

実家の庭へ何匹もやってきたメジロたち。
姿も、鳴き声もとても可愛くらしくてずっと見ていても飽きない。

福岡への帰路、高速道路から高千穂の峰の雄姿を見て想った。

20130105_2.jpg

早く山に登りたいなぁ。(=山deのんびり してぇー)

今年は巳年。
そう脱皮の年だ。
殻を破って、いろんな意味で変化の年にしたいと思う。

さてと・・。


 Pleaseクリック
posted by nori at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記

2012年12月30日

酔いお年を

今年もあと2日。
2012年を無事に過ごさせてもらったことを太陽と地球に感謝。

20121228_3.jpg

仕事も無事終え、

20121228_1.jpg

納会での〆は韓国鍋と、もちろん三岳だ(ゼ)

20121228_6.jpg

忘年焚き火の宴もやったし、

20121228_2.jpg

子供たちとも沢山遊んだし、

20121228_4.jpg

比較的ゆっくり過ごせた一年だった。

が、しかし、

20121228_5.jpg

自然の中でガッツリ過ごした時間があまりなかったなぁ、と焚き火の前で反省・・・。
来年こそは。

と夢を大きく抱き、今年を締めくくるのだ。

クラーク博士の言葉ではないが、
「中年(?)よ、大志を抱け」
の精神で、来年は子供たちに負けないよう自然と戯れようではないか。

ではみなさん、2013年に向って、酔いお年を・・・。(グビッ)


 Pleaseクリック
posted by nori at 11:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記・雑記

2012年12月06日

師走

気がつけばもう12月。
早いなぁ・・・。

20121205_5.jpg

なーんて、深江の海で黄昏れている場合ではないゾ。
師走はあっという間に走り過ぎて行ってしまうのだ。
さて、師走といえば、忘年会。

でもちょっとその前に、もうひとつの大切な師走のシゴトを。

20121205_2.jpg

娘とTちゃんを連れて、福ふくの里へ。

20121205_3.jpg

今年6月に田植えした稲が立派に育ち、こんなに美味しそうな餅になった。
娘たちも餅つきを体験したが・・・、

20121205_4.jpg

やはりコネて丸める方が楽しいようだ。

餅つきの後は、師走のメインイベント、忘年会へ。

20121205_6.jpg

糸島バール シャナ」のスタッフとその家族によるアットホームな忘年会。
参加者のみなさんが、思いをこめた食べ物や酒を持ち寄り、和気あいあいと過ごした。

20121205_7.jpg

これぞバール。
そして我が家が持参した食材は・・・。

20121205_9.jpg

今が旬の糸島産の牡蠣。
やはり糸島市民ならこれを食べないと年は越せない。
外で焼いていると子供たちが集まってきた。

20121205_10.jpg

いつの間にか外で子供たちと牡蠣パーティを。
そのせいで大人たちに牡蠣がなかなか行き渡らず申し訳なかったが・・・。

でも子供から牡蠣が「好き」とか「おいしい」とか言われると嬉しくてねぇ。

さて、腹も満たされたことだし、そろそろアレをゆっくりと・・・、

20121205_11.jpg

いやぁ、この焼酎「小鹿 本にごり」は、まことになつかしい風味で旨かった。

さぁ、今年もあとわずか。

悔いのないよう、

20121205_8.jpg

燃え尽きよう・・・。(ぐびっ)


 Pleaseクリック
posted by nori at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記

2012年09月20日

ミサンガ

3連休は糸島カヌーキャンプの予定が、台風にしてやられた。
連休最終日にようやく台風一過が去り、やれやれと庭へ出てみると・・・

20120920_1.jpg

バッタも、やれやれというような表情だ・・・。

気を取り直して外を散歩していると、なんと北東の空に見事な虹が架かっていた。
娘の友人Tちゃんは、初めて虹を見たようで、ママに見せる為に写真を撮りたいと言いだして、慌てて家に携帯をとりに帰った。
戻ってきた時に虹は・・・

20120920_2.jpg

薄っらとだが、虹は待っていてくれたゾ。
ママに見せたいという優しい気持ちが虹にも通じたのだろう。

さて、台風の間は家でゆっくりとインドア生活に徹した。
読書、溜まっていたビデオ鑑賞、音楽CDの整理、そして、

酒の整理・・・。

20120920_3.jpg

一番の収穫というか発見は、この前宮崎に帰った時に日南で買ってきた焼酎「匠蔵」(たくみのくら)。
日南でしか買えないこだわりの日南ブランド焼酎。
「日南四葉会(にちなんしようかい)」という女性だけの杜氏・ブレンダーで全てを造っているという。
女性が作っているからとナメたらいかんぜよ、と思わせる程に旨い焼酎だった。
味はちょっとフルーティなまろやかさと、ツーンとくる焼酎独特の甘いパンチがバランス良く効いていて、ロックで飲むと本当に最高の焼酎だ。
(詳細はココ→山元酒店のHPで)

そしてこの旨さを増幅させるモノを昨日、娘がプレゼントしてくれた。

20120920_4.jpg

娘手作りの「ミサンガ」

そういえば娘は最近、よく黙々といろんなミサンガを編んでいた。

これは私にとって宝モノだナ。
このミサンガをして、ビールや焼酎を飲むと不思議と旨いのが更に旨くなるのだよ。

いやぁ、これは最高に頼りになるミサンガだ。(グビッ)


 Pleaseクリック
posted by nori at 23:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記・雑記

2012年09月02日

困った夏

子供たちの夏休みも今日で終わり。

家の周辺ではもう秋を告げるコオロギが鳴き始めたが、海に行けばまだギラギラと陽がそそぎ夏真っ盛りの様相だった。

20120901_1.jpg

「眩しくて叶わんわい」と、夏バテ気味のカニが太陽に背を向けてグッタリしていた。

20120901_2.jpg

照り返しが強烈で太陽の方を向くと、カニが言うとおり本当に暑い。

20120901_3.jpg

サーファーも「叶わんわい」と太陽に背を向けてプカプカ波に戯れて浮かんでいた。

20120901_4.jpg

そんな暑さの中、汗だくで叫びながら太陽に向かって走る二人の青年。
思わずあの名作ドラマ「飛び出せ!青春」を思い出した。
ココであの名主題歌が聴けるヨ)

さて、娘の夏休みはというと・・・、

20120901_5.jpg

今年の夏休みは、娘自ら志願して学童入りしたため、平日はずっと弁当持参で学校で過ごしていた。
そのおかげか、最近は良く本を読むようになった。(良しよし)
とはいえ、コナンの漫画とかが多いが・・・。(まぁ好しよし)

私の夏はといえば、

20120901_6.jpg

ちょっと不完全燃焼かな・・・。

しかし、まだまだ夏は終わっていないから焦る必要はない。

そう、暑い夏が終われば、次は涼しい夏がやってくるのだ。

適度な気温の日中は、快適な昼寝を。
日が暮れて、ちょっと肌寒くなれば「仕方ない、暖をとるか」と焚き火だ。
そして夜も更け底冷えしてきたら「仕方ない、アレに変えるか」とビールから焼酎湯割りかホットバーボンにチェンジするのだ。

いやぁ、考えるだけでアツくなる。
困った夏だ・・・。


 Pleaseクリック
posted by nori at 20:37| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記・雑記

2012年08月23日

今宵のsyanaで

8月18日はカミさんの誕生日。

今回はNさんの店、「シャナ(syana)」にお邪魔してお祝いをした。

20120823_0.jpg

まず、この赤い扉と緑の扉を通り抜け、身も心もすべてリセットして店内に入る。

乾杯は各自好きな飲み物で。
私はもちろん黒ビール。

そしてメニューに新たに加わったピザ(マルガリータ27p)がテーブルに運ばれてきた。

20120823_4.jpg

いやぁこのピザ、表面はカリカリ、中はモチモチしていて実に旨い。
食べやすいようにと、娘の分は1/16サイズにカットしてくれた。
そんな娘は、パクパクと口の中いっぱいにたくさん食べていた。
ゆえにあっという間に完食・・・。

20120823_3.jpg

更に、パスタやカレー、サーモンなどをどれもこれもおいしく頂き、腹8分になったところで儀式を・・・。

20120823_5.jpg

娘はすぐに目がケーキにロックオン!!
Happy Birthdayをみんな(シェフも)で歌い、

20120823_6.jpg

娘がフーッと一息でローソクの火を消した・・?!

ん?なんで娘が!?
まぁ、いいか・・。
2ヶ月後の自分の誕生日の練習だろう。

いやぁ、今回はシャナでとてもリラックスしたひと時を過ごさせてもらった。
ちょっとした祝い事に、家庭では味わえない料理、雰囲気、時間を、シャナでは存分に味わえる。

さて、そんなシャナの広報担当としてようやくホームページを公開したので良かったら見に来てください。
シンプルに作ったつもりです。

糸島バールsyana(シャナ):www.syana.jp (←クリックでジャンプ)

そして実際に店に足を運んで、絶品の糸島産イタリア料理を食べて、普段とは違う時空間を是非楽しんで下さい。

20120823_7.jpg

これから涼しくなるので、外のガーデンで食事をしながらグラスを傾けるのも良し。

20120823_8.jpg

月を見ながら、
潮風を浴び、
波の音を聴きながら、

今宵のシャナで、寛ぎの夜を・・・。(グビッとね)


 Pleaseクリック
posted by nori at 19:06| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記・雑記

2012年08月03日

まぁいいか、な休日

久しぶりの平日休暇。
台風が接近しているので海は少々荒れていると思ったが、大入の海ならいつも穏やかだから大丈夫だろう。

しかし・・・。

20120803_1.jpg

風びゅんびゅん。
波ばしゃばしゃ。

20120803_2.jpg

まぁいいか。
条件のイイ場所を求めて近くを散策することに。

20120803_3.jpg

小さな大入漁港。

20120803_4.jpg

漁港裏の小さなビーチ。
風は少しあるが、何やら小さな生き物を発見したのでココでのんびりする事に。

20120803_5.jpg

この穴に住む主は?

20120803_6.jpg

かわいらしいカニたち。
少しでも私が近づくと、サッと巣穴に入って隠れる。
しばらくして、私がその場から少し離れると、キョロキョロしながら巣穴からニョキッと出てくる。
たくさんのカニたちが一斉に巣穴に入ったり出たりするこの動きがなんとも面白いのだ。

20120803_7.jpg

陽が傾きはじめたら木陰でビールを飲みながら本を読む。
しかし、カニたちの動きが気になってどうも本に集中できない。
まぁいいか。

帰りは深江まで電車で帰った。

20120803_8.jpg

車窓から見える深江の海はな、なんと・・

風もなく、見事に穏やかだった。

まぁいいか。


 Pleaseクリック

posted by nori at 17:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記・雑記