logo.jpg
   川の流れのように、ゆったり、のんびり、ほっとするような内容を綴っていこう。

2015年02月15日

ハッピーday

2/11は祝日。
祝が付くからにはやはりハッピーな一日にしたい。

201510211_1.jpg

日中はのんびりとNさんの愛犬「パブロ」と散歩をした。
これはおやつを貰う時のポーズ。
良くしつけができてるなぁ・・。(感心)

そして夜は、mokoさんの旦那さんの誕生日祝いだったので、まさにこの日はハッピーdayだった。
やはり祝い事には三線だよナ・・。
という事で。

201510211_2.jpg

食事の後はmokoさんと一緒に娘も熱唱した。

こういう祝い方ってイイな。
上手、下手ではなく、好きな楽器を持ち寄って自分たちが奏でて唄う。
そして笑って酔う。
いやぁ、楽しいひと時でした。

そして、今日(2/14)もハッピーだった。

201510211_3jpg

娘からもらったバレンタインのチョコ。

ラベルに書いてあるとおり、
身体を大切にする為に、行ってきたヨ。

雪の残るあの山へ・・・。


 Pleaseクリック
posted by nori at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記

2015年02月09日

黄金の花

週末は井原山に登ろうと思っていたのだが、予想外の大寒波に見舞われたため断念した。
とはいえ何もしないのも勿体ないので、近場を散策してきた。

二丈キャンパス(西日本短大)の敷地内にあるガーコ池。

201510208_1.jpg

実にセンスのイイ看板だ。
さすが、緑地環境学科。

どれどれ、おっ、いた居た。

201510208_2.jpg

手前からガーコ、ハクちゃん、ムトウさん。
名前も親近感があって実にイイ。

途中の小川ではカワセミを発見。

201510208_3.jpg

名付けて「アオイくん」・・・。

1時間程歩いたところで、いつも休憩している高台でコーヒーと博多とおりもんでお茶タイムを。

201510208_4.jpg

しかし、強風が吹き荒れていた為、休憩ではなく急憩に・・・。
さっさとお茶してこの場を退散した。

そのまま浜まで下りてみると、
海からも凄まじい風が・・・。

201510208_5.jpg

退散・・・。

強風と寒さで散々な散歩だったが、しっかり春を感じる事もできた。

201510208_6.jpg

うちの庭にはフキノトウが芽を出していた。

そして小川や田んぼのあぜ道など、いたる所で、

201510208_7.jpg

つくしが元気に伸びていた。

そういえば、今日の午前中は三線同好会のメンバーと新たなレパトリー曲「黄金の花(こがねのはな)」を練習した。

つくしは花ではないが、このつくしは黄金の花の歌詞の雰囲気に合っていた。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  素朴で純情な人(つくし)たちよ♪
  きれいな目(芽)をした人(つくし)たちよ♪
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

んー、素朴って実にイイ・・・。


 Pleaseクリック
posted by nori at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記

2014年12月09日

カヌーへの目覚め〜ポッカトレ

最近娘がカヌーに目覚め始めた。

20141207_1.jpg

2週間ほど前、シングル艇で私の前に娘を乗せ、ちょっとその辺を海上散歩した時のこと。

20141207_2.jpg

その日は、タコメガネで海中を覗くと海底がはっきり見えるほどに透明度も抜群だった。
また波も風もなかったので娘のパドリングでもアメンボのようにカヤックがスイスイ進んだ。
パドル操作で右や左へ方向転換ができるようになると、もう船長になった気分でエイヤーと右へ左へ舵をきり始めた。
しかしあまりにもクネクネ曲がるもんだから酔いそうに・・・。
そんな最高のコンディションの中でのカヤックが余程面白かったのだろう、最近休みの日の度に
「またカヌーやりたい」
と自分から願いだした。

しかし・・・、
その日を境に、冬将軍が暴れ出し無情にも気温はぐんぐん下がり真冬に突入・・・。
ちょっと遅かったなぁ。
娘よ、海は逃げないからナ。

気持ちを切り変えて、別の遊びを。
という事で今日も寒かったので子供たちを連れて焚き火をやった。

20141207_3.jpg

すると子供たちはちゃっかりマシュマロ持参でやってきた・・・。
子供にとっては、「焚き火」=「マシュマロ焼き」という図式が確立されているようだ。

そして帰り際、思わぬ攻撃を受ける。

20141207_4.jpg

「おんぶ攻撃」

いやぁ、もう小学4年生3人まとめてのおんぶは流石に無理だった・・・。
でも大きくなったからと言っても、悔しいなぁ。

んー、今年の冬は山でポッカトレ(歩荷)して鍛え直そう。
荷はもちろん旨いモノ満載で・・・。
いざ!!


 Pleaseクリック
posted by nori at 20:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記・雑記

2014年11月20日

アウトドアの秋

朝晩はめっきり冷え込んできたが、日中は陽が射すとまだまだ暖かい。

20141116_1.jpg

先週末は天気もヨカッタので午後からカヤックで釣りでもしようかと思っていたが、昨夜飲み過ぎたせいか何とも体が重い・・・。
仕方ない、こんな日はのんびり散歩でもしよう。

20141116_2.jpg

という事で、チビッ子3人を連れて近くの海や山を散歩してきた。
しかし、育ち盛りの子供たちがのんびり歩いてくれるハズもなく、思い切り走り廻るもんだからこちらは思い切り目が廻ってしまった・・。(嗚呼)

更に家に帰り着くなり、娘が
「あしたは、山にのぼりたーい」
と、珍しく自分から言いだしたので、
翌日、我が家とIさん親子で紅葉狩りを兼ねて二丈岳に登ってきた。

20141116_3.jpg

真名子の紅葉は、ほぼピークで見頃だった。

20141116_4.jpg

今年は紅葉よりも黄葉の方が元気のようだ。

20141116_5.jpg

娘よりひとつ年上のNちゃんは二丈岳は初めてだったが、体力的には全く問題なかった。
やはり育ちざかりで体力を持て余しているようだ。

20141116_6.jpg

山頂の大岩にも何度も登り降りしていた。

20141116_7.jpg

手弁当を広げてのランチタイム。
たまにはこんなピクニック気分もイイ。

20141116_8.jpg

今日は見事な黄葉に気持も高揚し、子供たちは元気に山を駆け下りトップで下山した。

20141116_9.jpg

この時期の山は紅葉に彩られ、虫もいないし、気温も10度後半で、暑くもなく寒くもなく、山登りにはちょうど適している。
子供たちが自然に走りまわりたくなるのも解かる。
そういう意味でも山に登った事のない人(特に子供)や犬を山に連れていくにはこの時期が一番ベストだと思う。

20141116_10.jpg

アウトドアをやるには最適・最強の秋。
散歩やジョギング、
カヌー、
山登り、
そして何といってもナンバーワンは焚き火だろう。

乾燥した空気の中でパチパチと薪がはじける音を聴きながら、焚き火で暖をとる。
いやぁ、想像するだけでも煙が身にしみて心が暖かくなる。
病気かも・・・。(照)


 Pleaseクリック
posted by nori at 19:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記・雑記

2014年11月03日

糸島牡蠣キャンプ

11月に入り糸島の牡蠣シーズンもいよいよ到来だ。
今年の牡蠣は身が大きくて旨いらしいゾ。

20141101_2.jpg

という事で早速週末は、ふむふむさん宅で牡蠣パーティをやってきた。
なるほど、確かに昨年より身が大きくて牡蠣汁も濃厚でヒジョーに旨かった。
色んな酒(スコッチ、日本酒、焼酎)を垂らして食べてみたが、以外にも焼酎(三岳)が一番合っていた。
備忘碌として書いておくが牡蠣を焼く場合は、必ず最初は平らな面を下にして焼き、頃合いを見て(2〜3分)ひっくり返し(平らな面を上に)、殻が開いたら食べごろの合図だ。
こうやって両面焼きする事で中で牡蠣がふっくら蒸されプリプリの状態で牡蠣を召し上がる事が出来る。

20141101_3.jpg

さて、腹が満たされてきたので今度はカッポ酒を炭火の中に投入。
熱々のカッポ酒をグビッとやると体がジーンと暖まり、11月というのに今夜はやけに暑いゼ、と思えてしまう程にヤバイ状態に陥るので注意が必要だ。
そして気持も暖かくなったところで今度は三線をひっぱりだしてポロロンといつものように三振した・・。

16時過ぎから始めた酒宴も気がつけば未明の午前2時を過ぎていた・・。

20141101_4.jpg

いやぁ、久しぶりに10時間以上も飲み続けたので、この焚き火のように完全に燃え尽きた。

20141101_5.jpg

そして、百さんと私はガレージ前に張ったそれぞれのテントに潜り込みシャットダウン。(Zzz)

20141101_1.jpg

翌朝は8時過ぎに起床。
朝起きると誰もいない・・。
しつちょーは2時間の散歩。
百さんは家族の為に船越まで牡蠣を買い出しに出かけていた。
なんだ、朝からみんなイイ事やってるなぁ。

仕方ない、私は三線の朝練でもしよう・・・。


 Pleaseクリック
posted by nori at 12:30| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記・雑記

2014年10月08日

ごきげんな秋

すっかり秋も深まってきた昨今。

20141006_1.jpg

秋は色彩豊かなのがイイ。

20141006_2.jpg

最近は秋特有のイベントが目白押しだった。

まずは「スポーツの秋」部門から、
娘の運動会。

20141006_3.jpg

今年も娘は
「どっこいしょー、どっこいしょー」

20141006_4.jpg

と、元気にソーラン節を踊った。

20141006_5.jpg

少しでも時間が空いたら近くの山に登った。
この写真はIさん家族と一緒に登った立石山。

体を動かせばやはり腹が減る。
「食欲の秋」部門は、

20141006_6.jpg

天神「白橋」の馬ホルモン鉄板焼。
数年ぶりに食べた馬ホルはやはりウマかったなぁ。
でも帰りの電車はちょっと臭かったかも・・・。

「芸術の秋」部門は、
娘のピアノ教室の発表会。

20141006_7.jpg

演奏曲はワルツ調の、
「舞踊の時間に」(リヒナー作曲)
演奏後に娘に感想を聞くと
「少し緊張した・・」
と。
昨年までは緊張という事すら知らなかったのだから、まぁこれも成長の証だろう。

さて、最後に芸術部門のオマケを

20141006_8.jpg

地元のイベント(文化祭)に6名の三線隊で私も参加した。
曲は、
@童神
A島唄
B芭蕉布
Cごきげん音頭

いやぁ、ホールでの三線演奏は初めてだったので娘同様に少し緊張したが、演奏後の打ち上げで全てすっきり解消した。
焼き肉にビール、日本酒、焼酎と宴奏し、最後は皆
ごきげんさん
だった・・・。


 Pleaseクリック
posted by nori at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記

2014年08月26日

つかの間の涼

相変わらずパッとしない天気が続いている最中、ちょっとでも晴れ間が射すと、居ても立ってもいられず涼を求めて山や海へ。

20140825_1.jpg

約1ヶ月前だが、家族で久しぶりに裏山(二丈岳)を登った。

20140825_2.jpg

この日は暑くて娘は汗びっちょりだったが、山頂に吹く風が心地良くてとても気持よかった。

20140825_3.jpg

そして、3日前は一人で二丈岳へ。
前日の夜、怪議で飲みすぎたせいか体調が万全ではなく最初のうちは体が重かった・・・。
案の定、滝のような汗を掻き、前夜の焼酎は一滴残らず体外に放出された。

しかし、明神の滝の前に立つと、

20140825_4.jpg

天然クーラーの効果で、アッという間に汗が引いた。
大雨の後は増水するので滝の勢いが増し、流れ落ちる水の勢いが冷たい風を生む。
ここは滝の真ん前に立てるのでその効果は絶大だ。
いやぁ、すっかり体も再生され、ここで30分程クールダウンした。

更にその日の夕方は近所の浜辺で、

20140825_5.jpg

三線でクールダウン。
不思議なことに少し弾いていると、たくさんのカモメ(観客)が目の前の波打ち際に飛来してきた。
せっかくなのでこの光景にマッチした曲をカモメたちにプレゼントしようと「童神」を弾いた。
しかし悲しいかな、私は三振隊なのでどうしても時々ちょっと音を外してしまう。
すると、カモメたちが「んっ?」という感じで首を傾げるのだ。
これマジで笑えたなぁ・・。

そして日曜の夜は、mokoさん宅でお好み焼きの宴を。

20140825_6.jpg

庭で広島風お好み焼きを焼いている旦那様の姿はどうみても東南アジア系・・。
でも味は最高。(Good Job!)
夏の夜長、庭先で鳴く虫たちの合唱をバックに、三線を弾き、唄い、ビールを飲み、ワインを飲み、お好み焼きを食べる。
何とも贅沢な涼。
少し前迄、ここでフクロウの鳴き声が聴こえていたという。
今度は是非フクロウとのセッションで涼を・・。

その前に、今週末はアノ聖地でのんびり涼もうかな・・・(フフ)


 Pleaseクリック
posted by nori at 23:01| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記・雑記

2014年08月19日

とんだ夏

久しぶりに晴れた週末。
もう時刻は16時を過ぎていたが散歩気分でチャリを走らせ海へ。

20140817_1.jpg

カモメたちも久しぶりの好天気に喜んでるのか、何度も海岸線を飛来していた。

20140817_2.jpg

漂流して朽ちた木製の椅子。
何とか座れるが背もたれがなくなっているので何度も後ろにひっくり返りそうになる・・・。
仕方ないので物置きとして利用。

20140817_5.jpg

上空を優雅に飛ぶまわるカモメたち。
私は飛べないので、海の中へ。

20140817_3.jpg

ん、妙に懐かしいこの感じは何だ?
そういえば泳ぐの久しぶりだなぁ。
今年の夏は悪天候のせいもあるが本当に海で遊んでいない。
イカンなぁ・・・。

今日は上空のカモメばかりに目が向いていたが、遠くの海水浴場に目をやると海面から何かが飛んでいるのが見えた。

20140817_6.jpg

なんと、飛んでいるのは人間だった・・。

これは水上バイクから噴出された水を利用し、水圧の力で空を飛ぶことができる装置を装着して空中を自由に飛ぶことができる2年程前に生まれたフライボードだ。
足にロケットを付けたような格好なので、これは面白そう。
私もおもいっきり鉄腕アトムのように飛んでみたい。
と、思っていたら上空のカモメが、

20140817_4.jpg

「違う違う、夏の空はこうやって飛ぶんだゾ」
と、フライボードの上空を旋回していた。

しかし今年の夏は、夏が無くて本当にとんだ夏だナ。(嗚呼)
カモメが羨ましいヨ・・・。


 Pleaseクリック
posted by nori at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記

2014年07月27日

川キャンプ#2〜倍返し

2日目の深夜0時過ぎ。
嵐の後の静けさ・・。
皆眠りにつき、一人静かに三岳を飲んでいる。

20140724_1.jpg

前の記事からの続き)

コテージの玄関を拳で20回位叩くと、ようやく人影が近づいてくるのが見えた。
拳に力が入る。
玄関が開いた。
目の前に現れたのは泥酔した男たち・・。

ではなく、長い髪を束ねた女性。
その女性は私を見て一瞬驚いた表情をした。
私も拍子抜けしてちょっと力が抜けたが、言うべき事を伝えると
「あー、すいませんでした!。わかりました!。」
とハキハキとしたビジネス・ライクな反応が返ってきた。
気がつくと、ランボーだった私はマーボーに変わっていた・・。
彼女を信じて戻ると、娘たちはまた起き出してきた。
仕方ない、気分転換にみんなでUNOをやろうという事になった。

しかし、2回戦、3回戦と勝負が進むうちに今度はこちら側が盛り上がってきて、逆にコテージ側は約束どおり静かになった・・。(スマン)

これぞ倍返し!
いやぁ、スカッとしてその夜は一同良く眠れたのであった・・・。(Zzz)

20140724_2.jpg

3日目も子供たちは元気に遊んだ。
川で釣りをするKちゃん。
この釣竿は拾った杉の枝で作った手製だ。
糸は木の皮を剥いで細かく伸ばして結び合わせたものだが良く出来ていて感心した。

20140724_3.jpg

川の上流へ果敢に遡上する兄と妹。

20140724_6.jpg

火熾しも子供たちが率先してやるようになった。
頼もしい限りだ。

火番から解放された私は・・、

20140724_4.jpg

川辺で三線。
来週の祭りの練習をこの気持良いロケーションで思う存分できた。

20140724_5.jpg

三線は海というイメージがあるが、川でもその音色はすんなり溶け込んで、実に気持良く今回も三振(?)した。

20140724_7.jpg

目下に流れる川を見ながらの至福の入浴。
ここの露天風呂は最高ヨ。

20140724_8.jpg

帰る日も夕方までのんびり過ごした。
初めて三線を弾くOさん。
初めてとはいえセンスのあるOさんは教えなくても自分で音を探してすぐに弾けるようになった。(凄)

20140724_9.jpg

さて、今回のキャンプの最後の遊びはスイカ割り。
子供3人が順番に目隠しをして、棒を振るが当たってもなかなか割れない。
最後、剣道をしているYくんに期待がかかる。

20140724_10.jpg

が、そのKくんも何度か空振りをしたが、何とかスイカの脇をとらえて割る事ができた。
しかし、脇を狙った(?)のが功を奏し、たっぷりとスイカを食べることが出来た。

20140724_11.jpg

今回のキャンプで一番気に入った写真。

この写真を見ると連れて来て本当に良かったてしみじみ思う。
キャンプ最終日(3日目)の夕方、相変わらずのんびり過ごしていると子供たちが
「もう一泊したーい」
と、何度も懇願した。

私も同じ気持ちだよ・・。
サイコーの言葉をありがとう。


 Pleaseクリック
posted by nori at 23:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記・雑記

2014年07月23日

川キャンプ#1〜ランボーな夜

先週末の3連休は、のんびり2泊の予定で佐賀県の山間部にある川辺でキャンプをしてきた。

20140723_1.jpg

やはり山は涼しいなぁ。
今回は娘の同級生Oさんファミリーとご一緒だ。

20140723_2.jpg

正午前、キャンプ場に着くなり、ちゃちゃっと幕営し、早速ハンモックに揺られる娘とKちゃん。
極楽ー。

20140723_3.jpg

私も・・・(プシュッ)
気持良く目を閉じて揺られていると、いきなり黒い物体が降ってきた・・。

20140723_32.jpg

犬のナツだった・・。
ナツはチワワとミニチュアダックスのハーフ犬だ。

20140723_5.jpg

続いて子供たちを連れて目の前の川へ。
水が冷た過ぎて全身浸かるのはツライ・・・。

20140723_4.jpg

上流の方へ川の中を歩いている途中、上から黄緑色の物体が降ってきた。
降ってきた方を探していると何かが泳いでいる姿が見えた。
どうやらカエルが上の木の枝から滑って落ちたようだ。

20140723_6.jpg

川の流れにのって見事な平泳ぎをしているカエルをKちゃんがすぐに救助(捕獲)し、しばらく子供たちにもて遊ばれた・・・。

20140723_7.jpg

川初体験のナツ。
興味は示しているようだがなかなか自分から水に入ろうとしない。
ならば・・・と。

20140723_8.jpg

Kちゃんが半強制的に川の中へドボン・・・。
それ以来、川に近寄らなくなってしまったナツ。(嗚呼)
ドンマイ。

20140723_9.jpg

今回、子供は娘(小4)、Kちゃん(小4)、Yくん(中3)の育ちざかり三人なので食事はしっかり作った。(質より量)
2日目の夜はキャンプの定番カレーをみんなで作って食べた。
飯盒で炊いたお焦げ満載のご飯と、前日食べ残した野菜や肉を全て投入して作った具沢山のカレーは、普段では味わえない何とも贅沢な実に香ばしいカレーだった。(旨)

20140723_10.jpg

夜は2晩続けて花火とキャンプファイヤーをして遊んだ。

20140723_11.jpg

控えめだが線香花火の火は繊細で実に美しい。
Yくんは初めての焚き火だったが2晩目、私が(わざと)手を出さないでいると率先して薪をくべ、火の番が出来るようになった。(good job)

20140723_12.jpg

そして、静かなキャンプの2日目の夜も更け、そろそろ子供たちが寝る時間が近づいた10時頃、事件はおきた。

2日目の夜からコテージに宿泊している男女10数名が窓を全開にしたまま、大音量でカラオケを始めたのだ。
静かな山中が一機に酔っ払いの叫びや笑い声、カラオケの歌などで騒音と化し、キャンプの雰囲気が完全にブチ壊された。
温厚な私(?)でも、聖地をブチ壊された思いで腹立たしくて気分が悪くなり次第にイライラしてきた。

そして、テントの中で先に寝ようとしていた娘の一言が私に火を付けた。
「パパー、うるさくて眠れーん・・」

体に力がみなぎり、ジョン・ランボーとなった私。
気がつくと一人戦場に向うが如く、騒音止まぬコテージの玄関を拳で「ドン!ドン!ドン!」と叩いていた・・・。

続く

 Pleaseクリック
posted by nori at 23:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記・雑記

2014年07月08日

悩ましい夕焼け

夜7時半過ぎ、仕事帰りの電車の車窓にオレンジ色の光が射した。
もう日が暮れてるハズなのに海の方角だけがとてつもなく明るかった。
駅に着くなり自転車で迷わず明るい方へ走ると・・

20140708_1.jpg

穏やかなオレンジ色の海と空。
今、台風8号が九州に接近しているが、今日の夕焼けは「嵐の前の静けさ」なのか、凄まじい程に綺麗だった。

20140708_2.jpg

夕焼けをバックに優雅な散歩。

20140708_3.jpg

学生カップルも静かに夕焼けを眺めていた。
最高のシチュエーションだゾ・・・。

20140708_4.jpg

いやぁ、こんな夕焼けを見ながらのんびりキャンプがしたくなった。(グビッ)
そして、夕焼けを見ながら三線を弾いたら最高だろうな。(ウズウズ)

んー、何とも悩ましい夕焼けだ・・・。


 Pleaseクリック
posted by nori at 23:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記・雑記

2014年06月12日

今日は仕事帰りにちょっと寄り道をしてきた。

夜9時前、自宅の手前からチャリで1分程田んぼ道を走り、小川の草地に達すると・・・。

薄緑色の小さな光がゆっくりフワフワと舞っていた。

今年の梅雨は例年に比べ気温が低いのであまり期待していなかったが、蛍たちは元気に遊んでいた。
やはりこの光を見ないと夏が来ない。

いやぁ、それにしてもこの光には、癒されるなぁ。

夜のネオンもイイが、今は蛍の光の方が断然イイ。
不思議だが、この光を見ると幸せを感じる。
んー、年だな・・・。


 Pleaseクリック
posted by nori at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記

2014年04月27日

シンプル・イズ・ベスト

今日(4月26日)は特別な日

だから山に登る・・。

今週も家族で屋久島へ向けての山トレへ臨んだ。

20140426_1.jpg

場所は糸島半島の東側(西区)にある柑子岳(こうしだけ)

20140426_2.jpg

ここは登山道が過保護な程に整備されていて、子供連れのファミリー登山客が多い。

しかし、階段が多過ぎる・・・。

20140426_21.jpg

個人的には階段が多いと歩調が合わず逆に疲れる。
「天国への階段」と呼んでいるが、これが永遠に続くようで・・。

20140426_3.jpg

娘も毎週の山歩きでだいぶん山の歩き方が様になってきた。(良々)

約30分で登頂。(早)
正午を過ぎていたので、みんなガス欠だ・・。

20140426_4.jpg

すぐに給油(弁当)を。
今回もカミさんが作ってきた手弁当を。
どうもうちの家族は燃費が悪いので、すぐに食べられる即効性手弁当の方が絶対にイイというのがわかった。

20140426_5.jpg

少し霞んでいるが眺めはイイ。

下山は村上登山口へおりる周遊コース。

ん!?下の写真の標識が可也山になっているが・・・?。

20140426_6.jpg

実は柑子岳を下山後、カミさんと娘はイオン志摩店へ買い物に。
私はもう少し歩きたかったのでひとりで可也山に登ってきたのだ。
そう、私はアル中なのだ。
アル中はアル中でも歩く中毒ね。
でも1時間半しか時間がなかったので、結構ハードな山歩きだったなぁ・・・(汗)

まぁそれはそれで、50年目のイイ記念になった。

今日が特別な日とは、私の50回目の誕生日だったのだ。
やはり50の階段に足を踏み込むとなると急に年をとった感じがして構えてしまっていたが、いざ迎えると
「なーんも変わらんけんね」
と開き直った。
歳なんか所詮生きた時間の長さの産物だけであって、人の体や気持ちの老若が測れるモノではない。
誰かが言っていたが、「何年生きたか」ではなく、「何をやったか」が重要だね。

さて、2山登った後は糸島バールsyanaで食事を。
そこでは嬉しいプレゼントを頂いた。

20140426_8jpg

カミさんからはラフロイグのスコッチを。
noriさん(?)からは三岳を・・・。
シャナのオーナー夫妻からは木箱のワインセットを。
Mokoさんからは屋久島用の食材多数を。

Many Thanks!!

でもなぜかアルコールが多い・・。

そして、今の自分が夢中になっているモノを自分にプレゼントを。

20140426_7.jpg
Bob Dylan / The Freewheelin’

実は最近ボブ・ディラン中毒で、ディラン以外の唄は聞えてこない、という危険な状態が続いている。
このアルバムがレコーディングされたのは1963年。
私が生まれた前年なので、このアルバムも誕生して半世紀がたっている訳だ。
しかし、リマスタリングされたこの最新BSCD2の音は半世紀の壁を越えている。
特にディランのハーモニカの音がスゴイ。
本当に目の前でディランがハーモニカを吹いているようなリアルな音。
このアルバムはディラン一人による演奏(アコスティックギター、ハーモニカ、歌)で、シンプルできめ細かな演奏が実に奥深い。
調子を外した独特のディラン節と自由なメロディ、当時の少しハスキーなディランの声がまた渋い。
いやぁ、また中毒が増えてしまった・・・。

自分自身、半世紀を生きてきて、切に思う事がある。
やはり「シンプル・イズ・ベスト」だなぁ、と。

山歩きも何事も、シンプルに・・・。


 Pleaseクリック
posted by nori at 14:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記・雑記

2014年03月03日

ふきのとう

先々週は思わぬ病で体調を崩し、顔は腫れるわ、熱はでるわ、で散々だったがようやく回復した。

20140301_1.jpg

リハビリを兼ねて春の恵み「ふきのとう」を採りに裏山を散策してきた。

20140301_2.jpg

今年は採りに行くのが遅かったせいか、蕾も開いていて数も少なかったが、食べる分だけ採ってきた。

20140301_3.jpg

去年植えつけた庭のふきのとうも、ひまわりみたいに元気に芽を出していた。

20140301_4.jpg

今回は小田原(カミさん)のお婆ちゃんの味「ふきのとうのワカメ醤油煮」を作った。
ふきのとうを軽く湯がいて、一晩水に漬けておき、ワカメ、醤油、みりんを少量混ぜて軽く炒め、最後に鰹節を隠し味程度に混ぜ合わせる。

これをご飯の上にのせてガブッと食べると最高に旨い。

それと日本酒との相性もぴったりなのだ。

20140301_5.jpg

さて、今日はひな祭り。
仕事はちゃちゃっと切り上げて娘のお祝いを。

家に帰り着く頃、夜空には・・・、

20140301_5.jpg

見事な二日月が。

さぁ、これから祝い酒&月見酒だ。
二日月ならぬ、二日酔いにならない程度に。

無理だとは思うが・・。(グビッ)


 Pleaseクリック
posted by nori at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記

2014年01月08日

頼みの綱〜屋久島

2014年は元旦から宮崎に帰省した。

20140108_1.jpg

カミさんと娘も2日に小田原から宮崎入りし久しぶり(1週間)の再会となった。
今回の帰省の目的は2つ。
親父の一周忌と母の誕生日祝いだ。
どちらも1月3日だった。

20140108_3.jpg

一周忌を終え、喪に服す意味での1年を終え、ようやく晴れて誕生祝いの詞「おめでとう」と言える日が来た。

20140108_2.jpg

実家の庭に咲いていたツワブキの花。
今の気持を表現していて元気が出る。
体の中のしこりが取れた感がして、その日の夜は母、姉、私の3人で夜中2時過ぎ迄飲んだ。

4日に福岡に戻り、5日は初山登りをしようと思っていたが天気は雨模様で、

20140108_4.jpg

午後にはなんと、霰(あられ)がボタボタ降った・・・。

20140108_5.jpg

仕方なく、雨が上がった夕方前に娘と近所を散策した。

20140108_6.jpg

せっかく深江神社の前を通ったので初詣を。
今年の運だめしにおみくじをひくと「中吉」だった。
「酎吉」だともっとウレシイのだが・・・。

さて、今年は4月でちょうど半世紀生きた事になる節目の年だ。
半世紀も生きると体も少しずつ壊れていくが、山や海、川などの自然の力を借りて心も体もすっきり浄化させていこうと思う。

20140108_7.jpg

そこで、5月には家族で屋久島の山を歩く計画を立てている。

20140108_8.jpg

約6年ぶりの屋久島となるが、やはりここの森の水は違う。
汗をたっぷりかいて、森の水をガブガブ飲むと体全体の水分が全て屋久島の水に置き換わる。
屋久島の水で浄化した体はとても力がつくのだ。
またこれを体感したい。

屋久島は今年の頼みの綱だ。

さて、その前にたっぷり山トレを・・・。


 Pleaseクリック
posted by nori at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記

2013年12月29日

帰港

2013年も残すところあと2日。
早いなぁ・・。

20131229_1.jpg

今年の仕事も27日に終わり、仕事納めは毎年恒例の京風居酒屋へ。

20131229_2.jpg

もちろん〆は三岳で。

20131229_3.jpg

イカ刺しに、

20131229_4.jpg

寿司。

20131229_5.jpg

そして定番の韓国鍋。
食の〆は韓国麺と雑炊でスープも残さず食べた。(満足×2)

いやぁ、終わった・・。
体から緊張感がすっぽり抜けたと同時に、また年末の悪い癖が発症してしまい風邪をこじらせてしまった。(嗚呼)

こりゃ年末の山行きもご法度か・・・。

ならば、家でおとなしくギターでも弾こう。

20131212_1.jpg

実は中学時代からやっていたギターを約30年ぶりに再開したのだ。
11月に新たに安いクラシックギターを買い、日々弾いている。
やっと弦を押さえる程に指は固くなってきたものの、クラギはネックも弦も太いので四苦八苦している。
昔はエレキをピックで弾くスタイルだったが、今回はクラギをフィンガーピッキングで弾くのでスタイル的には全然違うのだ。
まぁ、焦らずやっていれば、そのうちギターと一体になれる日がくるだろう・・(多分)
万年ビギナーだからそれでイイ。
でも、またギターに巡り合えて本当によかったと思っている。

20131229_6.jpg

今年は思わぬきっかけでギターに帰港した。

いや、まだ港には辿りつけていないので来年も継続だナ。
さて、いつ帰港できるやら・・・。


 Pleaseクリック
posted by nori at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記

2013年12月19日

師走のカッポ酒

気がつけば12月も残り10日余り。
先週は忘年会や焚き火の宴など、怒涛の宴会ウィークだった。

20131218_1.jpg

まぁ、嫌いじゃないから…。

20131218_2.jpg

忘年会は仕事場からすぐの御笠川沿いにある焼き肉屋。
肉もさる事ながら、このチゲ鍋は実に旨かった。
寒い夜は鍋に限る。
特に辛〜いやつは体がカーッと暖まるからイイ。

次の日は、ふむふむさん家で焚き火の宴。
暗くならないうちにアレの仕込みを。

20131218_3.jpg

すぐ裏の竹やぶでノコギリ片手に作業する怪しい二人。

20131218_4.jpg

切ってきた竹を切断し、

20131218_5.jpg

日本酒をたっぷり注ぎ、焚き火に投入。
カッポ酒の完成だ。

いやぁ、酒好きには何とも待ちどおしくて興奮する時間だ。
ほのかに竹の香りがする熱々のカッポ酒を竹ジョッキに注いでグビグビっと流し込む。

20131218_6.jpg

焚き火でアルコールが少しとんで何杯でもいけそうだ。
ヤバイなぁ、と思いつつも旨いから仕方ない。
焚き火で暖まりながら、ほっかほかのカッポ酒をグビッと、シアワセな時・・。
しかし、あまりじっくり飲んでいると、そのうち竹が焼けて一同慌てて火から救い出すというのを何度もやらかした。
こういうスリルも味わえるからカッポ酒はやめられない。

20131218_7.jpg

翌日の昼下がり、上空には飛行機雲が。

なんかいつもより飛行機が早く飛んでいるように見えたのは気のせいか?

師走だから仕方ない・・・。


 Pleaseクリック
posted by nori at 20:15| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記・雑記

2013年11月16日

雷山の紅葉

今日(11/15)は、雷山へ行ってきた。
山登りではなく、

20131115_1.jpg

紅葉を浴びに・・。

20131115_2.jpg

去年と比べると色的には薄い・・。
(去年の紅葉はココで)
先週からの冷え込みで色づく前に枯れてしまったようだ。

20131115_3.jpg

でも見ごたえは十分。

20131115_4.jpg

400年も立ち続けている大楓。
近くで見ると風格がある。

20131115_5.jpg

ボーっとしていたいのだが、人が多くて落ち着かない・・。

20131115_6.jpg

風情があってイイなぁ。

20131115_7.jpg

落ち着くなぁ。
でも人が・・。

20131115_8.jpg

落ち葉にも存在感がある。

20131115_9.jpg

4時を過ぎると人も少なくなってきた。

さて、
やっとボーっとできるナ。

と思っていたら携帯が鳴った・・・。


 Pleaseクリック
posted by nori at 00:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記・雑記

2013年10月03日

どっこいしょー

秋晴れの二丈岳。

山頂標識に何かが・・?。

20131002_1.jpg

このサングラス、山頂で拾ったもので落とし主が気がつくようにと一番目出つ場所に置いたつもりなのだが、これがなんとも滑稽というかシュールな感じに・・・。

さて、約一カ月ぶりの山だったが、随分秋の様相に変わってきたなぁと実感した。

20131002_2.jpg

日射しが強くても然程汗もかかず、

20131002_3.jpg

上を向いて歩いても然程眩しさを感じず、

20131002_32.jpg

心地良いそよ風に、ススキも揺られ、

20131002_4.jpg

山頂も快適そのもの。

そのもう一つの訳は・・・、

20131002_42.jpg

プシュッ・・・。

しばらくすると、早良区からのソロの男性(60代)がニコニコしながら登って来られた。
二丈岳は初めてだが、この眺望にとても感激されていてこちらも嬉しくなってしまった。
この辺の山々を紹介すると「今度是非行きたい!」と。
「登りたい」じゃなくて「行きたい」という表現がイイなぁと思い、いろいろ話をしていると来月はカナダへ紅葉を観に行かれるそうだ・・・。(羨)
アラスカのオーロラの話や、自転車の旅など色々面白い話を聞かせてもらった。

さて、話は変わるが週末は娘の運動会を観戦に。

20131002_8.jpg

私が一番楽しみにしていたのが、一か月程前から練習していた「ソーラン節」。

20131002_9.jpg

本番では、校長先生や来賓の真ん前で
「あー、どっこいしょー、どっこいしょー!」

と、威勢良く元気一杯に叫び踊っていた。
いやぁ、とてもかっこよかったゾ。

そういえば、二丈岳山頂でもカマキリが、

20131002_5.jpg

どっこいしょー

と、娘の小学校の方を向いてやっていた・・。


 Pleaseクリック
posted by nori at 22:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記・雑記

2013年09月18日

のんびりの秋

週末は秋晴れの下、久しぶりに家族でのんびり阿蘇で過ごしてきた。

20130918_1.jpg

阿蘇山の斜面では放牧牛たちがのんびり。

20130918_2.jpg

阿蘇山もススキを揺らしながら、青空の下でのんびり。

20130918_3.jpg

いつもは固いアスファルトの上でしか過ごしていない赤プリ子も、木々に囲まれた広い草地の上でのんびり気持良さそうだ。

20130918_4.jpg

娘も木陰でハンモックに揺られのんびり。

20130918_5.jpg

カミさんと娘が買い出しに行った隙に、私もの〜んびり揺られた。
そのまま至福の昼寝Timeへ。Zzz…

20130918_6.jpg

夜はやはり少し冷えてきたので、焚き火と酒で暖をとりながらのんびり。

20130918_7.jpg

今回は焚き火にとても合うワイン「ヨセミテ・ロード」をチョイス。
セブンイレブンで598円也、リーズナブルで高コスパ。
軽い酸味と爽やかでフルーティな香りが飲みやす過ぎるシャルドネ(白)。
ヨセミテに想いを馳せながらグビグビッと一気に飲んでしまった・・・。(旨)

20130918_8.jpg

翌朝も私と娘は、ハンモックでのんびり。

いやぁ、今回の秋キャンプは天気も良し、虫も人も少なくて良し、気温も快適で良し、風も心地良くて良し、とコンディションは◎だった。
こういうのんびり秋キャンプは是非続けていきたいと思う。

という事で、今年から秋の言葉(冠)を勝手に追加しよう。

・食欲の秋
・スポーツの秋
・芸術の秋
・読書の秋

そして、

20130918_9.jpg

・のんびりの秋

たまには身も心もスイッチをオフにしましょう。

ちょうど明日(9/19)は中秋の名月。
秋の夜長、満月を肴に、の・ん・び・りと月見酒なんぞ乙じゃないですか?(グビッ)


 Pleaseクリック
posted by nori at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記