logo.jpg
   川の流れのように、ゆったり、のんびり、ほっとするような内容を綴っていこう。

2014年05月18日

屋久島の旅〜B漁火

前回からの続き)

白谷雲水峡〜太鼓岩ののんびりトレッキングを終え、帰りはバスで宮之浦に下車した。
ここから海楽園まではたいした距離じゃないので歩いて帰ることに。

20140504_50.jpg

屋久島の森から流れてくる宮之浦川には、とても味のある橋が架かっていた。

さて、今夜は屋久島最後の晩餐だ。
海楽園のトモさんに一押しされた地元料理店「漁火(いさりび)」で食事をする事に。

20140504_51.jpg

ん、この店、何か一味違うゾ。
入った途端、厨房の中だけ別の空気が流れているのがすぐに判った。

20140504_53.jpg

店の大将は頑固親父で、厨房内で女性スタッフに「バカ!」、「なにやってんダおまえ!」とか我々がカウンターにいるのにお構いなしで罵声をぶつけている。
久しぶりに頑固親父を見た懐かしさに苦笑いしつつ、出てくる料理の味の深さがじわじわと体に沁みていく・・・。

20140504_52.jpg

「首折れサバ」
文句なし、言葉なしに旨い、絶品。

20140504_54.jpg

「トビウオのつけ揚げ」
トビウオ唐揚げも旨そうだった・・・。

20140504_55.jpg

「きびなご天ぷら」
ぷりぷりで臭みが全くなし。

いやぁ、良く食べ、良く飲んだ。(もちろん三岳)
驚いたのは店に居る間、ひっきりなしに予約電話が鳴っていた事。
面倒臭そうに大将が「今一杯だよぉ」と、応対していたが、そういう面でもこの店の人気ぶりが伺えた。
頑固親父の味、本物です・・。

20140504_56.jpg

腹も満たされ、トレッキングの疲れもすっかり取れた娘は今夜もトモさんと宿泊客らとUNOを始めた。
しかし残念ながら今夜は負けたようだ・・・。

20140504_57.jpg

翌日、海楽園のトモさんと記念ショツト。

帰るこの日は生憎の雨。
なんと、トモさんが港までの送迎だけでなく、「雨が降っているから」と、途中おみやげ屋さんに立ち寄って買い物まで付き合ってくれた。(感謝)

20140504_59.jpg

最後に今回の、屋久島の旅での三岳は、
一岳:海楽園
二岳:屋久島の森
三岳;漁火
だった。
食う・寝る・遊ぶの三拍子揃っていたわけだ。

いやぁ、今振り返ってもとてもディープな3日間だった。

20140504_62.jpg

タクシーの運ちゃんが言っていた。
「雨に濡れた屋久島の森はキラキラ輝いて、そりゃぁ綺麗ですよぉ」

今回も残念ながら雨の屋久島は体験できなかった。

20140504_58.jpg

また来よう、屋久島へ。

屋久島にはまだ忘れモノがたくさんある。

I'll Be Back・・・


 Pleaseクリック
posted by nori at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 山(屋久島)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/96392672
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック