logo.jpg
   川の流れのように、ゆったり、のんびり、ほっとするような内容を綴っていこう。

2014年05月14日

屋久島の旅〜Aのんびりトレッキング

前回からの続き)

===================================================================
【5月4日(日) 晴れ】
(往路)白谷雲水峡 〜 原生林コース 〜 白谷小屋 〜 もののけの森 〜 辻峠 〜 太鼓岩
(復路)太鼓岩 〜 辻峠 〜 楠川歩道 〜 さつき吊り橋 〜 白谷雲水峡
===================================================================

朝7時半、海楽園をタクシーで出発。
途中、弁当屋に立ち寄って注文していた弁当を受け取り一路、白谷雲水峡へ。
タクシーの運転手さんが実に愉快な方で、高度を上げながら終始娘とお笑い合戦を繰り広げて、なんと娘に屋久杉のキーホルダーまでくれた。
ちなみにタクシー代は3500円。慌ただしい朝の時間に5人で、しかも笑わせてくれてこの値段は安い。

20140504_1.jpg

登山口にはカラフルな山ガールがたくさんだ。

8時過ぎ、いよいよスタート。

20140504_3.jpg

「憩いの大岩」

20140504_2.jpg

「飛流おとし」

20140504_4.jpg

早速「こだま」出現か?
とドキッとしたのだが、ただの葉っぱだった・・。

20140504_5.jpg

「二代大杉」

ココまでは娘も元気だった。
しかし、徐々にペースが落ちてきた・・。

20140504_6.jpg

「三本足杉」前の極上ベンチ。
これはイイよ。

20140504_7.jpg

「びびんこ杉」
小人になったタナカちゃん・・・。
それくらい、威風堂々とさりげなく天高くそびえ立っている。
今回見た屋久杉の中では一番威厳があって印象に残った杉だった。
「びびんこ杉」というよりは「威厳杉」という感じだ。

20140504_8.jpg

6年ぶりに歩く原生林コースは新緑も重なって緑豊かだった。

20140504_9.jpg

コース中、何ヶ所か沢を渡渉する。
半端なく雨の多い屋久島だから増水したらここを渡るのは困難だろうと思う。

そんな矢先、この沢を渡渉する際にカミさんと手をつないで渡っていた娘が一緒に石から足を踏み外して水の中にドボーンと足を入れてしまった。
そしてこうなった・・・↓↓

20140504_10.jpg

娘、日干し中・・・(嗚呼)

濡れたものは仕方ない。
天気がイイのですぐに乾くだろう。
ゆっくり乾かして、気持ち良く歩かせることにした。
こういう笑えるアクシデントはイイ。

20140504_11.jpg

さぁ、ズボンもソックスも履き替えたし気持も新たにドライに先へ進もう。

20140504_12.jpg

名前のついていない杉。
「キリン杉」と命名。
デカ過ぎて全体の姿が写真に収まらなかったが、頭部は是非実物を見て下さい・・。

20140504_13.jpg

「くぐり杉」は、”人”の字に見える。

20140504_15.jpg

「白谷小屋」
なんとここまで3時間半もかかってしまった・・・。(一般的なコースタイムの2倍以上)

20140504_14.jpg

まぁ、周りの皆さんもゆっくり寛いでいるし、ちょうど昼前だからココでゆっくり食事する事に。

20140504_16.jpg

朝、弁当屋で仕入れてきた弁当「おむすび山」

20140504_17.jpg

そして定番の「棒ラーメン」

20140504_18.jpg

「もののけの森」

20140504_18_2.jpg

こだまは居るかな?

20140504_19.jpg

ん・・・!

20140504_20.jpg

苔の世界へどんどん入っていく。

20140504_21.jpg

更に奥深く。

20140504_22.jpg

そしてようやく「辻峠」に到着。(13時15分)
ここから更に10分程登れば、

20140504_25.jpg

「太鼓岩」

アバターが出てきそうな壮大な景色が広がる。
「屋久島ってこんなにデカかったっけ?」
と思える程に奥深くまで山々の景色が広がって見えるのが不思議だ。
やはり屋久島の森の中に入ると、人は小人になるのか・・・?。

20140504_24.jpg

気分爽快。
実に気持イイ。

20140504_23.jpg

もっとこの場でゆっくりしたかったが・・。
今までのペースだと帰りのバスに間に合いそうにないので仕方なく下山を。

20140504_26.jpg

帰り、娘はゆっくりだが立ち止まる事なく歩き続けた。
疲れているのは後ろ姿を見ればわかる・・。
もう少しだからがんばれ。

20140504_27.jpg

「さつき吊り橋」
ここまでくれば、後は整備された木道歩きなのでゴールは近い。

20140504_29.jpg

そして16時前、白谷雲水峡へ無事ゴールした。

今日は往復7kmのコースを山中約8時間過ごした。
1/3は休憩していたかな・・。
まぁ、こういうのんびりトレッキングもたまにはいいかナと思った。
疲労はないし、屋久島の素晴らしい森をゆっくり堪能する事が出来た。
これも娘のお陰だナ。(感謝)

20140504_30.jpg

バスを待つ登山客の行列が出来ていたが、GW期間中は臨時バスが2台増便されていてゆっくり座って帰れた。
一番前のシングル席にひとりで座った娘は・・、

20140504_31.jpg

Zzzz・・・。
いい寝っぷりだ。

20140504_32.jpg

つかの間の休息、
夢の中でこだまと遊んでいるかな。

この写真は娘が撮影した写真だ。
んー、なんかファンタジーな感じがイイなぁ。

今回のベスト・ショット賞は娘だ。
そして、ベスト・トレッカー賞も!

続く

 Pleaseクリック
posted by nori at 17:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 山(屋久島)
この記事へのコメント
屋久島は敷居が高いというイメージがありましたが、こういうのんびりトレッキングなら僕も行きたくなりました。
太鼓岩からの眺め、良さそうですね。
ところでnoriさん、今回はNoプシュッだったんですか?(笑)
Posted by ももたろー at 2014年05月18日 23:17
>ももたろーさん
のんびりトレッキングお勧めです。
疲れず、じっくり観れるから一石二鳥ですヨ。
時間はその分必要だけど早朝から行動すれば問題ないでしょう。

>今回はNoプシュッだったんですか?
残念ながら、今回はNoプシュッでしたヨ・・。
そのリバウンドで漁火ではグビグビやってしまったけど。(笑)
Posted by nori at 2014年05月19日 22:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/96391651
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック