logo.jpg
   川の流れのように、ゆったり、のんびり、ほっとするような内容を綴っていこう。

2014年01月30日

HTBに酔う

たまには家族サービスを。

20140128_1.jpg
- ハウステンボス(HTB) -

目の前を流れる運河。
正面にはアムステルダム中央駅をイメージしたネオ・ルネッサンス調のホテルオークラ。

20140128_2.jpg

宿泊はハウステンボス内のワッセナー。
いやぁ、このロケーションは出来過ぎだなぁ・・。

一昨年に続き今回もIさん家族からのお誘いを受けて、我が家もご一緒させてもらった。(感謝)

20140128_4.jpg

まずはハウステンボス園内へカナルクルーザーで移動。

20140128_5.jpg

風もなく穏やかな風景を見ながらのクルーズ。

20140128_51.jpg

白鳥も風景に溶け込んでいた。
優雅でのんびりした雰囲気が実にイイ。

まずは、ハウステンボスを一望できるドムトールン塔の展望台へ。

20140128_6.jpg

上から見ると精巧に作られた模型のようだったのでジオラマ・モードで撮影。

20140128_7.jpg

ハウステンボスのミニチュア模型・・・。

20140128_8.jpg

子供たちが自転車に乗りたいというので、4人乗り自転車をレンタルした。
これが結構機動力があって役にたった。

20140128_9.jpg

今年から始まったHTB歌劇団のステージ。
結構本格的で見ごたえがあった。
元宝ジェンヌの方は流石に光っていたなぁ。

目の保養の後は、

20140128_10.jpg

娘がどうしてもスケートがやりたいと言うので、私も30数年ぶりに、
滑った・・・。

体を動かしたらスイッチが入り、アドベンチャーパークへ移動。

20140128_11.jpg

のんびりハンモックに揺られるNちゃん。

ここには子供でも気軽にできるアスレチックがたくさんあるが、中でも特に面白かったのが、

20140128_12.jpg

フリーフォール滑り台。

ぶら下がった状態から手を離すのに最初は少し勇気が必要だが、一度やると面白くてハマる。(大人は2回やった・・)

そして極めつけが、丘の上から運河を超えて300mのワイヤーロープをいっきに滑り降りる「シューティングスター」

20140128_13.jpg

カミさんの滑降。

そして私も・・・。

20140128_14.jpg

手を振る余裕も!

実は最初、丘の上を滑降する時はしっかりとハンドルを握りしめていたのだが、水の上まで来ると安心感から片手で手を振る余裕が生まれた訳だ。
やはり直感的に水を見ると安心するのだなぁ。

20140128_15.jpg

あっという間に日も暮れ、

20140128_16.jpg

まわりは光の王国に。

20140128_17.jpg

素直に綺麗だと思うのだが、こんなに光られると光に酔ってしまう。

そんな事にはお構いなしの光りもの好きの娘は・・・、

20140128_18.jpg

ナイトスケート。
でもこれはこれで優雅だし、娘もだいぶ滑れるようになった。(良々)

20140128_19.jpg

ワッセナーへの帰りも夜景をみながらのナイトクルーズ。
もうこの時点で完璧に光に酔ってます・・・。

部屋へ戻っても子供たちの元気は継続していた。

20140128_20.jpg

そして大人たちは酒を飲んで早々と撃沈したにも関わらず、子供たちは深夜2時まで騒いでいた。

子供のパワーはすごいなぁ。
見なおした。

今日は朝から深夜までこれだけ遊んだから達成感もひとしおでとても充実した一日だった。

いやぁ、今回もハウステンボスには酔わせてもらった・・。


 Pleaseクリック

posted by nori at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 娘(9歳)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/86188197
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック