logo.jpg
   川の流れのように、ゆったり、のんびり、ほっとするような内容を綴っていこう。

2007年11月19日

ザックに乗って

先週末は3歳になったばかりの娘の念願を叶えるべく初登山へ連れていった。
人生初の山登りという事なので、出だしで躓かせては親として失格である。
やはりそれなりの好条件をクリアしなければなるまい。
・天気が良い
・景色が良い
・海が見える
・お手軽
・山頂で弁当を食べる

そして、この中で一番大事であろう天気が良かった土曜日の昼、いきなり本日決行を決めカミさんと娘と3人で芥屋方面に向かった。
場所は糸島半島の最西端の立石山

さて出発前の私のノース・フェイスのザック。
なぜか空っぽ。

20071117_1.jpg画像クリックで拡大表示

ザックの中身は!?
そう、覚悟はしていたが登る直前に娘は睡魔に襲われ、寝袋に入るようにザックの中に収まりそのまま私の背中に。

20071117_2.jpg画像クリックで拡大表示

登り初めてしばらくすると
「眠い」
「足がいたい」
と言い出したのでカミさんと総勢2人で緊急ミーティングを開いたが、結果は泣く泣くこの岩場での下山を決断した。

20071117_3	.jpg画像クリックで拡大表示

山頂で弁当が食べれなかったので下山後、美しい芥屋海水浴場のビーチで食べた。
腹が満たされた娘は少し元気になってきた。

20071117_4.jpg画像クリックで拡大表示

そして我が家の砂場とは比較にならない広大な砂の浜で、砂遊びを始めた。
いつの間にか睡魔も去っていったようだ。
ここのビーチが気に入ったようで山では見られなかった軽やかな走りを見せ始めた。
そして帰り際
「また、ここ(海)にきたーい。もっとお砂場遊びがしたーい」
となごり惜しい様子だった。

よし、今度は海だな・・・。
(ん?山は?)
でも人やビルだらけの天神などにくらべれば、海や山の方がいいではないか。
そうそう、いいぞ、ムスメよ、その調子だ。


 Pleaseクリック

posted by nori at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6918967
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック