logo.jpg
   川の流れのように、ゆったり、のんびり、ほっとするような内容を綴っていこう。

2007年11月06日

娘の恩返し

先週末は毎年恒例の佐賀バルーンフェスタへ行く予定だったが、娘が熱を出してしまい断念した。
予定がぽっかり空いたと思っていたら私の姉が東京から福岡へ来ており、急きょ我が家へ遊びに来ることになった。
我が家へ到着早々、姉はバッグからゴソゴソ何かを取り出し、娘へ
「はい、Yちゃん。どうぞ」
と手渡した。

中身を見た娘は、目が飛び出し、宙を5回ジャンプした。
(この時、熱も一緒に放出したようだ)

20071105_2.jpg画像クリックで拡大表示

それは娘の大好きな新幹線(今年7月にデビューしたN700系)の模型だった。
しかもこの模型はただ物ではなかった。
JR東海関係者しか手に入らない非売品で、小さいけれども作りはおもちゃの次元を超越し、とても精巧精密且つリアルに出来ている。

20071105_3.jpg画像クリックで拡大表示

思わず私も欲しいと思ってしまった一品である。

感謝の印に娘はある行動をとった。
おもちゃ箱をガサゴソあさり何かを探しあてるとそれを大事そうに手に持って、姉のもとへ持っていき手渡した。
それは以前、姉から貰った犬のぬいぐるみだった。

なんと、娘は1歳の時に姉から貰った物をちゃんと覚えていたのだ。
映画のワンシーンの様でこれには私も驚いた。
もちろん姉も驚いたようで目を普段の2倍開いてマジ!?マジ!?といった感じでこちらを見ていた。

20071105_4.jpg画像クリックで拡大表示
(撮影:娘)

そして、生みの親と育ての親(娘)が揃ったところで、その犬の名前を決めることにした。
さて、決まった名前は?

「ホークス」

これまた娘の大好きなソフトバンク・ホークスからとった名前で満場一致で決まった。
そして来年こそは優勝をと願いをこめてホークスの応援歌を2回熱唱し、娘の踊りで締(し)めくくった。

今日は、バルーンフェスタよりもいい一日だった。
姉貴も思わぬ恩返しに喜んだことと思う。

 Pleaseクリック

posted by nori at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 娘(3歳)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6519413
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック