logo.jpg
   川の流れのように、ゆったり、のんびり、ほっとするような内容を綴っていこう。

2012年08月13日

テバ焼き

昨日は朝から天気が愚図っていた。
しかし、10時前に空を見ると明るい雲が広がってきたので、いそいそとカヌーの準備をし車を走らせた。
今回は糸島でまだ漕いだ事がない場所を目指す。
場所は船越湾のビーチ。

20120813_0.jpg

駐車スペースからビーチへのアプローチもすぐだし、子供連れの家族がほとんどなので平和な空気が漂うビーチだ。
風も波もなく、絶好のカヌー日和。

20120813_2.jpg

船越といえば牡蠣。
というくらい牡蠣小屋が多いが、なるほど、湾内には牡蠣の養殖生簀がたくさん設置されていた。

20120813_3.jpg

海辺の別荘地帯。
ここからだと夕日が綺麗に見えるだろうなぁ。
私の別荘(テント)も建てさせてもらえないだろうか・・・。

そんな事を考えているうちに、別荘地(ビーチ)を探し始めていた。
何ヶ所かいい感じのビーチがあったが、中でも良かったのがココ。

20120813_4.jpg

広さも小じんまりしてて言うことなし。

20120813_5.jpg

海の透明度も抜群で言うことなし。

20120813_6.jpg

焚き火の薪も豊富で言うことなし。

20120813_7.jpg

空も晴れ、暑くなってきたので、仕方なくプシュッ。
でも、今日は車なのでノンアルで我慢だが、波の泡が気分を盛り上げてくれた。(good job!)

20120813_1.jpg

真正面に姫島。
左手には二丈岳の山並み。
右手は芥屋。
程よく開放感もありロケーションは中々のモノだ。

20120813_8.jpg

いやぁ、今日は気合を入れて芥屋まで漕ごうと思っていたのだが、ここが気に入ってすっかり寛いでしまった。

20120813_9.jpg

寛ぎすぎた証に、TEVA(テバ)のサンダルを脱いでみると。

我ながら見事なテバ焼きだ・・・。


 Pleaseクリック
posted by nori at 18:29| Comment(6) | TrackBack(0) | カヌー
この記事へのコメント
こないだ、そこでまったりとキャンプしましたよ〜(笑)

そして、丁度プシュッ!をされた所の岩場では良型のアラカブが釣れますよ(●´ω`●)

私の秘密のポイントです!

(゚Д゚;)秘密ですよ!(笑)
Posted by HARU at 2012年08月13日 23:45
 ボクのマリンシューズもテバでしたが、酷使につぐ酷使でついに今夏、現役引退(ゴミ箱行きですけどね)し、モンベルの新マリンシューズに世代交代しました。なかなか、いい具合です。

 ボクもこの日の翌日、一人で糸島でスノーケリングしてました。お誘いしようと思ったけど、やはり1日ずれてましたか。今夏こそ、焚き火ボーボー会、やりましょう!

 
Posted by ペップ島袋 at 2012年08月14日 19:34
そこ、水は綺麗だしいいですよね〜♪

我が家でも勝手にプライベートビーチ(その2)と
呼ばせてもらってます(笑)


みんなで仲良く秘密にしときましょう(笑)

Posted by ふむふむ at 2012年08月15日 20:14
HARUさん>
アラカブですか。
しかも良型の。
酒の肴には最高ですね・・。

ならば、絶対秘密にしましょう。
でも、秘密になっていないような・・。
まぁ、いいか。(笑)
今度この秘密(?)の場所で釣ってみます。
Posted by nori at 2012年08月16日 23:07
ペップさん>
テバの焼け跡は夏の勲章のようで実はとても気に入ってます。
ちょっと線が太いけどネ。(笑)

それにしても今回もニアミスで、残念です。
また、行きましょう!
絶好、最高、嗜好、酒肴なビーチを探しておきますから。
Posted by nori at 2012年08月16日 23:17
ふむふむさん>どもども。

>我が家でも勝手にプライベートビーチ(その2)と呼ばせてもらってます(笑)

それで、イイんです、勝手に決めて。
プライベートなんだから。

しかし、仲間内で知っているという事は結構このビーチってメジャー?

まぁ、いいかぁ、プライベートなんだから。(笑)
Posted by nori at 2012年08月16日 23:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57564448
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック