logo.jpg
   川の流れのように、ゆったり、のんびり、ほっとするような内容を綴っていこう。

2012年05月22日

グリーンシャワー

週末は、地元糸島の山、浮嶽〜二丈岳を縦走してきた。
スタートは原生林が拡がる浮嶽の南登山口からのアプローチ。
約30分で生命力溢れる大杉が林立するポイントに到着。

20120519_1.jpg

2月に来た時は雪で白い世界だったが、今回は見事に緑の世界に変貌していた。
こんな風に季節によって移り変わる自然景を直に楽しむのは面白い。

まずは今回の第1目的、ここでグリーンシャワーをじゃぶじゃぶ浴びた。
ここで寝転がると目の前が一面、新緑のグリーンに覆われる。
これが実に気持ちイイのだ。

20120519_2.jpg

大杉の樹皮。
人間に例えれば深く刻まれた皺(しわ)のようだ。

20120519_3.jpg

天まで届け、とばかりに高くそびえ立つ大杉爺さん。
いやぁ、人生、いや木生(?)を堂々と生きてきた風格が漂い、本当に逞しい。
見習わなければ・・・。

この辺りの山々は杉の植林が多いのだが、浮嶽に限ってはこのような自然林が多く残されている。

20120519_5.jpg

注意深く観察していると、木々の間に大きな木がドーンと隠れていたりする。

20120519_4.jpg

さて、今回は時間の都合もあり浮嶽から二丈岳へは荒谷峠の林道を歩くのだが、途中にハゲ山のように伐採された場所があった。
何の目的か判らないがなんとも痛々しい・・・。

20120519_6.jpg

しかし、しっかりと新たな命が芽吹いていたのを発見した。
頑張れ!小杉ちゃん。

それにしても、1時間近くも林道を歩くとさすがに飽きてきた。
仕方ないナ。

20120519_7.jpg

自分に手を振る・・・。

そしてようやく水場に到着。
2月にきた時は、凍結してて飲めなかったが、今回は勢いよく出ていた。

20120519_8.jpg

やはり山の水は冷たくてウマイ。
2リットル持ち帰り、家で娘に飲ませたら「おいしい」というので、私もウイスキーで割って飲んでみたら「おいしい」かったー。(グビッ)
今度は暑い夏に、ココで冷たい水割りをぐびっとやりたいと思う。

さて、最後のピークを目指し二丈岳山頂手前の急登りへ。
ここを登ると、

20120519_9.jpg

と・て・も、極楽な出来事が待っていたのだ・・・。

(続く)

 Pleaseクリック

タグ:浮嶽
posted by nori at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55976146
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック