logo.jpg
   川の流れのように、ゆったり、のんびり、ほっとするような内容を綴っていこう。

2007年09月26日

3時間は娘と

先週から自宅で仕事を始めた。
自宅で仕事をすることにより通勤時間の約3時間を有効に使えるというメリットがある。
3時間あれば、リハビリ、本読み、映画、音楽など今迄やりたかったことがいろいろ出来そうだ。
しかし、ひとつ危惧していた事がある。

それは、娘。
家にいると遊び盛りの娘がほっといてくれるはずがない。

そしてそれはズバリ的中した。
午前中は娘は出かける事が多いのでの問題なく仕事に集中できる。
しかし昼食を一緒に食べると、そのまま離してもらえない。
最近、知恵も結構ついてきて私が部屋に戻ろうとすると、サッと前をふさいだり、抱っこ作戦をしたり、巧みな話術(?)で気を自分に向けたりする。
仕事がなければこんなに嬉しいことはないのだが・・・。

まぁ仕事的には、今やらなくても静かな夜に集中してやればいい事なので、たまには気分転換を兼ねてしばらく娘と遊んだりもした。
しかしそんな日は、深夜に黙々と仕事に励むことになるのだ。
そうすると朝が遅くなって時間がズレてくる。
そうこうしているうちにあの3時間がどこにいってしまったのかわからなくなってしまった。

そして良く考えてみた。
あの3時間は娘と接している時間に使っているのだ。
ふむ、親バカには一番いい使い道かもしれない。
そう考えると自宅で仕事をするのもいいもんだなぁと思えてきた。
(親バカには格好のスタイルなのだ)


 Pleaseクリック

posted by nori at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 娘(2歳)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5592885
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック