logo.jpg
   川の流れのように、ゆったり、のんびり、ほっとするような内容を綴っていこう。

2007年06月15日

酒とバラの日々

最近、娘は夜寝るのが遅い。
昨日の朝も、娘は寝不足でご機嫌斜めだった。
私が出掛ける時も居間のソファでグズッたままで、玄関に見送りに来なかった。
という事でその日の朝はいつもの儀式(朝チュウ)がおあずけだった為、私は力なく家を出た次第であった。

しかし、実は私が出掛けた直後に娘は
「パパはどこ?」
と私を探しながら
「チュウしたかったよー」
とまたまたグズッたとの報告を受けた。
この報告を受け、俄然力が湧き今週末までに終わらせる予定の仕事をその日のうちに終わらせてしまったのだった。

そして昨夜も娘は中々寝ようとせず、やっと22時に布団に入った。
カミさんはすぐに Zuu・・・。
私と娘は横になって会話を楽しんだ。

(会話その1)
私「帰りに田んぼのあぜ道を通ってきたらカエルがたくさん鳴いてたぞー」
娘「カエルさんいたの?」
私「暗くて見えなかったけど、いっぱいいたぞー」
娘「おうちにもくるかな?」
私「雨が続けばおうちにもきっとくるぞー」
娘「やったーー」

(会話その2)
娘「×××のったの?」
私「ん?・・・。くるま乗ったぞー」(良く聞き取れなかったがくるまだと思い返事)
娘「・・・?」(パパ何言ってるんだろう?)
娘「パパ、おもしろいねぇ」
私「ハッハッハッ」(まぁいいか)

(会話その3)
私「さぁ、そろそろ寝ようか」
娘「パパ、チュウして」
私「・・・!!!」

久しぶりにリラックスした状態で娘と2人きりの会話を楽しんだ。
そして23時過ぎにやっと娘は眠りについた。

そんなバラ色の夜を過ごした私は、またまた目がさえて眠れなくなり、寝酒にスコッチをチビリチビリ飲み始めて結局寝たのは3時。

(我が家の庭に咲いたバラ)
20070615_1.jpg画像クリックで拡大表示

そういえば、娘とバラには共通点があると思った。
たまに、グズッて反抗するところはバラのトゲ。
私達の気持をホッと和らげてくれる表情、しぐさ、笑顔はバラの花。

これから先も酒(私)とバラ(娘)の日々は永遠に続くのだ。
(といいなぁ)


 Pleaseクリック

posted by nori at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 娘(2歳)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4385100
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック