logo.jpg
   川の流れのように、ゆったり、のんびり、ほっとするような内容を綴っていこう。

2007年05月25日

生きている

昨日、カミさんの学生時代の親友が病気で亡くなったとの訃報を聞いた。
その親友は、私達の結婚式にも来てくれていたので私も知っている。
とても元気で明るく、汚れのない子供のような笑顔の素敵な人だった。

そして、カミさんは娘を連れて先ほどお通夜と葬儀に参列する為に急遽実家に帰省した。
娘には、まだ死という意味がわからないと思ったが今朝
「ママが大切なお友達とお別れしに行くから、これからママと一緒に新幹線に乗っておじいちゃん、おばあちゃんの所に行くんだぞ」
と説明すると、
「ちんかんせーん!」
と言いながらまた新幹線に乗れることを喜んでいた。
そして私に
「いってきまーす!」
とまだ何も準備していないのに私にバイバイを始めた。

こんな娘の無邪気な仕草を見ていると、悲しみも自然と和らいでいくから不思議だ。

今回葬儀に参列することで死の意味を少しでも娘が理解してくれればと思う。
生きているという意味も含めて。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。


 Pleaseクリック

posted by nori at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 娘(2歳)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4106716
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック