logo.jpg
   川の流れのように、ゆったり、のんびり、ほっとするような内容を綴っていこう。

2010年06月16日

くじゅう with 龍馬

先週(6/9〜10)は、約半年ぶりのくじゅうでミヤマキリシマを堪能してきた。
今回は、吉部登山口を起点に坊がつるでキャンプ(1泊)、大船山、平治岳に登る計画だ。
吉部登山口を14:10出発。

20100613_1.jpg

平治岳の山頂付近が少しピンク色に染まっているのが見えたので、少し気合いが入ってきた。

もし、ここに龍馬が居たらこう叫ぶだろう。
龍馬「おー!、山のてっぺんが桃色に染まっちょるぜよぉ!」

大船林道を超え、本日はどこも登る予定はないので、ちょっと暮雨の滝に寄り道をした。

20100613_2.jpg

ここはドライミスト効果で、ひんやりと森林浴をした気分が味わえる。
天気も良かったので今日はのんびり歩き、16時過ぎに坊がつるへ到着。

20100613_21.jpg

20100613_18.jpg

何度来ても、ココへ来るとホッとして落ち着くなぁ〜。

20100613_3.jpg

テントを設営し、
まずは、プシュッを。

20100613_31.jpg

龍馬「まっこと、うまいぜよぉ!」

虫もいないし、風もなく、ソロの方がほとんどなので、今日の坊がつるはとても静かで快適だ。

17時半を過ぎると、坊がつる一帯は三俣山の影ですっぽり覆われてしまうので、急に冷えこんでくる。
フリースを着込んで、正面のまだ眩しい大船山を眺めながらしばし黄昏れていると、生ビール片手に私と同じトリコニを背負っている逞しい(?)一人のレディの姿が・・・。

20100613_4.jpg

なんと、三岳?
いやいや、しゅぷ〜るさんだ!。
出発前日のコメントで、明日坊がつるに行くとは知っていたが、まさか本当に会えるとは。
しばらく談笑し、お約束の三岳を頂いたので、少しだがお返しに地鶏を焼いてしゅぷ〜る山荘へお届けした。
いやぁ、坊がつるで三岳が飲めるとは、この上ない幸せ・・・。
しゅぷ〜るさん、どうもありがとう。

龍馬「おまんのおかげで三岳が呑めるぜよ。けんど牧の戸からよー運んでくれたがぜよ。わしゃぁ、まっことうれしいぜよ。」

20100613_5.jpg

三岳の湯割りで至福の黄昏タイムを楽しんでいたが、とうとう19時半には陽が沈んでいった。
その後も三岳でスイッチが入り眠れなくなって、キース・ジャレットを聴きながらホットバーボンをすすっていると・・・。

20100613_6.jpg

もう時間は22時10分。(外気温12℃)

龍馬「明日があるに、わしはもう寝るぜよ。」

明日登る平治岳のシルエットをバックに、風もなく快適な就寝へ。Zuu・・・

20100613_7.jpg

翌朝は8時半起床。(遅)
私は山ではとっても良く眠れるのだ・・・。
準備をして9時半からアタック開始。
立中山山頂付近は薄らとピンク色に染まっているのが見えるが、まだまだのようだ。

20100613_8.jpg

大船山のミヤマキリシマもまだ時期早々の様子だったのでパスし、段原からそのまま北大船山へ。

20100613_9.jpg

北大船山に咲くミヤマキリシマの奥に、硫黄山の噴煙を望む。

20100613_10.jpg

平治岳の南峰を登る多くの登山者たちが見えてきた。

20100613_11.jpg

平治岳の南峰山頂。
開花は7〜8分咲きだが充分に見応えがる。

龍馬「たまげたのー、なんちゅう綺麗な山ぜよぉ!」

20100613_13.jpg

平治岳山頂付近は薄らとピンクの絨毯が敷かれていた。

20100613_14.jpg

これが満開になると凄いんだろうなぁ。
いやぁ参った、ミヤマキリシマ。

20100613_15.jpg

坊がつるへの戻りは、黒土の水はけの悪いぬかるみの灌木帯を歩くが、まわりの自然林がとても美しいので、あっという間に坊がつるへ到着した。

わが山荘に着いたら遅めの昼食を。

20100613_16.jpg

ソル・レオーネは軽い・早い・旨いので私はソロキャンプでよく食べるのだが、このエスプレッソパスタの「スパゲッティ・チーズ&ブロッコリ」は今回初めてだったがとても良かったのでちょっと紹介しようと思う。
実は湯量を間違って多めに注いでしまったのだが、これが功を奏してチーズスープ風のパスタが完成してしまったのだ。
このスープが実に良くて、そのまま体に沁み込んでくるので力が沸々とよみ蘇ってくるのがわかるのだ。

龍馬「こりゃあ、いけるぜよ。」

是非、山でバテバテの時にお試しを。(湯量は1.5倍位多めで)
でも白ワインが飲みたくなるのでご注意を・・・。

20100613_17.jpg

少しのんびり過ごした後、テントをたたみ荷物をパッキングし午後4時過ぎ、後ろ髪を引かれつつ坊がつるを後にした。

今回は一泊だけで物足りなさも残るが、天気にも恵まれ、ミヤマキリシマにも恵まれ、そして三岳も飲めた。

上々の山旅だった・・・。

龍馬「まっこと素晴らしい山じゃったのう。また来るぜよ!」

私「おー、また行くぜよ!」


龍馬との山旅は絶対に面白い!
(と思う・・)


 Pleaseクリック

posted by nori at 13:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 山(くじゅう)
この記事へのコメント
なんと、龍馬さんがご一緒だったのですか!
ご挨拶できなくて、残念でした〜^^

頂戴した地鶏は、今回も、絶妙の塩加減♪
まっこと、旨かったぜよぉ〜!!

テント日和でしたね♪
Posted by しゅぷ〜る at 2010年06月17日 22:39
しゅぷ〜るさん>
しゅぷ〜るさんもいつの日か、どこかの山で、きっと龍馬に会えることでしょう。
お楽しみに・・・。
しかし、三岳はほんとに旨かったぜよ。
また屋久島に行きたくなったぜよ〜。
困ったぜよ〜っ!!(笑)
Posted by nori at 2010年06月18日 18:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38960871
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック