logo.jpg
   川の流れのように、ゆったり、のんびり、ほっとするような内容を綴っていこう。

2010年01月12日

はじめてのお遣い

月曜日の朝、娘が生まれて初めてひとりでお遣いに行った。
お遣いの先は、近所の「クラウド」というパン屋さんだ。
残念ながらその時、私はまだ寝ていたので現場の様子を見ていないのだが、カミさんからの詳細な報告と隠しカメラの映像によるとこうだ。

庭でカミさんに見送られた娘は、颯爽と自転車をこいで出かけた。
しかし、マンションから一般道(狭い)に出る手前で何故か停止した・・・。
一人で一般道へ出るのが初めてだったので心の準備と勇気を奮うのに少し時間が必要だったのだろう。
約5分後、覚悟を決めた娘はペダルに足を乗せゆっくりとこぎ始めた。
そして、一般道を左折して少し直進すると・・・
パン屋に到着!(実は徒歩でも2〜3分の近距離なのだ)
店の中に入り、自分の好きなパンをトレーに乗せて(もらい)、レジへ。
レジで一枚の紙きれ(カミさんが店の人宛てに書いたメッセージ)と財布を店の人に渡し、メロンパンとチョコメロンパンを買うことが出来、晴れて初めてのお遣いは成功したのだった。

家に帰ってきたら真っ先に私を起こしにきた。
「パパー、ひとりでおつかいにいってきたよー」
と興奮ぎみに叫び、私を起こした。
眠気まなこに娘の顔を見ると、いつもと違う「一文字(いちもんじ)」の口、というより自慢げな「へ文字」の口をしていた。

この日の朝に食べたメロンパンとチョコメロンパンの味は一生忘れられない味だ。(ゾ)


 Pleaseクリック

posted by nori at 23:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 娘(5歳)
この記事へのコメント
ほのぼのしいですね(*^_^*)

ノリさん、娘さんが頑張ったメロンパンとチョコメロンパンの味は忘れたら駄目ですよ・・・・・(^^ゞ
Posted by bp-hiro at 2010年01月14日 23:22
hiroさん>どうも、もちろんあの味は忘れませんヨ。
実はもうひとつ面白いことがあったんです。
朝食時に、あのメロンパンとチョコメロンパンは、娘がパンを切り刻んでみんなに配給しました。
言うまでもなく娘が一番量が多かったです。(笑)
ま、仕方ないね。
力関係を学んだようです。
よしよし・・。
Posted by nori at 2010年01月15日 00:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34707824
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック