logo.jpg
   川の流れのように、ゆったり、のんびり、ほっとするような内容を綴っていこう。

2009年12月16日

頼りになるウェア

ちょっと寒くなってきた。
ちょっと雨が降ってきた。
ちょっと風が出てきた。

山では、この”ちょっと”の変化の対応が遅れると、体温が低下し結果的に体力を消耗してしまうはめになる。
そういう変化に迅速に対応してくれる頼もしいウェアと出会った。

20091216_1.jpg

THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス)Borealis Jacket(ボレアリスジャケット)

撥水加工を施した薄手のポリエステルリップで作られた、非常に軽量 かつコンパクトに収納できるウインドジャケット。
付属のスタッフサック(約8×12cm)に収納するとこんなに小さくなるので、ウエストバック内にしのばせておくことも可能だ。

20091216_2.jpg

軽量と耐久性を兼ね備えるために、無駄なものは一切除外してある。
ポケットは左胸上部のみ。
特に急な雨風の時に重宝するフードが付いているのはありがたい。
裾はドローコードでぎゅっと締め付けられるので、ある程度の保温も可能だ。

20091216_3.jpg

以前、屋久島の宮之浦岳に登った時、汗をかいた身体にも関わらず、急な風と気温の低下の中をそのままTシャツ一枚で登りきった為、もう少しで風邪をひきそうになったという苦い経験がある。
やはり、こういう気象条件の変化には少しでも早くウェアでの調整をすべきなのだ。
山が好きだから、山で身体を壊すような事だけはしたくないもんな。

しかし、この軽さと薄さは本当に素晴らしい。(ゾ)

20091216_4.jpg

着ていて束縛感がなく身体の自由が効くので、トレランでも使用されているようだ。
また、走ってみるかな・・・。
最近は、山に限らず出掛ける時はいつもコイツを携帯している。
持っているだけで安心なのだ。
そういう意味で、私にとってコイツはフィールドや季節を問わず、とても頼れるウェアだ。

さてと、ちょっと出掛けてくるかな・・・。

と、颯爽と風をきって出かけたいところなのだが、どうも明日から雪のようだ。
私は寒いのが苦手なのだ。
仕方ない、しばらくはインドアで着用しよう。
ほら、やっぱり頼れるウェアだ・・・。


 Pleaseクリック

posted by nori at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドアギア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34237433
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック