logo.jpg
   川の流れのように、ゆったり、のんびり、ほっとするような内容を綴っていこう。

2007年02月25日

西洋芝への道(白い花の旅)

糸島はもうすっかり春うららの陽気である。
西洋芝もほんの少しだが成長が再開したような感じがする。
特に芝生の中に生えている雑草は目を覆いたくなる程の急成長ぶりである。
(困ったもんだ)

20070225_1.jpg画像クリックで拡大表示

そんな雑草に混じって白い可憐な花がちらほらと混じっていた。

20070225_2.jpg画像クリックで拡大表示

一面真っ白な花畑になっても悪くはないが、ここは芝床なので可愛そうだが退場願った。
しかし思っていた以上の数で結構な時間が・・・。
そんな時こんな事を考えた。

植物が根付くというのは不思議である。
種を撒いた訳でもないのにいつのまにか成長して増えていく。
種は風に吹かれて来たのかもしれない。
鳥がくわえてきたのかもしれない。
買ってきた土の中に潜んでいたのかもしれない。
いずれにしても知らぬまにそこに根付いて立派に成長し、子孫を増やしていく。

この白い花達もをしているのだ。

そう思うとこの白い花や雑草達に対して、やけに愛着が沸いてきてむしれなくなってしまった。
いかん、いかん、心を鬼にせねば。
何か馬鹿な事を考えはじめたなぁ。
春のせいか・・・?


 Pleaseクリック

posted by nori at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | マンションの庭
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3413634
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック