logo.jpg
   川の流れのように、ゆったり、のんびり、ほっとするような内容を綴っていこう。

2009年12月01日

困った焚き火台

前々から欲しかった軽量コンパクトな焚き火台。

20091201_1.jpg
ユニフレーム ファイアスタンドU

ようやく在庫のある店(HOTMANさん)を見つけたので、即注文した。
黒の細長いケースを開けると・・・

20091201_2.jpg

中身は、スタンドと特殊耐熱鋼メッシュを採用し巻いてたためるコンパクトな焚火台。
重量は490gと軽いので、充分バックパッキングも可能だ。
早速歩いて裏山に登り、焚き火が出来そうな場所で実践してみた。

20091201_3.jpg

イイ感じだ。
スタンドはファイアグリルと同じように、4本の足を中心の軸から広げる構造だ。
焚き火を置く台自体がメッシュなので、下から空気がどんどん入り込んで燃焼効率もいいのだ。
せっかくなので直火で焼酎を温めた。

20091201_4.jpg

いやぁ、旨い!
焚き火割の焼酎は身に沁みる(ゼ)。
今日は少し寒いので、体も焚き火のぬくもりが身に沁みた。
枯葉の落ち葉に交じって、透き通るような緑葉が落ちてカラビナにピタッと止まった。

20091201_6.jpg

ん、良く見るとバッタだ。
バッタも寒いのだろう。
しばらく一緒に焚き火にあたっていた。
このバッタくんも焚き火のぬくもりが身に沁みただろうな。

今回この焚き火台を初めて使ってみた感想だが、組立て収納はとても簡単で、ソロキャンプはもちろん少人数(〜4人)での焚き火でも充分実力を発揮してくれると思う。
帰り際、焚き火を終えた網が中々冷めないのではと心配していたのだが、5分も放置していたら完全に冷めていたので撤収時間も問題なさそうだ。
ひとつ欠点をあげれば、台自体が四角いメッシュで出来ているので囲いがない分、火のついた薪が風などで自然にメッシュからころげ落ちてしまう可能性があることだ。
地面に座っている場合は特に、コロコロあっちっちにならないよう注意が必要だ。

20091201_5.jpg

今回は、ちょうど座れる大きさの丸太があったので助かった。
しかし、この焚き火台があれば寒い冬でも山登りが一層楽しくなりそうである。
こいつがあると登っている時間よりも焚き火をしている時間の方が断然長くなるだろうなぁ。
まぁ仕方ない。

こいつは、困った焚き火台だ。


 Pleaseクリック

posted by nori at 18:27| Comment(6) | TrackBack(0) | アウトドアギア
この記事へのコメント
 いやあ、ボクもこの焚き火台を買おうかとしていたところです。やはりタキビストの思考回路はほぼ同じなのですネェ・・・。

 ちなみにこの焚き火台、製造が打ち止めになるんでしたっけ? どこかでそんな情報を聞いたような気がしますが。そうであれば、早く買わなきゃ!
Posted by ペップ島袋 at 2009年12月01日 20:17
ご無沙汰してますm(__)m
このセット、もう少しポールが短いとパッキングしやすいんだけど、この位の長さが考えられて丁度いいんだしょうね。
アウトドアの折り畳み椅子の原理の活用でしょうか!?
直火の焼酎は旨かったでしょ(^_-)-☆
Posted by bp-hiro at 2009年12月01日 23:09
ペップさん>どもども。
今年は私も真剣にタキビストを目指そうと思いますヨ。
この焚き火台は限定生産と噂されていますが、真相は?です。
営業戦略かもしれませんが、私は素直に”限定”の殺し文句に負けました(笑)
でも全く後悔はしてませんヨ。
カヌーツーリングでも使えますから一石二鳥です。(フフ)
また遊びに行きましょう!
(その前に牡蠣・・・)
Posted by nori at 2009年12月01日 23:39
hiroさん>どうもー、ご無沙汰です。
>もう少しポールが短いとパッキングしやすいんだけど
さすがhiroさん、鋭いご指摘。
20Lクラスのザックだと煙突が出ますヨ。(笑)
現物を計ってみたら全長57cmでした。
まぁ、物が火モノですから、少々の煙突くらい気にしない、気にしない・・。
>直火の焼酎は旨かったでしょ
そりゃもちろん!
しかも皮手袋が百均製だったので直火はスリルがあって、より一層熱くなりました(笑)
Posted by nori at 2009年12月01日 23:42

これ私も気になってたんですよ。
火の温もりがありがたい季節ですね。
一番最後の写真が好きだな〜。(´∀`)

Posted by 草かっぱ at 2009年12月02日 18:55
かっぱ先生>どもども。
いいですよ、コレ。
どこでも連れていけそうなので心強いです。
そう、携帯電話だけがケイタイではない。
これも私たちにとっては一種のケイタイですよね。
ネ、ですよね。(笑)
これぞタキビストのケイタイです(ゾ)。
あともうひとつ別のケイタイが欲しいのですが、コンパクトな鉈か斧知りませんか・・・?
Posted by nori at 2009年12月03日 00:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33957736
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック