logo.jpg
   川の流れのように、ゆったり、のんびり、ほっとするような内容を綴っていこう。

2009年09月15日

鶴の一声 〜 山へ

週末の土曜日、朝から娘がとてもうれしい言葉を発した。

「おやまにいきたい」

この鶴の一声で、今日の予定は決まった。
向かった先は、芥屋の立石山。

20090914_1.jpg

久しぶりに家族3人でのアウトドアだ。
同じ糸島地区でも、ここのビーチに立つとまだ夏の雰囲気がムンムンしていた。
いやぁ、今日は海もとってもイイのだが、まずは本来の目的である山を目指した。

20090914_2.jpg

おっ!娘よ。中々イイ登りっぷりではないか。
娘と山を登るのは、もう1年前の二丈岳以来だ。
成長したなぁ・・。
歩くコースを考えながら「よいしょ、よいしょ」(誰の真似?)と気合を入れながらグングン登っていく様を見ていると、ああ・・、思わず嬉しくなって・・、瞼の下に大粒の涙が・・・。
と思ったら涙ではなく、ただの汗だった・・。

20090914_3.jpg

糸島が一望できるポイントで早めの小休止を。
さぁ、時間も正午を過ぎたのでここで昼飯だ。
娘には、頑張ってココまで登ってきたささやかな褒美に、クレクリの座椅子に座ってもらった。
ん、中々様になってきたゾ。(良し々)

20090914_4.jpg

目下に、透き通った青い海を見ながらの食事は格別だなぁ。

20090914_5.jpg

それに青い海を見ながらのビールは、もっと・もっと格別だなぁ・・・。
食事が終えたころ、娘に睡魔が襲ってきた。
仕方ない、今日はここで下山しよう。

20090914_6.jpg

そんな事もあろうかと今回は娘がすっぽり入れるザック(ノースフェイスのスカレブ40)を背負ってきたのだ。
しかし娘の睡魔は何処へやら、下り始めると私の背中でキャッキャッと騒ぎ始めた。
そんな、はしゃいでる娘が下山中、急に
「パパ、まって。とまって」
と静止を要求した。
そしてポツリと一言
「うみがきれいだよ」
・・・・。
んー、全く今日はいいセリフをはくなぁ。
泣けてくるゼぃ。

20090914_7.jpg

そして下山後は、海へ。
水着を持ってきてなかったので波打ち際で膝まで浸かって海とたわむれた。

20090914_8.jpg

帰りに志摩町の引津運動公園に立ち寄り、娘の運動会に向けカケッコの練習をした。
このグラウンドはとても広く、中々開放感があって良かったなぁ。
こういう広い所に身をおくと子供は自然に走り出すものだ。
私も娘と一緒に走ってみたが、ん??何か変だゾ。
気持ちは10m先を走っているのだが・・・。

ココ何年も真剣に走っていないせいか、どうも私もカケッコの練習が必要なようだ。
また娘には付き合ってもらおうと思う・・・。


 Pleaseクリック

posted by nori at 23:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 娘(4歳)
この記事へのコメント
こんばんわm(__)m
娘さんをザックに入れて背負ってる写真!
最高っすね(^。^)
羨ましいです!
Posted by bp-hiro at 2009年09月22日 02:08
hiroさん>こんばんは
いやぁ、最高っすねと言われても、嬉しいのやら恥ずかしいのやら、情けないのやら・・・。
たんなる親馬鹿です(照)
でも重くても楽しいので、苦しみがない分イイ山トレになりますヨ。
実は昨年の屋久島縦走の時もこの方法で娘に載ってもらい山トレしました。(笑)
Posted by nori at 2009年09月23日 23:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32157389
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック