logo.jpg
   川の流れのように、ゆったり、のんびり、ほっとするような内容を綴っていこう。

2009年06月29日

娘と二人旅

21日から1週間、親父の快気祝いを兼ねて家族3人で宮崎へ車で帰省した。

20090628_1.jpg

写真はみんなで墓参り(日南)の帰りに寄ったフェニックスドライブイン。
いまや、この風光明媚な日南海岸線も山間部からトンネルでショートカットしたバイパスが開通して以来、ここを通る車は少ない。
最近ココを通る度に怒りと憤りを感じる。
理由は結果的にこのバイパスによって、宮崎自慢の観光名所(青島、堀切峠、サボテン公園、鵜戸神宮)に蓋をしてしまったからだ。
ココ通れワンワンと、味もへったくりもないトンネルを通らされ、やっとこさ海に出たところで、「はいココが日南海岸です」と言った所から先にはたいした景観はない。
今回、本来の海岸線を通ろうと思い、旧道(富土海水浴場)を走っていると海岸線の途中で道が途絶え、なんと通行止めに!(喝だ!)

20090628_2.jpg

さて、そんなマイナス要素はさっさ忘れよう。
梅雨本番で天気予報はほとんどが雨予報だったが、娘が作った照る照る坊主の効果(?)で雨に当たったのは1日だけだった。

20090628_3.jpg

みんな夜寝る時間が早いので、私は娘の寝顔を肴にひとりしずかにちびりちびりと・・・。

20090628_4.jpg

24日(水)にカミさんは別件で小田原に帰省したので、これから福岡へ帰る迄は、娘と2人で行動を共にすることになった。
福岡へ帰る前日、ようやく娘と二人の時間が取れたので近くの木崎浜へ。

20090628_5.jpg

しかし、途中で娘は・・・。(Zuuu)
気持ち良さそうに寝ていたので、そのまま寝かせて窓を全開にして浜風を浴びさせた。

20090628_6.jpg

天気は曇りでぱっとしないが、広大な砂浜とサーファー達の波乗りを見ているだけで開放感があり気持ちが解れる。

20090628_7.jpg

人気のサーフ天国も平日だとご覧のとおり。

20090628_8.jpg

終始10数人が波人となっていた。

20090628_9.jpg

このゆったりした空気がとてもイイ。

20090628_10.jpg

この気持ち良さを持続したまま実家に帰り、その日の夜はいつもの「あさひ」の地鶏炭火焼きでプシュッを嗜んだ。
翌日は娘と二人、福岡迄の車旅を楽しんだ。

20090628_11.jpg

そして帰宅した翌日。
隣の公園で娘は声高らかに元気炸裂だ。

今宵も娘の元気を肴に旨い酒を飲んでいる。
久しぶりだが、改めて娘に感謝を・・・。


 Pleaseクリック

posted by nori at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 娘(4歳)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30154701
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック