logo.jpg
   川の流れのように、ゆったり、のんびり、ほっとするような内容を綴っていこう。

2008年12月23日

地球に優しいランタン

寒い日の夜。
部屋の中、蛍光灯の明かりだけではなんとなくムナシク、落ち着かないのは私だけだろうか。(?)
やはり、ランタンのあの温もりのある灯りが欲しい。
しかし、家の中でガスやガソリン、灯油ランタンだと匂いや音が気になる。
その点、LEDランタンなら安全性も含めてノー・プロブレムだ。
そこで最近、我が家で夜な夜な活躍しているのがコレ。

GENTOS EXPLORER EX-777XP
(ジェントス エクスプローラ)

20081223_1.jpg

GENTOSのランタンはこれが2つ目だが、このランタンは主に屋上でBBQをする時などに気軽に利用していた。
デザインはさておき、暖色LEDなのでとても温もりのある灯りを発して光量も280ルーメンと十分である。
しかし、部屋で頻繁に利用するようになると、当然コスト(電池代)もかかる。

20081223_2.jpg

そこで考えたのが何回でも繰り返し使用可能な充電池。
このランタンは単1電池×3。
しかし、単一電池は重いし、他で使用する機会もほとんどない。
そこで考えた。
一番利用頻度の高い単3電池を単1電池として使用できるスペーサーを使えば軽量化も図れる。
その結果がコレ。
単1サイズのスペーサーに単3充電池がすっぽり納まっている。

三洋電機のeneloop(エネループ)
20081223_3.jpg

デザインもシンプルで気にいっている。
(普段は密閉されているので一目にふれる事はないだろうが)

20081223_4.jpg

コスト面でも、1000回は充電可能ということなので、1週間間隔で充電を繰り返すと仮定すると、なんと19年はこのセットで利用できる計算だ。
いやぁ、とてつもなく地球に優しいランタンではないか。
しかもこれで19年も気持ちが安らぐのであれば言うことナシだろう。
これからも夜のお供として、ずっと活躍してくれると思う。
明日のクリスマス・イヴの夜はこの灯(ともしび)でしんみりやるかな。

20081223_5.jpg

シ・ン・ミ・リと
「プシュッ!」
「グビッ!」
「ハーッ!」
・・・と

しかし、この手の灯りだと妙に酒がすすむのだ。
コイツも困ったランタンだ。


 Pleaseクリック

posted by nori at 23:50| Comment(2) | TrackBack(0) | アウトドアギア
この記事へのコメント
このランタンはいいですよね〜。うちでも大活躍です。
エネループ化、私も考えているのですが電池の持ちはどうでしょうか?一晩持てばキャンプに使えるな〜と思うのですが・・
電池の持ちさえ良ければ重量も軽くなってゆうことナシですよね〜。
Posted by ぱる at 2008年12月25日 16:08
アルカリ電池と比べると光量は劣りますが、一晩なら持つと思いますヨ。
いつもちょうど充電が切れてきて薄暗くなった頃に私はイイ感じで出来上がってます。(笑)
グッドタイミング&グッドジョブです。
Posted by nori at 2008年12月25日 22:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/24687767
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック