logo.jpg
   川の流れのように、ゆったり、のんびり、ほっとするような内容を綴っていこう。

2008年11月22日

控え目な山

今日は久しぶりの秋晴れ。
山とも1ヶ月近くご無沙汰していたので、時間が空いた午前中に近場の山へ出かけた。
場所は芥屋(けや)海水浴場の横に、控え目にそびえる立石山。

20081122_1.jpg

いやぁ、今日は海も空も風も全てが穏やかだ。

20081122_2.jpg

波の音を聞きながら山に登る。
(シ・ア・ワ・セ)

20081122_3.jpg

控え目な低山が故に、30分で山頂が見えてきた。(早ッ)

20081122_4.jpg

少しペースを落とそうと思い、しばし芥屋の海風を全身に浴びた。
これを海風浴(かいふうよく)と云う(?)。
しかし気持ちがイイなぁ。
プシュッがあれば尚良しなのだが・・・。

20081122_5.jpg

この山の山肌はほとんどが花崗岩。
先日の娘のクライミングに刺激されてか、無性にコイツによじ登りたくなってしまった。
そして・・・

20081122_6.jpg

後で写真を見てびっくり。
なんと見事な絵に描いたようなへっぴり腰。(照)
最初は良かったのだが途中からズルズル・・・・ドスッ。
「アーッタ!」
が、芥屋の海に控え目に響いた。
今日は、控え目な山で良かった。


 Pleaseクリック

posted by nori at 16:42| Comment(4) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
 泥酔する日はあっても、しっかり山スピリッツは忘れてませんね。さすがです。そして果敢にお嬢さんに負けまいとクライミングに挑むあたり、登山家の鑑です。さすがです。落ちて尾てい骨を打ったオチまでつけて、父親としても鑑ですネ。まったく、さすがです。
 ヒョーロンカの口調になってしまいましたが、海の季節が本当に終わってしまいましたネ。今年はご一緒にカヌーをコギコギしたかったなぁ。来年こそ、よろしくお願いします。
Posted by ペップ島袋 at 2008年11月23日 04:12
お〜、この岩はクレイジークリーク(+プシュ)に良さそうですね〜。

確かにこの前の娘さんのほうがいいフォームで登ってますねえ。
親離れ+親父越えかも・・
Posted by ぱる at 2008年11月24日 11:04
ペップさんへ。
いやぁ、ズリ落ちて”さすが”は褒め過ぎです。
控え目に照れます(笑)。
さて、カヌーですが昨日少しやってきましたが風がなければまだまだイケますヨ。
今度是非コギコギして船上でプシュッしましょう。
Posted by nori at 2008年11月24日 22:18
ぱるさんへ。
ここは気持ちが海から離れそうな冬場もイイですヨ。
低山が故に海風がもろ体当たりしてくるので、こちらも負けまいと湯割りがすすみます(笑)。
>娘さんのほうがいいフォームで登ってますねえ。
異議なし・・・。
これも控え目にフォーム改善に取り組みます。
Posted by nori at 2008年11月24日 22:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/23224583
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック