logo.jpg
   川の流れのように、ゆったり、のんびり、ほっとするような内容を綴っていこう。

2006年11月28日

夜遊びの理由

先日、夜9時を過ぎたのでいつもの様に娘を寝かしつけようと、一緒に歯磨きをして布団に入った。
普段は布団に入ってから、コチョコチョ遊びでスキンシップをしたり、本を読んだりしてだいたい1時間もすれば寝てくれる。
娘が寝てからが自分の自由な時間なので最近は寝かしつけるのもある意味必死だ。
しかし、その夜は違っていた・・・。

布団に入ると、鼻歌を歌い(結構うまい)しばらくすると布団から出て立ち上がり部屋の中を物色し、私の手を握って
「あっちぃ」(訳:あちらへ行こう)
と言う。
娘に手を引かれながらついて行くとおもちゃが入っている棚を手でトントン(訳:ココを開けて)している。
開けてあげると積み木の箱を取り出して中を開けて積み木を組み立て始めた。
20分もすると飽きたのか、作った積み木を壊して箱の中に入れ始めたので、しめしめ眠くなったなと思いながら片付けを手伝ってやって
「さぁ寝ようか」
と言うと、思いに反してまた部屋の中をグルリと物色し始めた。
今度はお絵描き帳を指さした。
これもしばらく付き合い、今度こそ寝るかと思えば次は写真のアルバムを開いて見ながら、
「ぶっぶーよ」(訳:うちの車よ)
「ふーっよ」(訳:ケーキのロウソクをフーして消してるよ)
などと写真を指さしながら声を出して訴えかけてくる。
娘は写真やビデオを見るのが大好きで同じ写真を何度でも繰り返し見るのでアルバムはもう所々折れ曲がったり破れたりしている。
ひととおり見終わったので、さぁ今度は寝るだろうと思ったら、今度はジャングルジムに乗って遊び始めた。
体を動かせば眠くなるだろうと思ったので、まぁいいかと思いしばらく横で焼酎を飲みながら様子を見ていた。
しかし、遊びは益々エスカレートし、今度はアンパンマンカーに乗って「アンパンマンのテーマ」をかき鳴らしながら部屋の中を暴走し始めた。
そうこうしていると時計の針はなんと午前1時をさしているではないか。
これはヤバイと思い、強行に部屋の明かりを消すと
「なにぃすぅ〜のぉ」(訳:何するのヨ)
と泣き出したので、また明かりを付けると泣きやんだ。
しばらく明かりを消したり付けたりを繰り返すが一向に寝ないので最後の手段、寝たふり作戦をカミさんと共に決行した。

目を閉じて、小さくイビキをかき時々薄目を開けて様子を伺う。
作戦開始から約10分後、そっと目を開けてみると娘は私達に背を向けて一人静かにクリスマスツリーの飾りをガサガサ触って遊んでいた。
作戦は失敗で結局その後、カミさんが娘を抱っこして揺ら揺らしてあげたら午前1時30分にやっと寝てくれた。

朝起きると床の上には娘の夜遊びの痕(あと)『クリスマスツリーの飾りや銀紙』が散らばっていた。

20061128_1.jpg画像クリックで拡大表示

その後も、娘の夜遊びはここ2、3日続いている。
そして急に始まったこの夜遊びの理由を考えてみた。
昼寝はこれまでどおり毎日1〜2時間しているようだ。
他に生活のリズムで変わった事といえば先週5日程風邪で寝込んだことくらいだ。
そうか、寝込んで遊べなかった時間を取り戻す為に夜な夜な遊んでいる様に見えなくもない。

そうだとするとあと多くて2日辛抱すれば22時前には寝てくれる?

・・・はずだ

I want the time that is freedom now !

 Pleaseクリック

posted by nori at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 娘(2歳)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1856020
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック