logo.jpg
   川の流れのように、ゆったり、のんびり、ほっとするような内容を綴っていこう。

2017年06月25日

ミジュン

先週末も天気が良かったので糸島の海でカヤックを浮かべてきた。
今回のスタート地点は気分を変えて寺山海岸から出航。

20170618_0.jpg

すると、ここ寺山で嬉しい出会いがあった。
ロングツーリングを志す、さすらいのシーカヤッカーFさんだ。

20170618_1.jpg

Fさんとは共通点が多く、
娘が中学1年。
三線を弾く。
酒が好き・・
という事で意気投合したのだった。

さて、今回は今まで漕いだ事がないコースを辿ろうと思う。

20170618_2.jpg

小さな無人島が3つ・・。

20170618_3.jpg

プライベートビーチを有する優雅なお屋敷。
上陸したかったが、通報されたら困るのでやめた・・。

20170618_4.jpg

車でよく通る弁天橋。
一度くぐってみたかったのでくぐってみる事にした。

20170618_5.jpg

この辺りは汽水域でパドルが底を付く程の浅瀬で、水もあまり綺麗ではないので、一度切りで十分だ・・・。

やはりこういう人工物がある場所での、シーカヤックは面白くないナ、という事を実感した。

橋をくぐり終えたらすぐにUターンし、綺麗な海(オアシス)を目指して逃げるように力を込めてパドルを漕いだ。

20170618_6.jpg

30分程漕いで、オアシスに到着。

ここは水が綺麗なので安心して水に入り、しばらくセルフレスキューの練習をした。
まずは最も基本的なパドルフロートを使っての沈、脱、再乗艇、排水を繰り返し行い体に覚えさせる。

何度かやっているうちに急に海面が黒くなって揺ら揺ら動き始めた・・。

20170618_7.jpg

藻か?

20170618_8.jpg

いや、小魚の大群だ。

カメラをそっと海中に入れシャッターを切ると、

20170618_9.jpg

凄まじい数の鰯(いわし)の群れが写っていた。

こんな波打ち際で鰯の群れに会えて嬉しくなり、

20170618_10.jpg

たまたま(?)持ってきていたウクレレで鰯たちに曲を捧げた。
曲は「ミジュン」
(沖縄で鰯を「ミジュン」と言う)

もちろんこんな曲は存在しないので、その場の雰囲気に合わせて適当にコードを組み合わせて弾いたつもりだったのだが、

弾き終えると黒い影は消えていた・・・。

やはり、沖縄言葉の曲名だから、ウクレレではなく三線でなければ駄目だったんだナ。
これは絶対に三線でリベンジだナ・・・。


 Pleaseクリック
posted by nori at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | カヌー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180144972
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック