logo.jpg
   川の流れのように、ゆったり、のんびり、ほっとするような内容を綴っていこう。

2008年07月02日

平助の夏

ここ糸島へ引っ越してきてから、毎年夏になると何処からともなく我が家へ侵入してくる珍客がいる。

カニの平助(へいすけ)である。
(本名:イワガニ科のアシハラガニ)

その平助が先週末の日曜日、ついにやってきた。
せっかくのお客さんなのだが、寝ている時にハサまれると困るのでいつも丁重にお断りして部屋の外へ退場願っている。
退場後、庭で遊んでもらっている時に、平助をマジマジと観察してみると、なんとも愛嬌のある顔をしていた。

20080702_1.jpg

歩いている時も平助は愛嬌を欠かさない。
平助を見ていると飽きない。
それにとても癒されるなぁ。

20080702_2.jpg

芝生の上は暑いのか、くすぐったいのか判らないが平助はコンクリートの方へ移動し、その後は車の下に身を隠し涼んでいる様子だった。
どうも平助の夏は始まっているようだ。

そんな平助が、あなたの街にも遊びに来るかもしれない。
もし見かけたら平助に負けないくらいの満面のニコニコ顔で迎えてほしい。
そうする事であなたの心は夏の青い空のようにスカッと晴れるハズだ。
(梅雨明け近し)


 Pleaseクリック

posted by nori at 12:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記・雑記
この記事へのコメント

平助が現れると、梅雨明けが近いお印なんですね!大歓迎ですよ♪
実はしゅぷ〜るも本日、直感的に(根拠なく)、梅雨明けの近いことを察知しました(笑)

さー、2008年の夏山到来ですよー!(ワクワク)
noriさんはこの夏、どんな山行をされるのでしょうか♪

Posted by しゅぷ〜る at 2008年07月02日 22:05
フーテンの平助は、私にとってサンタクロースみたいなヤツで、毎年「夏」を届けにきてくれます。
毎年この時期、廊下でガサゴソ音がすると平助が決まってニコニコ顔で歩いています。
最初はビックリしたけど毎年来てくれると可愛いもんです。
さて、平助が届けてくれた夏を楽しむべく山計画ですが、今夏は宮崎、小田原、鹿児島へ行く予定なので、その地でひと山は登ろうと企んでいます。
あと、初秋は屋久島です。(三岳を抱えて)
いざ!(ウズウズ)
Posted by nori at 2008年07月02日 23:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16560364
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック