logo.jpg
   川の流れのように、ゆったり、のんびり、ほっとするような内容を綴っていこう。

2008年05月22日

困った時計〜PROTREK

私は外で遊ぶときは腕時計はしない派だったが、山登りを始めてからはそれなりの機能を搭載した時計が欲しくなってきた。
最初はデザインと実績でスントのヴェクターを候補に挙げていたのだが、実際に腕にはめてみるとオモチャみたいでしっくりこなかったのでやめた。
そこで他のメーカーの時計をいろいろ見てまわり思わず足が止まったのがコレ。
CASIO PRW-1500J-1JF(詳細はココで)

20080522_0.jpg

プロトレック最新モデルで、登山で大活躍するトリプルセンサー(方位、気圧/高度、温度)に加え、海や川など水辺で性能を発揮するタイドグラフ(潮汐)、ヨットレース対応タイマー、月齢機能を搭載。
また、従来のモデルは10気圧防水が最高だったが、このPRW-1500は、20気圧防水機能を搭載した。
電源は電池交換不要のタフソーラー(大容量ソーラー充電システム)。
山だけに限らず海(カヌーや釣り)での使用も充分可能なので、幅広いシーンで活躍してくれそうだ。
装着してみると少しゴツイ感じはしたが、その分文字盤やボタンが大きいので非常に見やすく操作しやすい。
何よりもタフで頑丈そうなのがイイ。

20080522_2.jpg

さて、この一番欲しかった時計を、実は私の44歳の誕生日にプレゼント(私とカミさん共同出資)してもらった。
誕生日っていいなぁ。
今年の3月末に発売されたばかりで結構高価だったが、なんと定価の4割近くまで値を下げてくれたので購入にふみきった。
そして購入した当日から早速、九重でデビューを果たしたのだった。
その際、一番使用した機能は何といっても高度計でこれはすこぶる気に入ったし楽しめた。
登りの辛い時(特に山頂が見えない時)に高度計の数値が少しずつでも上がっていくと、あと100m、あと50mとカウントダウン出来るので精神的にも楽になり頑張りが効く。
高度計の精度は、登る前に現在の高度値に補正しておかないと正確性は得られないが目安としてはまぁまぁ使える範疇だと思う。
写真は先日二丈岳に登った時の高度計値。

20080522_1.jpg

これも登山口でその地点の標高で補正しておいたから正確な値が出たといえる。
但し、補正を怠ると気圧と温度の状態によっては100m近くの差が出るので、空を飛んだり地下に潜るハメになるので注意が必要だ。

しかしコイツは絶対に使えるし、頼りになるよ。
この時計をハメると急に外に飛び出したくなるんだなぁ。
こりゃ困った時計だ。(嬉)


 Pleaseクリック

posted by nori at 12:34| Comment(6) | TrackBack(0) | アウトドアギア
この記事へのコメント
こんにちは。
私もこのモデル、狙ってるんですよ〜(笑)
先日も売り場に行って腕につけたりしてみました。思ったほど大きくないですね。
そこではまだ25%くらいしか割引がなかったので、今は安くなるのを待っています。

20年位前、プロトレックの同じようなモデルを持っていたのですが、気圧計は精度がイマイチだった気がします。今のモデルは良さそうですね。早く欲しいなあ・・
Posted by ぱる at 2008年05月23日 11:39
こんにちは。
私はヨドバシ博多店で3万円で買いました。
これにポイントが13%(3900円分)付いたので実質4割強引きでした。
やはり海でも使えるというのが一番惹かれましたね。
高度計はマメに補正すれば精度は高い方だと思います。
但し温度計は腕の体温を拾ってしまうので、今の時期でも32℃前後を示してしまいダメですね。
酒飲んでるとイッキに40℃近くまで跳ね上がりますよ(笑)。
でも腕から外してしばらく放置しておけば正確な温度を示してくれます。
「あんた本当に”腕”時計?」て言いたくなりますヨ。
まぁ手はかかるけど可愛いヤツです。
私はコイツが好きです。
お勧めします。(温度計以外は)
Posted by nori at 2008年05月23日 12:45
ほんと困った時計ですよ〜
物欲メーターが振り切れました(笑)
カウントダウン出来るのがいいですね
前回のくじゅう登山、我家はずーっと『あと少しよ』でした(爆)
Posted by み〜ぱぱ at 2008年05月23日 15:58
カウントダウンは、家族で当てっこしながら登ると面白いかもしれませんね。
しかし、物欲メーターが振り切れてでも欲しい、というその気持ち痛いほどわかります。
そんなみ〜ぱぱさんへ私からもひとこと言わせて下さい。
『あと少しよ』・・・(笑)
本当困った時計です。

実は私も次なる物欲があるのですが、『あと少しよ』と自分に言い聞かせることにします。ハイ。

Posted by nori at 2008年05月23日 18:06
一つ前のモデル、PRW-1000Jを愛用しています。去年の夏に、23,000円で購入しました。タフソーラー&電波時計が購入の決め手でした。山でも、普段の生活でもつけています。お蔭で、まだ一年も経っていないのに傷だらけ。でも、それがまたイイ味出してるんですよね♪

温度計は体温の影響を受けると正確さに欠けるけれど、高度計は体温などで一定の温度に保たないと正確に測れないという矛盾(?)は、購入後に知ったんですが…永く愛用したいです!

ちなみにデジタル物は、山行中に不具合が生じたら困りますので、アナログ式の温度計付きコンパスをいつもザックにセットして持ち歩いてます。
Posted by しゅぷ〜る at 2008年05月23日 21:52
遊び道具に付いたキズは、使った人のキズでもあり、輝きでもあると思います。
モノは使ってこそ輝くモノ。
だからこそいいモノが欲しい。
でも、いいモノは高い。
んー、困ったもんだ。(笑)
でも、困っちゃうから楽しいんじゃないかなぁ。

話変わりますが、今この時計で高度を計ってみたらなんと60mでした。(通常は10m前後)
今にも雨が降り出しそうな天気。
→気圧が下がっている
→高い所に登った
と計算した結果なんでしょうか。
やはりマメに補正しないと駄目ですね。
でもこの補正の手間も楽しい。
手がかかる方がアナログっぽくて、私は好きです。
根がアナログなんでしょうか。(笑)
Posted by nori at 2008年05月24日 01:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15168670
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック