logo.jpg
   川の流れのように、ゆったり、のんびり、ほっとするような内容を綴っていこう。

2006年10月20日

朝の3歩

娘との朝の散歩にまたまた変化が現れてきた。

娘があまり歩こうとしなくなったのだ。
これ迄は、娘の「だっこ作戦」と 私の「追越し作戦」(勝率5分5分)で半分は娘も歩いていたが、「だっこ作戦」に磨きがかかってきた。
どういう磨きかというと、だっこ後に思いきりしがみついて、だっこ状態を少しでも長く持続しようという戦法をあみ出したのだった。
この「しがみつき作戦」はなかなか手ごわく、下に降ろそうとするその瞬間に手足を絡ませて、しがみつき、降ろせない様に抵抗するのである。
手は首の周りを、足は腰の周りをがっちり力を入れてしがみついてくるので、振り落とさない限りはずっーと永遠にだっこ状態を持続せざるおえないのである。

そんな娘を私は
「敵ながらアッパレ」 とか
「良し良し、知恵がついたな」 とか
「力が強くなったな」 などと
感心しつつ親バカ的な苦笑いをすると、今度は娘が
「どんなものヨ」 と
勝ち誇ったような笑みを浮かべる。
その笑みを見て私がまた
「やりよったな」 と
苦笑いする。(そしてしばらくの間二人はニヤニヤしている・・・)

20061020_1.jpg画像クリックで拡大表示

しかし、このままではいけない。
「朝の散歩」が「朝の歩」になってしまう。
新たな 作戦 を考えねば。


 Pleaseクリック

posted by nori at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 娘(1歳)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1487506
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック