logo.jpg
   川の流れのように、ゆったり、のんびり、ほっとするような内容を綴っていこう。

2008年04月21日

裸足で走る

週末の土曜日は娘が4月から通い始めた一貴山保育園の保護者総会があったので私もカミさんと一緒に参加した。
娘は入園当初1週間くらいは、保育園いやだぁ、行きたくない、と泣いた事もあり、少し心配だったので園内の様子が見れると思って今回参加した。
午前中はグラウンドで親子ゲームをして遊んだ。

20080420_1.jpg

娘はというと、最初は皆と同じようにゲームをしていたのだが、そのうち近所のりょう君とゲームそっちのけでタンポポの花を摘んで遊び始めた。
しかも娘の足は裸足。
まわりを見ると他の子供達もほとんどが裸足である。
健康にもいいし、何より気持ち良さそうだったので私も裸足になりたかったが、変なオヤジと思われては娘にワルイのでそれはやめておいた。

20080420_4.jpg

今回の視察(?)で、家では見せない娘の一面を見た。
普段はすぐに甘えて「抱っこー」とオネダリするのに、ここではりょう君やなずき君達と一緒に良ーく走りまわっていた。
しかも娘のまわりは男の子ばかりだ。(まだ3歳だから許す)
この走りを見て、家で食欲旺盛になってきた理由が良くわかった。
それに夜も早く電池が切れて10時前には寝るようになった。
体力も更についてきたのか三輪車をグイグイこいで走るようにもなった。

20080420_2.jpg

そう、娘は保育園生活を通して確実に地に足を着けて走り始めているのだ。
子供なりに耐えることを学び、それを我慢ではなくバネにして駆け抜け、その先にある笑顔を獲得した。

当日、同じゾウ組の2つ年上のナイスな先輩と金メダルの笑顔。
20080420_3.jpg

親である私たちも大事なことを忘れてはいまいか。
たまには裸足(真っ白)になって走ろう


 Pleaseクリック

posted by nori at 00:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 娘(3歳)
この記事へのコメント
裸足で遊ばせる方針の保育園なんでしょうね。いいですね。
私も庭で遊ぶときくらいはできるだけ素足で遊ばせるようにしています。裸足のほうがいろいろ刺激されて(ツボも多いことだし・・)良さそうですね。
Posted by ぱる at 2008年04月24日 18:30
こんばんは。
裸足は地面(土)を通して直に地球と接していられるのでとても安心できて気持ちがオープンになりますね。
そういう心理的な面からくる子供同士の交流もねらっているのではないでしょうか。
ちなみに私は子供の裸足文化大賛成です。
私も最近裸足になるといえば海辺だけですが、これからは山登りで山頂についたら裸足で貫こうかなぁとマジで考えましたよ。
もちろん暖かい期間限定ですが(笑)
Posted by nori at 2008年04月24日 23:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14239168
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック