logo.jpg
   川の流れのように、ゆったり、のんびり、ほっとするような内容を綴っていこう。

2008年01月31日

ミステリー

正月にカミさんの実家に帰省した後から、娘にある異変が起きた。

テレビを付けると
「いやぁ、けして、けして」
とテレビから目をそむけながら痛切に訴える。
消さないと、しまいには泣き出してしまう。
しかし家だけならまだしも、病院やお店や友人宅でテレビがついていると、娘の厳しい関門チェックにひっかかり入れなくなる事もあったそうだ(カミさん談)
テレビがエスカレートしたのか音楽をかけても
「いやぁ、けして、けして」
となってしまった。
いやぁ困ったものだと最初は思っていたが、時が経つにつれテレビが無くても平気なカラダになってしまった。
しかし、テレビのない生活は我慢できても、私は音楽だけは我慢できない。
いやがる娘を実験するかのようにいろんなCDをかけてみると、不思議とあるCDだけは嫌がらなかった。

Richard Whiteman Trio / Grooveyard
(リチャード・ホワイトマン・トリオ / グルーヴヤード)

(詳しくはココで)
20080131_1.jpg画像クリックで拡大表示

このCDだけは、笑顔で体を動かしリズムにのり、ジャケットの鍵盤の絵を叩いてピアノを弾いているような素振りをしたりする。
しかも自分から
「ぴあのききたい」
と言ってこのCDをリクエストするのである。
しかし冷静に考えると数あるCDの中でもこのマイナーなジャズ・アルバムを選んだ娘はまことにいいセンスの持ち主だ。(親馬鹿)
スインギーでありながら繊細なピアノ、美しいバラードは非常に耳に入りやすく聴き応えがある。
いやぁ、お蔭様でもう既に何回聞いた事か・・・。

それにしても、こんな行動をとる娘は本当に不思議だ。
何がイヤで、何がイイのか?
親である私もカミさんも原因は未だ不明だ。
これだけは娘に問いかけても絶対に理由をカタろうとしない。
まさにミステリー

もう少し時が経ってから原因を聞くことにしよう。
それまでテレビはほとんど見ない生活が続くので、ニュースや流行りの番組など知らないと思うが、無知な男と思わずそういう訳なのでみなさん、ご愛敬を。

でも北京オリンピックまでには何とかしたいナ。
娘よ、頼む・・。


 Pleaseクリック

posted by nori at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 娘(3歳)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10323858
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック