logo.jpg
   川の流れのように、ゆったり、のんびり、ほっとするような内容を綴っていこう。

2014年09月09日

困った坊がつる


8月31日(日)朝8時半起床。

前回からの続き)

20140906_0.jpg

昨夜は快適な気温(20℃前後)と、このフサフサ草ベッドのお蔭で、ぐっすり良く眠れた・・・。
雨も降らなかったようだし。

さぁ、今日はどこへ行こうか?
と、空を見上げて考えたものの中々答えが出てこないので、とりあえずその辺を散策。

20140906_1.jpg

夏のオニユリと、茶色く染まった秋のススキのコラボ。
今は二つの季節が仲良く同居しているのだ。

歩きながら今日の行動を考える。
北千里ヶ浜を歩き、帰りに温泉にでも入ろうか。

20140906_2.jpg

という考えに至り早速、棒ラーメンを作って食べて、
法華院山荘へ向けて出発したが・・・、

天気がパッとしないせいか、山荘へ着いても気持が乗らなかったので、最初に温泉に浸かった。
しかし温泉に入ったらもう見事にのんびりモードへ突入・・。

20140906_4.jpg

仕方ない。
山荘でこれらのエネル源を買い出しして坊がつるの我が家へ戻った。

20140906_3.jpg

テントへ戻っても退屈はしない。
バックパッカーを連れてきていたので、思う存分ギターで遊んだ。(&プシュッ)
今回はギターを持ってきて正解だったなぁ。

しかし、快適だった天気は夕方から下り坂へ・・・。

20140906_6.jpg

テントをバチバチ叩く大粒の雨が降り、2日目の夜は一晩じゅう降り続いた。(嗚呼)
でも4年前のテント水没まじかの凄まじい豪雨に比べればカワイイ雨だ。(その時の記事はココで)
仕方なく、その夜はおとなしくテントの中で過ごした。
ギターの音をかき消す程の大雨だったので、気分転換にiPhoneにチューナーとイヤホンを繋いでTVを観た。

20140906_7.jpg

「おやじの背中」がちょうど放送中だった。
オヤジと子供の葛藤の物語。
私も娘をもつ一人のオヤジなので気持ちはわかる。
テントの中で雨音を聞きながら観ると切なさと笑いが更に身にしみる・・。

20140906_8.jpg

3日目の朝6時過ぎ、大きな雨音で目覚めた。
まだまだ雨はやみそうになかったので、2度寝を。

そして8時頃、今度は暑くて目が覚めた。
目を開けるとテントの天井が眩しかったので嬉しさのあまり飛び起きた。

20140906_9.jpg

緑豊かなくじゅうの山々に青空は似合う。

やはり自然の中に数日身をおき、こういう自然の変化を体感するのはイイことだと思う。
雨の恵み、太陽の恵みを肌で感じて、

20140906_10.jpg

いやぁ、実に爽快・・。

20140906_11.jpg

虫たちも一斉に活動を始めた。
私も。

でも活動は活動でも、撤収作業だ・・・。

20140906_12.jpg

これが今回の全装備。
右上がギターで、実はこのケースはカヌー用のパドルケースなのだ。
このバックパッカー・ギター、良く見るとパドルのような形をしている。
もしやと思い中に入れてみると、これがピタリと収まったのだった。
今度から別名パドル・ギターと呼ぼう。

20140906_13.jpg

正午前に坊がつるを後に。

帰りは大船林道の楽々コースで帰った。

20140906_14.jpg

いやぁ、今回の3日間は実にマッタリ、のんびりした坊がつるライフだった。

何にもないけど、自分に必要なものだけはある。
坊がつるはそういう所だ。
たまにはこうゆう所でシンプルに生きないと、物や情報で溢れた社会にいると自分を見失ってしまう。

だからまた行かなければならないのだ。

どうせ行くなら次は紅く染まる秋がイイな。

坊がつるも困った所だ・・・。


 Pleaseクリック
posted by nori at 19:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 山(くじゅう)
この記事へのコメント
3日間の坊がつるライフ、こちらものんびりムードで読ませてもらいました。
てか、羨ましい限りで体に悪いっすヨ!(笑)
でも今回も雨空、星空、青空とフルコースで良かったですね。
僕もリセットしに坊がつるへ行きたくなりました。
Posted by ももたろー at 2014年09月09日 23:54
>ももたろーさん
どうも、こんばんは。
体に悪いと思ったのなら、心が少し病んでいるかも・・?
ならば是非行ってきて下さい。
坊がつるは心と体の診療所みたいな所ですヨ。
行けばわかる。
でも行かなきゃわからない・・。(笑)
Posted by nori at 2014年09月11日 00:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/103129378
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック