logo.jpg
   川の流れのように、ゆったり、のんびり、ほっとするような内容を綴っていこう。

2016年12月05日

冬のカヤック必需品

12月に入り寒さが急に厳しくなってきたが、先週末(12/3)は風も穏やかで天気も良かった。

20161203_1.jpg

本日シーカヤック日和・・。

という事で漕いできた。
今年のカヤックは最後になるだろうと思い、糸島の中でもいつもとは違うコースをチョイスした。

20161203_2.jpg

芥屋ビーチからスタート。
水は少し冷たいが、風がないのでTシャツ+短パンで問題なし。
水の透明度も言う事なし。

20161203_3.jpg

沖に出るとウネリが出てきたので、今回は芥屋大門(けやおおと)までのショートコースにした。

20161203_4.jpg

大門まで漕いだのは2回目だが、間近で見る日本最大の玄武岩はやはり迫力がある。

20161203_5.jpg

上空ではトビが上昇気流に乗って輪を描いている。
こういう場所で飛んでいるトビは実にカッコイイ。

20161203_6.jpg

洞窟に入りたかったが、ウネリで波が壁を叩いているのが見えたので今回は断念した。

ならば他の事を・・・

20161203_7.jpg

冬といえばコタツとミカンの組み合わせ。

小田原の実家から送ってもらった自家製のもぎたてミカンを、コタツに入った気分で静かに頂いた。
それだけで気持ちが暖かくなるから不思議だ。

20161203_8.jpg

帰りは立石山を正面に見ながら漕ぐ。(ウズウズ)

休日は極力自分の気持ちには逆らわず正直に過ごすようにしている。
なので、
立石山にも寄り道を・・・。

20161203_9.jpg

麓のワシントンヤシが夏の雰囲気をムンムン醸し出しているもんだから私もスイッチが入ってしまった。

20161203_10.jpg

海から一気に駆け登り、山頂でまったりと・・・。
さっき漕いできた大門は亀の頭(左)の部分だ。

20161203_102.jpg

90度右を向くと志摩方面。
左は可也山。

20161203_11.jpg

更に90度右を向くと我が家のある二丈、唐津方面が一望できる。
低山でありながら360度の絶景眺望が楽しめるコスパの良さ。

20161203_13.jpg

しかも12月でも短パン、ビーサンで海に入れる。

1月も挑戦するかナ。
小田原のミカンを持って・・・。


 Pleaseクリック
posted by nori at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カヌー