logo.jpg
   川の流れのように、ゆったり、のんびり、ほっとするような内容を綴っていこう。

2016年10月31日

娘ジントヨー

娘の12回目の誕生日。

20161021_1.jpg

今回も糸島バールシャナでお祝いをさせてもらった。

20161021_2.jpg

オーナー夫妻とモコさん夫妻もお祝いに参加してくれた。

20161021_3.jpg

12本のローソク。
しかし、ローソクの数が増えるのが早いなぁ・・。

20161021_6.jpg

当日娘が来ていた上着とそっくりのプレゼントをモコさん夫妻から頂いた。
これには驚いた。
でも、娘の好みを見抜いたのは凄い・・。

20161021_7.jpg

オーナー夫妻からはこれからの季節にぴったりの暖かそうな帽子を頂いた。

Be Thankful!!

20161021_4.jpg

おめでとう!!

さて、私は・・

20161021_5.jpg

控えめに三線でバックミュージックを演奏。
曲は「娘ジントヨー」
ジントヨーとは「本当に」という意味。

毎回、娘の誕生日を迎える度に思うことだが、早過ぎるゾ。
もっとゆっくり生きておくれ・・。

12歳、娘ジントヨー(本当?)♪


 Pleaseクリック
posted by nori at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 娘(11歳〜)

2016年10月17日

ロング・トレイル

今年の見たい映画ナンバーワンの映画が、ようやく福岡(KBCシネマ)で公開された。

20161015_1.jpg

ロング・トレイル!

オスカー俳優のロバート・レッドフォードが主演・製作を務め、見た目も性格も正反対のシニア2人組が、3500キロに及ぶ自然歩道、米アパラチアン・トレイルの踏破に望む旅。

旅行エッセイなどで有名なベストセラー作家、ビル・ブライソンの実話をまとめた著書「A Walk in the Woods」が原作。

かつて紀行作家として世界各地を旅したが、60歳を過ぎ、“第二の人生”の入り口で暇を持て余す日々を送っていたビル(レッドフォード)が、40年ぶりに会う旧友カッツ(ノルティ)とアパラチアン・トレイルを歩く旅に出る。

ストーリー等の詳細は公式サイトで。

20161015_2.jpg

爽やかな自然派俳優のロバート・レッドフォード(撮影時79歳)もさすがに老けたが、物語が展開するに従い、体力的にも精神的には頼もしいトレッカーへと変貌していく。

相棒のニック・ノルティはこの役に実にハマっており、人間味溢れるとてもイイ味を出していた。
ニック・ノルティといえばエディ・マーフィーと共演した痛快アクション・コメディの名作「48時間」が思い出される。

20161015_3.jpg

60歳を超えるビギナー・ハイカー、ビルとカッツが繰り出す珍道中。

20161015_4.jpg

トレイル中にはさまざまな人間との出会いがあり、

20161015_5.jpg

苦難もある。

20161015_6.jpg

笑って観てしまったが、ご老体に鞭打っての撮影は相当辛かったようだ・・。
そのへんの談話はインタビューで。

20161015_7.jpg

60歳を超えても、好奇心と行動力さえあればアパラチアン・トレイルはきっと歩ける。
あとは体力次第だが、あのカッツが歩けたんだから・・・。

勇気と
挑戦と
夢を与えてくれたカッツに感謝。

マジで歩きたくなったナ。
この映画を観た人は、みんなそういう気持ちになるそうだ。

いやぁ、困った映画だ・・。

-------------------------------------------------
美しい大自然に、
心に開いていた穴が、
満たされていく。
旅は人生と同じ。
結果じゃない。
ベストを尽くせばそれでいい。

歩くという、贅沢な時間を!
-------------------------------------------------

 Pleaseクリック
posted by nori at 22:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画

2016年10月07日

三ツ星カヤックキャンプ

この時期、
毎年恒例になりつつあるカヤックキャンプ。
連日降り続く雨で決行するか迷ったが、気まぐれな天気に左右されて中止し、もしも晴れたりしたら悔しいので、雨が上がった午後から決行した。

20161001_1.jpg

今回は所用で来れないメンバーが多かった為、私と百さんの二人で出航。

20161001_2.jpg

それでも仲間がいるだけで心強い。

目的地に着いたら、最初の儀式。
プシュッ!

そして、

20161001_3.jpg

鎧(よろい)を脱ぎ、
薪を拾い、
火をおこす。

しかし、雨水をたっぷり吸った流木は中々火がつかず難儀した・・。
なんとか、火が点き、

20161001_4.jpg

安定した生活の始まり。

誰にも束縛、邪魔されない自由な時間。

夜の帳が下り、暗くなると遠くの方から
「バーン!バーン!」
と地響きが鳴りだした。

糸島市民祭りの花火が打ち上がり始めたようだ。

重くなりつつあった腰をあげ、
カヤックを真っ黒な海に浮かべた。
パドルを漕ぐと、

海面には、幻想的な夜光虫の光が・・。

20161001_5.jpg

海上には花火の光。

20161001_6.jpg

ビーチには焚き火の光。

20161001_7.jpg

そして三線の素朴な音色。

気がつくと未明の1時過ぎまで焚き火と三線の宴は続いた・・・。

20161001_8.jpg

翌朝は幻想的な濃霧に包まれた。

20161001_9.jpg

元気印の百さんは朝からラジオ体操!?

20161001_10.jpg

魚の学校でもラジオ体操・・・。

10時過ぎ、なごり惜しいが現世に還る時がきた。

20161001_11.jpg

海は鏡のようなベタ凪の為、カヤックはスイスイ進み、

20161001_12.jpg

あっと言う間に深江のビーチが見えてきた。

ゴール付近には沢山の出迎えの人たちが?。
と思ったら地引き網のイベントだった・・。

いやぁ、短い時間だったが夢のような至福のキャンプだった。

20161001_13.jpg

これからの季節、

焚き火で暖をとり、
いつまでも火を見つめていたい。

困った事に、今年も焚き火病が始まってしまった・・・。


 Pleaseクリック
posted by nori at 20:41| Comment(2) | TrackBack(0) | カヌー