logo.jpg
   川の流れのように、ゆったり、のんびり、ほっとするような内容を綴っていこう。

2016年08月30日

そよ風の誘惑

猛暑が続いていた為、最近は山行きを控えていた。
そんな矢先の先週、薄曇り空でちょっと涼しい風が吹いていたので久しぶりに山へ。

20160821_2.jpg

普段は何人もの人とすれ違う人気の十坊山(とんぼやま)だが、今日は誰とも出会わなかった。

という事は、

20160821_1.jpg

山頂貸切り・・。

久しぶりに山頂でのんびりする事に。

20160821_3.jpg

もう少し涼しくなったらあの浮嶽、女岳、二丈岳を縦走しよう。

山頂は草が綺麗に刈られており眺望も良くなっていた。
草刈りのお陰で岩ベッドが増えていたので・・・。

20160821_5.jpg

そよ風の誘惑に負け、一休み・・・。

いやぁ、実に心地良い風だ。

眼下に広がる海を見ていると海に行きたくなってしまい、

20160821_4.jpg

海へゴー。

20160821_6.jpg

しかし、今日の海は波が高い。

20160821_7.jpg

でも、ビーチの潮風は涼しくて気持イイ。

仕方ない。

20160821_8.jpg

今日もTシャツを脱いだ。

そよ風のせいだ・・・。


 Pleaseクリック
posted by nori at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) |

2016年08月23日

ウクレレ・ビーチ

お盆を過ぎると、海で遊ぶ人の数が急に減るので、とても静かになる。

ということは、

20160820_1.jpg

これからがベストシーズン・・。

家から車で西へ15分程走らせた姉子の浜へ、久しぶりに行ってみた。

20160820_2.jpg

私的には、ココは糸島でも3本の指に入る美しいビーチだと思っている。

20160820_3.jpg

とにかく砂が綺麗で、裸足で歩くと砂がギュッギュッと音がする九州でも珍しい鳴き砂のビーチなのだ。

20160820_4.jpg

透明感も抜群で砂浜も広い。

20160820_5.jpg

開放感も抜群。

だから思わず脱いでしまう・・。
とりあえずTシャツを脱いで干す。
気をつけないとつい脱いでしまうので、脱ぎ過ぎないよう注意が必要だ。

20160820_6.jpg

そして、ケースからウクレレをだす。

20160820_7.jpg

身近にこんな素敵な場所でウクレレが弾けるシアワセを感じつつ、♫♪〜。

いやぁ、ココは最高のウクレレビーチだ。

そうだ、
今度は、三線も試してみようと思う・・・。(フフ)


 Pleaseクリック
posted by nori at 20:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記・雑記

2016年08月20日

天地本寛

山の日。
博多駅地下街で蕎麦を食べ、

20160815_1.jpg

新幹線に乗り小田原の山へ。

小田原に着くなり、軽トラの荷台に乗って山へ・・?

20160815_2.jpg

実はカミさんの実家の山(畑)に向かっていたのだが、いつの間にか後ろにパトカーが走っていた。
万事休す・・・。

荷台に乗っている私の正面にパトカーが見えている訳だが、ここで目を合わせてしまうと立場上おまわりさんも注意しなければならないという面倒な事になってしまうので、気を使って(?)目を合わせないように荷台の上で農作業をしているふりを。

そして、こちらが右折するとパトカーは付いてこなかった。
いやぁ、小田原のおまわりさんはマニュアルどおりでなく、自己判断で取り締まることのできる素晴らしいおまわりさんです。(Good Job!)

20160815_3.jpg

おばあちゃんに教えてもらいながら、オクラを収穫する娘。
オクラの実は逆立ちするように上を向いて育つのだ。
人もオクラを見習おう。
オクラ以外にも実家滞在中の食材として茄子、茗荷、ゴウヤ、トマトなどを収穫。

今年、大規模改修を終え新築のような小田原城。

20160815_4.jpg

あまりにも綺麗になり過ぎて歴史的建造物としての魅力が逆に失せた感がある。

20160815_5.jpg

何十年かぶりに天守閣にも登ってきた。
気分は北条氏。

眼下に見える相模湾を見て行きたくなり、早川漁港へ。

20160815_6a.jpg

小田原の海産物販売店やカキ小屋などが増え、活気がありイイ感じになっていた。

20160815_6.jpg

逆に漁港内の釣り人は活気がなかった。(ドンマイ)

夜は、実家でBBQを。

20160815_9.jpg

おばあちゃんがブロックで作った即席手作り釜戸。(Good Job!)

20160815_10.jpg

地元の祭りへも出向き、

20160815_11.jpg

翌日は娘を連れて御幸ヶ浜のプールへ。

20160815_12.jpg

プールの上を走るトラック。
ちょっとシュールな光景。

夏の小田原、最後の〆は、

20160815_7.jpg

ミシュランガイドにも掲載された「鳥かつ楼」のうなぎ。(極旨)

店内には、こんな色紙が。

20160815_8.jpg

「天地本寛」(てんちほんがん)

作者は、あのお騒がせ知事、
舛添●一

ココでも、しっかり領収きって公費で食事をしたかと思うと腹立たしくなる・・・。

それにしても、あんなせこい不祥事をやった人間の色紙を今でも店内に飾っておくとは理解に苦しむ。

天地本寛の心という事か・・・。

でもこれだけは言える。
オクラの方が偉い。

___________________________________
【天地本寛】
「天地」は世の中、
「寛」は広いという意味で、
「本当に広い世の中」という意味。
___________________________________

 Pleaseクリック
posted by nori at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記

2016年08月11日

暑い夏の〆

炎天下が続く猛暑の中、暑さに負けず近くの海(大入)をカヤックで漕いできた。

20160807_1.jpg

暑いが、家にいるよりは数10倍気持ちイイ。

さて、熱中症対策に水分補給は大切だ。

20160807_2.jpg

プシュッ・・。

この辺りの海は穏やかで綺麗だからのんびりするには最適だ。

20160807_3.jpg

波の音をバックにウクレレを鳴らす。
ウクレレの音は心を涼しくしてくれるので暑い夏はもう手放せない。

20160807_4.jpg

あまりにも気持ちイイので、午後からは娘たちを連れて深江の海へ。

20160807_5.jpg

ん?
やけにタープが照かってるな、とよく見ると裏返しに張っていた・・。
まぁ、リバーシブルでも使えるという事で。

20160807_6.jpg

娘と同級生のTちゃんとのタンデム。

20160807_7.jpg

晴れた空、そよぐ風。
ああ、憧れの深江航路♫

20160807_11.jpg

海の家が増え、
人も大量に増えた。

20160807_8.jpg

avexの海の家はBBQをやる若者たちで溢れ、暑いのなんの・・。

20160807_9.jpg

夜は熱い焼き鳥を。
肝が旨い。

20160807_10.jpg

先月オープンしたばかりの「もっけい」。
ようやく徒歩圏内にできた貴重な焼き鳥屋だ。

20160807_12.jpg

地元の人が気軽に立ち寄り、杯を片手に会話が弾む。
深江のバール的な店になりそうだ。

今夜も久しぶりにSさん夫妻と合い、ワインで杯を交えた。

20160807_13.jpg

〆は自家製豆腐、三百円也。
茗荷を和えて頂く。
いやぁ、とろけた。
久しぶりに旨い豆腐をたべた。

これから暑い夏の〆はコレに限る・・。


 Pleaseクリック
posted by nori at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記