logo.jpg
   川の流れのように、ゆったり、のんびり、ほっとするような内容を綴っていこう。

2015年09月30日

娘の坊がつるデビュー〜day2

「暑ッ」
と小声で叫び、慌ててシュラフの中から飛び出す。

(→day1へ)
20150921_30.jpg

坊がつるの朝、このように目覚めた時は天気がイイ証拠だ。
夜中は何度も目を覚ますほどに寒いが、朝日がさすと急にテント内がサウナ状態になるからタマラナイ。
しかし、これはこれで嬉しい悲鳴なのだ。

カミさんと娘はすでに起きていたが、

20150921_14.jpg

まだテントの中でグダグダと、けだるそうに横になっている・・。

こんな時間もイイ。
午前中は坊がつるでのんびり過ごし、正午から行動を開始することにした。

帰りはスガモリ超えコースで長者原まで歩く。
途中、法華院山荘に寄り、娘が山荘内を見学したいと言うのでお願いして見せてもらった。

20150921_26.jpg

食堂には図書コーナーもあり早速マンガ本を取りだしソファーで寛ぎ始めた娘・・。

20150921_27.jpg

望遠鏡で大船山を覗く。

20150921_28.jpg

大部屋は連休ということもあり全面に綺麗な布団が畳んであった。
スタッフの応対も良く、山荘内もとても綺麗に整理整頓されていた。
特にトイレが綺麗で本当に山小屋のトイレ?
と思う程にピカピカだった。
その証拠に娘はキャンプ場のトイレ(ぼっとん)は最初の一回使っただけで、それ以降はわざわざ片道15分歩いて山荘の外来用トイレを利用していた。
はて、この綺麗好きは誰に似たのだろうか・・?

なんだかんだ1時間程山荘で寛いでしまったが、これがイイ気分転換になって、帰りのトレッキングにスイッチが入った。

20150921_29.jpg

高度を上げるにつれ、法華院山荘がみるみる小さくなっていく。
そしていよいよ最後の見せ場に。

20150921_16.jpg

北千里ヶ浜。
荒涼としたこの雰囲気を娘とカミさんに見せてあげたかったのだ。

20150921_17.jpg

更に高度を上げ、今歩いてきた北千里ヶ浜を目下に望む。

20150921_18.jpg

砂浜の道が、まるで蛇行した川のようだ。

20150921_19.jpg

そしてようやくスガモリ避難小屋に到着。
今回はピークハントが目的ではないので、登りはここが最後で、あとは長者原まで下りだけだ。

20150921_20.jpg

大きな石のガレ場を慎重に下り、

20150921_21.jpg

無事16時に長者原に到着。
なにはともあれ皆、怪我もなく無事に下山できてヨカッタ。

さぁ、まずは腹ごしらえだ。

20150921_22.jpg

プシュッ(ノンアル)で乾杯し、とり天定食をガッツリ食べた。(極旨)

20150921_24.jpg

タデ原湿原にて。
もうすぐ11歳になる娘がちょっぴり大きく見えた。
山が大きいから?

いや、親バカにはそう写ったのです・・・。


 Pleaseクリック
posted by nori at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 山(くじゅう)

2015年09月26日

娘の坊がつるデビュー〜day1

シルバーウィークの連休は、ススキ踊るくじゅうへ。

20150921_1.jpg

今回は念願だった家族3人での坊がつるキャンプだ。

20150921_23.jpg

60L、40L、15Lザックに衣食住をパッキングして、いざ!
さて、どうなることやら・・。

大型連休で混雑は覚悟はしていたが、想像以上の人混みに唖然・・。
駐車場も満車、観光客も登山客も満員御礼状態。
恐るべしシルバーウィーク。

まぁ何とかなるだろう、と開き直って、正午12時に長者原山口をスタート。

20150921_2.jpg

すれ違う登山者が多過ぎて挨拶も
「こんにちは」、「こんにちは」、
が、終いには、
「ちわー」、「ちわー」に省略・・・

20150921_3.jpg

娘とカミさんのペースに合わせてゆっくり歩いて1時間半で雨ヶ池に到着。

20150921_4.jpg

そしてスタートから2時間でようやく坊がつるが一望できるポイントへ到着。

20150921_5.jpg

ゴールが近づくと足取りも軽くなり元気を取り戻した娘。

20150921_6.jpg

坊がつるキャンプ場はテントの花が満開。
こんな花盛りの坊がつるは初めてだ。
今回はテント2張りなのでテン場を確保するのも苦労した・・・

テントを張り終えたら法華院山荘にビールの買い出しに。

20150921_7.jpg

いやぁ、ここも人、人、人。
山荘宿泊者の受付待ち。
温泉入浴待ち。
ビールの自販機待ち、
の行列が・・。

なんかとんでもない日に来てしまったようだ。

20150921_8.jpg

まぁ、何とかビールも買うことができたので一安心。
日が暮れる前にディナーの準備を。

20150921_9.jpg

今宵のメニューは、飯ごうで炊いたご飯でカレーだ。
それと、娘が山荘で買ってきた焼き鳥の缶詰。(誰の影響?)

20150921_10.jpg

日が暮れたらマッタリと。

20150921_11.jpg

満天の星を期待していたが、今日はずっと鱗雲が空を覆っている・・。

雲の切れ目から時折星を拝む。

期待した満天の星が観れないのと疲れで、娘は8時過ぎに早々と就寝。

20150921_13.jpg

寒くなってきたので、カミさんと湯割りで三岳をグビッと。
するとカミさんも夢の中へ・・。

仕方ない、2人に満天の星空を見せるために私一人で頑張って星空番を。

20150921_12.jpg

しかし中々空が晴れない。
三岳もなくなった。

Zzzuu・・・。

続く

 Pleaseクリック
posted by nori at 00:30| Comment(4) | TrackBack(0) | 山(くじゅう)

2015年09月19日

困ったチェア〜Helinox

もうすっかり秋めいてきた。
風が気持ちイイので今回は自転車で山へ向かった。
どこまでも真っ直ぐにのびる道。

20150913_1.jpg

「On The Road」(ジャック・ケルアック著)
と言えばカッコイイが、どちらかというと
「On The 農道」・・。
でもどちら共好きな響きだ。

田んぼのあぜ道脇には、もう彼岸花が真赤に燃えていた。

20150913_2.jpg

自宅から立石山の登山口まで自転車でのんびり1時間。
時速20km程度のスピードで全身に浴びる秋風が実に心地良かった。
これは車では味わえない。

20150913_3.jpg

どうです、この真赤な我がフェラーリの勇姿・・。

早速山に入ると、

20150913_4.jpg

蝉の鳴き声と陽射しの強さに驚く。
ここはまだのんびりし過ぎていて、時間が1ヶ月程遅れた真夏の世界だ。

芥屋のビーチもこのとおり夏真っ盛り。

20150913_5.jpg

白いカヤックが一挺浮いていた。

20150913_6.jpg

天気も良し、
景色も良し、
座り心地も良し!?

20150913_7.jpg

実は今回、新たな山椅子「Helinox(ヘリノックス)グラウンドチェア」が山デビューなのだ。
山椅子といえば、ずっとCrazy Creek(クレイジークリーク)ヘクサライトを愛用していたが、中のフレームが曲がったりして幾度もメンテしてきたがもう限界に・・。

これ迄のクレクリの重量が419g。
ヘリノックスは615g。

20150913_8.jpg

約200gのアップしたとはいえ、ソファーに座っているようなこの快適さ、安定感は凄い。
サイドはメッシュなので通気性も抜群。
なんといっても海と空の色に溶け込むブルーのフレームが気にいった。

20150913_9.jpg

構造的にもフレームはしっかり太めだが収納はコンパクトに仕舞える。

20150913_11.jpg

しかしこんな景色を前に座ってしまったら気持良すぎて立ち上がれなくなるので注意が必要だ。

いやぁ、これも困った椅子だ。
しかも、非常に・・・。


 Pleaseクリック
posted by nori at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドアギア

2015年09月09日

Dreams come true

先週末は家族で実家の宮崎へ帰省した。

20150909_1.jpg

最終日はいつもの青島の温泉へ。

20150909_2.jpg

ここの温泉はヌルッとした湯で、湯船からは日向灘が一望できサーフィンを眺めながら温泉浴が楽しめる。

20150909_5.jpg

宮崎の海といえばやはりサーフィンが似合うなぁ。

20150909_3.jpg

この光景を見てしまうと思わずサーフィンもやってみたいなぁ。
と思ってしまうが、これ以上新たな仕事(遊び)を始めると今の仕事(遊び)がおろそかになりそうなのでやめておこう。

そんな折、今月号の地元糸島広報を見てとても共感した記事があった。

20150909_4.jpg

----------------------
60歳から始めた登山。
90歳まで毎日山に登る。
それが夢です。
----------------------

全文はココ

60歳から始めたというチャレンジ精神がイイ。
登山靴ではなく地下足袋というのが自分らしくてイイ。
90歳まで毎日登るという前向きな目標設定がイイ。

年をとっても夢を持ち続ける。
これが素晴らしい。

という事で先程の発言は撤回する・・・。
60歳からサーフィンを始めるゾ!!

そして出来上がった、60歳を過ぎた頃の私の夢。
----------------------
60歳から始めたサーフィン。
90歳まで毎日山に登って汗を流し、
その後は波乗りをして海で汗を流し、
カヤックでプライベートビーチまで漕いでまた汗をかく。
ここで好きな本を読み、
夕日を見ながら三線を弾く。
最後に、今日はたくさん汗をかいたので水分補給が必要だ。
プシュッ!
----------------------
それが夢です・・・。

Dreams come true.


 Pleaseクリック
posted by nori at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記