logo.jpg
   川の流れのように、ゆったり、のんびり、ほっとするような内容を綴っていこう。

2018年05月16日

ホタル日和

今日の糸島の気温は29℃。
仕事を終え、夕飯とプシュッの後、夜9時半から息子(愛犬バルト)と夜遊び(散歩)に出かけた。
いつもの散歩コース。
夜空にはたくさんの星たち。
その星の中に、薄緑色の光を点滅しながらゆっくり動く光が・・。

まさか!?

そう、光の主はホタル。

今夜は蒸し暑く絶好のホタル日和。
もうそんな季節なのだナぁ。

まさかこんなに早くホタルに出会えるとは思っていなかったので、カメラを持ってきていなかったが、6年前の記事(写真)はココで。
いやぁ、これからしばらくはバルトとの夜遊びが楽しみだ・・。
againホタル族!


 Pleaseクリック
posted by nori at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記

2018年05月13日

風まかせのGW〜B山岳ガイド犬

GW後半は低気圧の影響で強風、海は荒れぎみ。
こんな時はカヤックは休んで山で遊ぶ。
久しぶりに息子(バルト)とカミさんも一緒だ。

20180505_5.jpg

バルトは十坊山に登るのは初めてだが、久しぶりの山に興奮し元気一杯だ。
正確なルート取りで先頭をガシガシ登っていく。

20180505_2.jpg

あまりのスピードに私とカミさんが着いて行けずに遅れると、後ろを振り返り
「とおーちゃん、まだ??大丈夫??」
と気を使ってくれる優しい犬なんだワン・・。

20180505_3.jpg

山頂にもバルトが先頭で到着。
遅れたカミさんを心配し見守り迎えるバルト。

20180505_4.jpg

今日は天気もよく登山客も多い。

20180505_0.jpg

戦士の休息・・・。

20180505_1.jpg

続々登ってくる登山客を迎える。
なんか頼もしいナ。

20180505_6.jpg

さて、翌日は子供の日。
という事で、今度は娘も一緒に山(灘山)へ。

20180505_7.jpg

前日の疲れを微塵も感じさせないバルト。
今日も先頭をガシガシ登って行く。

20180505_8.jpg

獣の気配を感じ、猟の態勢に入る。
小さくても勇ましい姿だ。

20180505_10.jpg

ここの展望台は玄海島を眼下に望める好眺望だ。
いやぁ、玄海島もカヤックで渡れそうだな・・。

20180505_11.jpg

ここ灘山でも、遅れる娘を振り返って待つバルトの姿を何度もみた。
それから、人が間違えそうな登山道でも、正確にコースを外さない。
もしかするとガイド犬の素質があるかも。

風まかせならぬ、バルトまかせの山登りも面白いかもナ・・・。


 Pleaseクリック
posted by nori at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | バルト(犬)

2018年05月07日

風まかせのGW〜A姫島への風

GW前半は好天気の予報だったので、シーカヤックで姫島へ渡るには絶好のチャンス。
と考えていた矢先の前夜、偶然百さんから姫島行きの誘いがあった。
類は類を呼ぶのだナ・・。

20180430_1.jpg

当日は岐志漁港脇のビーチからスタート。
今日は南西の風なので、行きは向かい風を受けながらのパドリングとなる。

20180430_2.jpg

出発時点で風が少し気になっていたが、沖に出るにつれ風も波も強さを増してきた。

そんな中、後方から
「おーーー」
という百さんの叫び声が聞こえたので、百さんが指さす方を見るとトビウオが追い風にのって海面上をビューンと飛翔していた。

いやぁ、カヤックからトビウオを見るのは初めてで驚いたが、裏を返せばそれほど風が強いという事だ・・。
先月のイルカとの遭遇に続いて今年は初モノが多いナ。何か期待できそう・・。

しかし、期待とは裏腹に、

20180430_3.jpg

風、波とも更に強くなり沖は大荒れに・・。
これから進むべき航路の先も白波が立っており、沖に出るにつれ風も強くなってきた。
しかも霞んでるせいか今日は姫島がとても遠くに感じる。

そんな状況だったのでこのまま進むのは無謀(=勇気ある撤退)と判断し、残念だが今回の姫島行きは断念し引き返す事にした。

しかしこのまま帰るのでは納得いかないので、車で別の場所へ移動してみる事に。

20180430_4.jpg

なんだ、ココは・・。

というのも、車で10分足らず移動しただけなのに海は穏やかで、松林では蝉がミンミン鳴いていて、まるで梅雨明け後の夏の海の様相。
いやぁ、下がりかけていたテンションがまた上がってきた・・。
早速出艇、いつもの場所へ漕ぎだし、

20180430_5.jpg

ビーチで2時間程のんびりと。
今回改めて実感したが、シーカヤックは風まかせの乗り物だ。
強風で漕ぐのが困難な場合は、諦めずに風裏のポイントを地図で探して移動すれば十分に遊ぶ事ができる。
そういう意味では糸島は風裏の宝庫なので恵まれている環境だと思う。
糸島でのシーカヤック遊びの可能性が少し広がったような気がする。

それにしても、ここからも正面に霞んだ姫島が見える。
んー、必ずやリベンジを!

次回は風を読んで航路を決めるのだ。
風まかせに・・・。


 Pleaseクリック
posted by nori at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | カヌー

2018年05月02日

風まかせのGW〜@二丈岳

今年のGWは9連休。
連休は嬉しいがGWはどこも込み合うので、今年は遠出せず地元糸島で過ごすことにした。
しかも、その日の天気の具合によって行動を変えていく、ある意味私にとっては贅沢な連休だ。
初日は快晴、外に出ると裏山から吹く風が私を誘ってくれた・・。

20180428_1.jpg

久しぶりの山。
ゆらりんこ橋までカミさんに送ってもらい、そこからは歩いて家まで帰るといういつもの「二丈岳のんびり散歩」コースだ。

20180428_2.jpg

沢沿いの新緑が眩い。

20180428_3.jpg

沢の水飛沫と、新緑のグリーンシャワーを浴び、

20180428_4.jpg

山頂で、暑い太陽光を浴びる。

20180428_5.jpg

〆は海のブルーシャワーを浴びる。

そしてここからが本番。

20180428_6.jpg

のんびりタイム。

海でも山でもそうだが、この時間が一番贅沢で好きだ。
まずは、燃料補給を・・。

20180428_7.jpg

あなた(山)にひとめぼれ。(グビッ)

20180428_8.jpg

今回初登場の靴。
モントレイルの登山靴はこれで2足目で、トレイルランニング用の靴は今回が初めてだったが、軽くてグリップ力も十分で、なんといっても疲れが少ないのは驚きだった。
んー、縦走でも試してみたくなったナ。

コイツも困った靴だ・・。

さて、明日の風は私をどこへ連れて行ってくれるだろうか。


 Pleaseクリック
posted by nori at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) |

2018年04月26日

困った時計〜二代目PROTREK

早いもので、またこの日を迎えた。

この時期になると、気温も海水温もぐんぐん上がり、それに伴って気持ちもぐんぐん上昇する。

20180426_1.jpg

最後のシーカヤック。

20180426_2.jpg

最後のウクレレ海練・・。

20180426_3.jpg

53歳最後の・・。
そう、今日は私の54回目の誕生日。

それにしても、いくつになっても、
何回来ても、
やはり海はイイなぁ。

さて、54歳の記念になるものが何かないか色々と考えてみた。
そういえば今使っている腕時計の液晶文字が欠けて判別しづらくなってきた。
もう10年も毎日使っているプロトレックもそろそろ引退か・・。

20180426_4.jpg

という事で今年の誕生日は次世代プロトレック(右)をプレゼントしてもらった。
初代プロトレック(左)の記事はコチラ

私が時計を選ぶ際の条件は以下の機能を備えている事。
・コンパス
・高度計、気圧
・ソーラー電池
・電波時計
・タイドグラフ(潮汐、月齢)
タイドグラフを除く機能を備えた時計はたくさんあるが、タイドグラフも備えた時計は数少ない。
海でカヤックをやる以上、やはりタイドグラフ機能は外せないのだ。
数少ない候補から選んだのは、やはりタフで壊れないこれまでの実績があり使い慣れたプロトレック。

20180426_5.jpg

今回、二代目を初めて海で使ってみたが、液晶の見やすさ、特に色分けされたタイドグラフはとても見やすかった。
やはり、必要な情報が体の一部から得られるというのは非常に心強いものだ。

さぁ、今度は山での使い勝手を試そうと思う。

いやぁ、いろんなフィールドに出掛けたくなってきたゾ。
んー、二代目も困った時計だ・・。


 Pleaseクリック
posted by nori at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドアギア

2018年04月04日

花見ツーリング

今年の桜は先週満開になり、桜の名所は連日賑わっていた。
一般的に花見は公園やお城などの陸地で楽しむものだと思っている。

しかし、違った視線で海上から見る桜も実に乙なものなのだ。
という事が今回立証されたので、花見ツーリングをリポートしようと思う。

20180401_1.jpg

今回は寺山海岸から出航し、加布里湾を岸沿いにぐるっと周回するコース。
出発して早速、

20180401_2.jpg

ご対面。
まずは儀式。
ノンアルで花見開始。(プシュッ)

20180401_4.jpg

加布里公園の丘は一面桜色に染まって、実にブラボー。

20180401_5.jpg

いたる所にモコモコと桜が・・。

20180401_6.jpg

ここにこんなに桜の木があったんだなぁ。
この時期でないと絶対に桜の存在はわからない。

20180401_3.jpg

船越の別荘地にも桜、桜・・。(プシュッ)

20180401_7.jpg

いやぁ、満開の時期は過ぎていたが、海上からだと普段の景色と違って見えたので結構見応えがあった。
来年は満開に照準を合わせて、コースを拡大してのんびりツーリングしようと思う。(&プシュッ)


 Pleaseクリック
posted by nori at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | カヌー

2018年03月24日

アン・サリーに酔う

春分の日の櫻井神社。
「さくらいとしまつり」

20180321_2.jpg

今回は楽しみにしていたイベントがある。
アン・サリーLIVE。

20180321_1.jpg

連日冷えこみが続き桜もまだ蕾状態で更に雨の中、たくさんの観客が傘をさしながら神楽殿で歌うアン・サリー・ワールドに酔いしれた。

20180321_3.jpg

落ち着いた雰囲気の中、
素晴らしいギターの伴奏と、
雨音と鳥の鳴き声が被さり、
実に趣のあるライブだった。

20180321_4.jpg

アン・サリーの好きな曲は、
I wish you love」、「Smile
そして、極めつけは、
満月の夕(ゆうべ)

今回のライブでは曲紹介で冗談かと思った「銀河鉄道999」をまじめに普段どおりのクリスタルボイスで熱唱した。
いやぁ、現役の医者であり、2児の母でもあるアン・サリーは実に奥が深い。
何より自然体で気さくなところがイイ。

今後の活動が実に楽しみなアーティスト、
アン・サリーには益々酔わされそうだ・・。


 Pleaseクリック
posted by nori at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | JAZZ

2018年03月09日

イルカと漕ぐ

3月に入り少しずつ暖かくなってきた。
という事はそろそろ、

20180304_1.jpg

海開き。

実際、出航準備をしている脇で、親子連れの方が上半身裸で海の中に入っていた・・。
私は1月に初漕ぎは終わっていたが、百さんは今日が今年の初漕ぎだ。

20180304_2.jpg

それにしても今日は風もなく暖かくて海もベタ凪で絶好のカヤック日和。

20180304_3.jpg

鏡の様な海面に雲が映り、まるで雲の上を漕いでいるようだ。
そんな中、

20180304_13.jpg

まっ平らのハズの海面が時々、モコッと膨らみ丸い物体が現れては隠れるというのを何度か目撃した。

20180304_4.jpg

気になって廻りを見渡していると、百さんのカヤックの向こう側にその物体が現れた。

謎の物体の正体はなんとイルカだったのだ。

何度かシャッターを切ったが、姿を見せるのが一瞬なので撮れたかどうか・・。

20180304_5.jpg

ところが上の写真、
中央の少し左側に、小さな点でイルカの姿が写っていた。

人生初のイルカとの遭遇に興奮して、
少し腹が減ってきた・・。

20180304_6.jpg

という事で、船越の牡蠣小屋に寄り道。

20180304_7.jpg

開店したばかりの10時だったのでまだ空いていたが、時間がたつにつれ少しづつ客が増えていった。

20180304_8.jpg

牡蠣、イカ一夜干し、サザエを焼く。
そして、ビーチランチ用に牡蠣飯をテイクアウト。
いやぁ、糸島ならではの何とも贅沢な寄り道タイムであった。

20180304_9.jpg

さて、牡蠣小屋で給油し満タン(!?)になったオヤジ二人は益々元気になって、目的地を目指し雲海を漕ぎ進んだ。
相変わらずのベタ凪状態なのでアメンボの様にすいすい気持ち良く進み、あっという間にプライベートビーチに到着。

20180304_10.jpg

ただいま。

20180304_11.jpg

早速、仕事を始める。
リビングを作り、薪を拾い集め、火を熾す。
昨日まで降り続いた雨で、薪が湿っており中々火が着かなかったが、アルコール燃料の力を借りて何とか着火に成功。

20180304_12.jpg

久しぶりの夏の感覚。
陽射しも強くなり気温んもぐんぐん上昇し、焚き火の熱も暑い・・。
ショーツにTシャツ、そしてサンダルというスタイルが開放感を増す。
牡蠣飯を食べ、とにかくのんびりと贅沢な至福の時間を過ごす。

20180304_14.jpg

いやぁ、改めて糸島の海はサイコーだナ、と思えた一日だった。
イルカが遊びにやってくるのも理解できる。

よし決めた。
今年の夏はトリトンになる・・。


 Pleaseクリック
posted by nori at 00:58| Comment(2) | TrackBack(0) | カヌー

2018年02月28日

黄金の花

三線をやっていて、今一番楽しみなイベント。

20180228_1.jpg

今回で3回目となる地元焼き鳥屋さんでの「もっけいライブ」
この日は、地元公民館で「あったかコンサート」にも出演したのでダブルヘツダーという事だ。

20180228_2.jpg

「19時頃スタート」というのが島時間的で実にイイ。
実際、開演前に開宴(グビッ)してしまい、スタートしたのは19時を過ぎていた・・。

20180228_3.jpg

1.安里屋ゆんた
2.女友
3.島唄
4.その時生まれたもの
5.島人ぬ宝
6.オジー自慢のオリオンビール
7.三線の花
8.花〜すべての人の心に花を〜
9.島々清しゃ
10.赤ゆら

(アンコール)
11.憧れのハワイ航路
12.安里屋ゆんた(早弾き)
13.オジー自慢のオリオンビール

いやぁ、気が付けば満席のお客さん。
徐々に盛り上がって、盛り上がって、
盛り上がり過ぎた・・・。
チークを踊ったりして騒いで演奏が聴こえなくなる程だったが、我々としては黙って聞かれるよりも、むしろお客さんが楽しんでいる姿を見ながら演奏した方がやりやすいのだ。

さぁ、アンコールが終わったら、

20180228_4.jpg

アルコール。
もっけいの大将から頂いた「三岳」と、お客さんから頂いた地元糸島の日本酒「シライト70」。

20180228_5.jpg

サイコーのご褒美に嬉しくて思わずハグ&KISS・・・。

三岳とシライト70で益々元気になったら、アフターセッション開演。

20180228_6.jpg

開演、開宴、開演、開宴・・、
を繰り返し深夜まで大いに盛り上がった。

最高のメンバー、
お客さん、
もっけい、
三岳とシライト70
に感謝。

そして、

20180228_7.jpg

今回も見事な黄金の花が咲いた。

良い、酔い一日に、

あっり乾杯!!


 Pleaseクリック
posted by nori at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 三線 etc

2018年02月05日

バイプレイヤーズ

立春の日、バルトとの散歩中、田んぼの畦道に土筆(つくし)が出ているのを見つけた。

20180204_1.jpg

まだ雪が降る寒い日が続くが、きちんと春に芽を出して立ち上がったこの土筆たちは偉い!
さて、春が近くなると海や山のシーズン到来で身も心もウズウズするのだが、今年はそれ以外にもウズウズする事がある。

20180204_2.jpg

2月7日からテレビ東京系でバイプレイヤーズの第2弾の放送が始まるのだ。
脇役でお馴染みの同世代の味のある個性派俳優たちが、今回は無人島で色々やらかしてくれるらしい。
実は最近、Amazonのプライムビデオでこの手の映画やドラマにハマっている。
バイプレイヤーズをはじめ、
・孤独のグルメ
・居酒屋ふじ
・深夜食堂
など、寝る前の1日の締めにグラス片手に必ず見ている。

しかし問題があって、あまりの面白さに1話で終える事がなかなか出来ない。
ついつい追加でもう1話、もう1話とオカワリ見してしまい、仕方なくグラスもオカワリを・・・。
困ったことに寝る前に見ると寝不足間違いなしだが、面白いから気分転換になり楽しく一日を締める事ができる。
それとエンディング曲の「Forever Young」。
竹原 ピストルの魂のこもった弾き語りが実にイイ。
この曲でまたオカワリ必須だ・・・。

20180204_3.jpg

いやぁ、2月7日から毎週水曜日の夜が楽しみだ。
今年の春は、バイプレイヤーズに酔うゾ・・・。


 Pleaseクリック
posted by nori at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記